海で安全に泳ぐには?プールとの違いとは?

7月 5, 2019
海での体験が安全で楽しいものになるように、リスクや予防策を知っていることが非常に重要です。

海とは、芸術のひらめきの源であり、観光地であり、漁師の生活であり、旅行の目的地であり、そしてくつろぎの場所です。人生の中の最も単純で、最も心地よい喜びのひとつである「オープンウォーターで泳ぐこと」を可能にしてくれます。まだ海で泳いだことがないようであれば、この記事から海での泳ぎ方のヒントを参考にしてください。

この記事では、オープンウォーターでの泳ぎ方についてご紹介します。海での体験が安全で楽しいものになるように、リスクや予防策を知っていることが非常に重要です。

海で安全に泳ぐには?

恐れないでください。海での泳ぎ方を学ぶ際には、とにかく用心深くあらなければなりません。軽率または無知のために、海で命を落とす人が大勢います。そのため、事故を防ぐために、知るべき、そして守るべき安全のガイドラインをご紹介しましょう。

海での泳ぎ方

海で泳ぐときの危険性は、泳いでいる人を水中に引きずり込む波にあります。このため、海流およびそこからの脱出方法を知っている必要があります。万が一波に飲まれてしまった場合には…

  • まずは、緊張したり、慌てないようにしましょう。
  • 次に、波に逆らって泳ごうとしないでください。波に逆らって泳いだ場合、全体力を費やしてしまいます。
  • ライフガードの監視塔の近くで、常に誰かと一緒に泳ぎましょう。
  • ライフガードの指示に従ってください。多くの場所では、安全性や遊泳エリアの危険性が色旗で示されています。
  • 波に飲まれてしまったら、岸と平行に泳ぎ、波が小さくなってきたところで岸に向かって泳ぎます。
  • 疲れ果ててしまった場合には、腕を使って合図を送ったり、助けを求めて叫びましょう。

ご存知ですか?水泳:全身を使うワークアウト

海での泳ぎ方

海での泳ぎ方

オープンウォーターで泳ぐには、まず先にレッスンを受けることが必須です。プールなど、下記のものがないコントロールされた環境で学び始めるといいでしょう。

  • 海流
  • 低温
  • 波と浮力の違い
  • 恐怖
  • 危険
  • くらげ、魚、または珊瑚

水泳は、使っている技術が完全に結果を左右するスポーツです。よく考えられた動きは、各ストロークの労力を大幅に節約し、結果的に体の全筋肉を使用するので、このスポーツを練習することから多大なメリットを受けることがでしょう。

水泳インストラクターは、あなたが泳いでいる際の姿勢を正してくれます。数回の水泳レッスンが一生役立つので、投資する価値があります。さらに、自信も得ることができるでしょう。

海での泳ぎ方

安全ブイ

海で泳ぐ際には、安全を考えることが第一です。空気で膨らませるタイプの安全ブイを使うと良いでしょう。安全ブイは、遠くから見えるように明るい色で作られています。さらに、紐で腰に取り付けることができ、鍵や携帯など小物を運ぶのにも役立ちます。

泳いでいる間に疲れ果ててしまった場合やコントロールを失った場合に浮くことを保証してくれるので、ブイは心にゆとりをもたらしてくれます。競技として海で泳ぐ場合には、この安全補助具を用具に取り入れるべきです。

正しい呼吸法を学びましょう

こちらもご参考に:家族みんなの健康体重を気にかける7つの方法

最後に、泳ぎ始める前には、適切な呼吸法を学ぶ必要があります。さらに、水の表面で息継ぎをし、ストローク数回の間、水中で息を止めることに慣れましょう。口だけを使って息を吐いたり吸ったりするのを練習するために、ノーズクリップが使用されることもあります。

海で泳ぐことは、体を動かすとともに自然を楽しむアクティビティであることを忘れないでください。常に注意と常識を持って泳ぐことは重要ですが、恐怖心に負けないでください。海で泳ぎ始めたら、海だけが提供することができる快活さと開放感の素晴らしさを経験できるでしょう。