子供の乱視を早期に発見するのに役立つ方法

乱視の子供は、勉強をするときや読書をするときにさまざまな問題や困難が生じます。今回の記事では、子供の乱視を早期発見するための方法を学びます。
子供の乱視を早期に発見するのに役立つ方法

最後の更新: 10 12月, 2020

子供の乱視は非常に一般的な視力の問題です。実際、全人口のほぼ15%が乱視だと言われています。乱視は、ほとんどの場合、小児期または青年期に始まります。

乱視は、特定の遺伝的要素が原因で発症すると考えられています。また、遺伝性の近視などの他の視覚障害にも関連していることが多いため、診断の指針とする可能性があります。

問題は、子供の乱視が早期に発見されない場合、それが学校の成績に大きな影響を与える可能性があることです。したがって、今回は乱視について知っておく必要のあるすべてのことと、どのように診断が行われるのかについて説明します。

子供の乱視とは?

乱視は、近視や遠視と同じように、屈折異常です。屈折異常は、眼が網膜に正確に光を集中させるのを妨げる視力の変化により、視界のかすみが生じます。

乱視の場合、物体がどれだけ近くにあるかまたは遠くにあるかに関係なく、人が物体に焦点を合わせようとすると困難が生じます。 言い換えれば、それは遠方視力と近方視力の両方に等しく影響します。

乱視は近視とは異なります。近視は、遠方の物体がぼやけて見えます。 遠視は、近いものを見る近方視力に影響を及ぼします。 それぞれが異なる視力矯正を必要とするため、それらの違い理解して区別する方法を知ることが重要です。

子供の乱視を早期に発見するのに役立つ方法 眼鏡をかける母と娘
小児の乱視には遺伝性の要素があります。したがって、それは親と子のどちらもが発症するのが一般的です。

子供の乱視の原因

前述のように、子供の乱視には通常遺伝性という要因があります。言い換えれば、片方または両方の親が乱視の場合は、子供が乱視になるのがより一般的です。ただし、必ずしも遺伝要因があるわけではないため、家族歴がなくても子どもが発症する場合があります。

乱視のある子供の角膜は、通常よりも平たん化します。この眼球の前部は、通常は凹面で光線が網膜に焦点を合わせるのを可能にします。

このため、角膜が平たんな場合、光線は網膜に投射せず、網膜の前または後ろに投射します。場合によっては、角膜の形状に加えて、レンズの形状が通常とは変わっている場合があります。

乱視の種類

子供の乱視には、他の屈折異常に関連しているかどうかに応じて、さまざまな種類があります。乱視の種類を理解するために、まず最初は、目の経線について理解を深める必要があります。目を正面から見ると、経線が眼球を上から下に分割します。もう1つは、左から右にそれを行います。

したがって、最初のタイプの乱視は近視性乱視です。この場合、経線の一方または両方が近視の目のように焦点を合わせます。一方、子供の乱視が遠視性になる可能性があります。この場合、目は近距離にあまり焦点を合わせません。最後に、近視性と遠視性を組みあわせた混合乱視は、結像点が網膜の手前と後ろにあります。

子供の乱視の症状

子供の乱視を早期に発見するためには、症状に注意を払うことが重要です。乱視の兆候はそれほど明白ではなく、学校の成績にすぐ直結しないこともあるため、近視や遠視と比べて乱視を疑うのは難しいです。

最も一般的な症状の1つは、学業の問題と原因不明の勉強の遅れです。子供は注意力がないか、集中力がないように見えるかもしれませんが、集中力の欠如などは、乱視の場合は本や黒板の文字に集中できないことが原因です。

乱視の子供子たちは、頻繁に頭痛に苦しむ傾向や、焦点を合わせようと目を細める傾向があります。もう1つの典型的な兆候は、よく見るために頭を傾けることです。何かを見るために過度の努力が必要となるため、赤目やかゆみにも悩まされます。

実際、乱視の場合は、読書への関心の低さは視覚的な困難が原因で起こります。乱視の子供たちが声を出して本などを読む場合、文章内の行全体を飛ばしたり言葉を変えてしまったりする傾向があります。

子供の乱視を早期に発見するのに役立つ方法 目を細めて見ている子供
子供の乱視に起因する読書の問題は、知的障害ではなく、視力の問題によるものです。

子供の乱視を診断する方法

子供の乱視を診断するには、すべての症状を観察することに加えて、子どもが眼科医の診察を受ける必要があります。 専門医は、子供を診断するための一連の補完的な診察や検査で視力などを調べます。

目の検査では、眼科医は通常、視力のすべての側面を評価するためにさまざまなレンズを使用します。 乱視だと診断すると、おそらく子供用眼鏡やコンタクトレンズを処方するでしょう。 ただし、それぞれの患者の症状に応じた診察や検査によって診断を行う必要があります。

ここで大切なのは、子供の乱視が教育に影響を与えるということです。 そのため、子どもが読書や頭痛に悩まされているかどうかなど、さまざまな症状に注意することが重要です。子供の乱視を早期に発見するのは、子供と最も多くの時間を過ごす親と教育者の責任です。

こちらの記事もおすすめです。
視力を保つ10の食べ物
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
視力を保つ10の食べ物

視力はとても大切な人間の機能の一つです。視力は私たちが周りのものを見ることを可能にするだけでなく、形、距離、体制、色などを教えてくれます。ですが、この素晴らしい機能は加齢や様々な外因からダメージを受けてしまいます。それによって視覚的情報を受け取る能力が低下してしまうのです。



  • Frecuencia de ametropías en niños. (n.d.). Retrieved June 30, 2020, from http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0034-75312010000300004
  • Bermúdez, Marta, Yolanda López, and Luisa Fernanda Figueroa. “Astigmatismo en niños.” Ciencia y tecnología para la salud visual y ocular 4.7 (2006): 57-62.
  • Características del astigmatismo en niños. (n.d.). Retrieved June 30, 2020, from http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0864-21762019000200008
  • Lee, Jason, and Daniele P. Saltarelli. “Management of Astigmatism in Children.” Practical Management of Pediatric Ocular Disorders and Strabismus. Springer, New York, NY, 2016. 51-58.
  • Zeng, Wen-hui. “Astigmatism on optical quality in young patients with low to moderate myopia.” International Eye Science 18.12 (2018): 2293-2296.
  • Liu, Yanlin, et al. “Evaluating internal and ocular residual astigmatism in Chinese myopic children.” Japanese journal of ophthalmology 61.6 (2017): 494-504.
  • Shah, Rupal L., et al. “Genome-wide association studies for corneal and refractive astigmatism in UK Biobank demonstrate a shared role for myopia susceptibility loci.” Human genetics 137.11-12 (2018): 881-896.
  • Shao, Xu, et al. “Age-Related changes in corneal astigmatism.” Journal of Refractive Surgery 33.10 (2017): 696-703.
  • Garg, Pragati, and Astha Agrawal. “Prevalence of astigmatism in headache.” Indian Journal of Clinical and Experimental Ophthalmology 4.2 (2018): 268-272.
  • Ijaz, Rida, Hijab Ijaz, and Naeem Rustam. “Prevalence of Astigmatism in School Going Children.” Pakistan Journal of Ophthalmology 33.3 (2017).