子供が腸内寄生虫にかかったらどうするか

11月 5, 2019
子供が寄生虫にかかったらどうすればいいか知っていますか? 寄生虫はとてもよくある感染症で、子供の健康と精神状態に影響を及ぼします。

子供が寄生虫にかかったらどうすべきか、知りたいですよね。腸内寄生虫は世界中のいたるところで感染している子供が多いのです。一番よくあるのはミミズや蟯虫から感染する腸内寄生虫です。

こうした寄生虫にかかる可能性はどんな年齢の子供にもあります。とは言え、大半の場合、14歳未満の子供に見られることが多いです。もし子供が夜に落ち着きがなく不快にしていたら、注意しましょう。こうした行動は寄生虫に感染している時に見られる一般的な症状です。

子供が寄生虫にかかったらどうすればいいのか知ろう

1.医師に診せる

子供が寄生虫にかかっている場合にどうすればいいのか知るには、まず子供を医師に診せましょう。

寄生虫は除去するのが難しいというのは嘘です。実際には、寄生虫というのは思っているよりもずっとよくある病状です。ですが、再発を防ぐためには、一字一句たがわず治療の指示に従う必要があります。

医師と赤ちゃん 寄生虫

小児科医は経口薬を処方するかもしれません。ですが、再感染の元となる卵を除去する薬はありません。そのため、2週間後に同じ用量を服用し直す必要があります。

子供が寄生虫に感染している場合、おそらく家族も全員感染している可能性が高いです。その場合、全員が治療を受ける必要があります。その場合には、以下のシンプルかつ有益な行動を試してみて下さい。

  • 家族全員、朝に入浴しましょう。そうすることで卵を大量に除去することができます。
  • ぬるま湯のお風呂につかり、刺激の少ない軟膏を塗ることで、炎症やかゆみが緩和されます。
  • 下着や布団のシーツを頻繁に変えましょう。そうすることで、他者への感染や再感染のリスクを減らすことができます。
  • 爪を短く保ち、ブラシで洗う。
  • 家族全員、手を頻繁に洗いましょう。トイレに行った後や食べ物を扱う前には特に忘れず洗いましょう。

こちらも読みたい:腸内寄生虫が疑われる6つの症状

2.食事に気をつける

寄生虫に関する迷信の一つが甘いものを食べたくなるというものです。「子供が甘いものを突然無性に欲しがったら寄生虫にかかっている」というのをおそらく聞いたことがあるのではないでしょうか。これは全くの嘘です。

とは言え、子供が食べる物はしっかり監視しましょう。甘いものを食べる行為は寄生虫の感染を示すものではないかもしれませんが、体には良くない行為です。

食べる赤ちゃん 腸内寄生虫

子供に食べさせる食べ物を洗う時には、雑菌やばい菌のいない水を必ず使いましょう。排泄物などに汚染されている水を使うことが子供が寄生虫にかかる主な原因の一つに挙げられるためです。

子供が食べるものに気を付けるべきではありますが、寄生虫感染を引き起こす犯人は食べ物ではありません。

公園の砂や遊び場、プール、トイレの便座、おもちゃ、手や爪といった場所が主に寄生虫が潜んでいる場所です。そのため、子供に衛生に良い習慣を教えることが肝要なのです。

こちらもご覧ください:海で安全に泳ぐには? プールとの違いは?

3.子供の睡眠の質に気をつける

寄生虫の卵は口を通って消化器系に達し、小腸で孵化します。寄生虫の幼虫は進行を続け、大腸に留まります。

数週間後、メスの寄生虫が消化器系の最終地点に達し、卵を産むために人体から出ます。このプロセスは通常、夜に起こります。

眠る子供 腸内寄生虫

このプロセスが起こっている時、落ち着かない夢を見たり、イライラしたり、悪夢を見たり、歯ぎしりをしたり、夢中歩行したりします。ですから、子供がよく眠れているかどうかをしっかり観察しましょう

上記に挙げた症状のどれかに気づいたら、子供の生殖器部、特に直腸部をチェックしましょう。また便をチェックすると、小さい白い糸のような形の寄生虫を目にすることができるかもしれません。

まとめ

子供が寄生虫にかかったらどうすればいいか知っていますか?

寄生虫はとてもよくある感染症で、子供の健康と精神状態に影響を及ぼします。医師にかからなかったりして、適切に治療されないと、感染症が再発する可能性があります。

また、寄生虫にかかるのは子供だけではありません。誰か一人が感染すると、その人の家族全員が寄生虫にかかっている可能性が高いです。寄生虫は幸いなことにすぐに簡単に処置できる病状です。寄生虫を駆除したら、その後は必ず家庭で衛生に良い習慣を実践しましょう。そうすることで、寄生虫感染を防ぐことができるだけでなく、家族みんなを他の病気から守ることもできますよ。

  • Aparicio Rodrigo, M., & Tajada Alegre, P. (2007). Parasitosis intestinales. Pediatria Integral. https://doi.org/10.1016/S1696-2818(11)70035-X
  • Mazzotti, L., & Quintanar, E. (1943). Examen de 1,551 ninos de la ciudad de Mexico, utilizando el metodo de Graham para investigar oxiuriasis. Rev. d. Inst. salub. y enferm. trop, 4, 173-178.
  • Tapia, Ó., & Muñoz, C. (2011). Oxiuriasis apendicular: estudio de prevalencia y descripción clínico-morfológica. Revista chilena de cirugía, 63(6), 599-603