子供の骨の発達に欠かせない栄養

7月 10, 2019
幼い子供の正常な骨の発達を促すには、乳製品を始めカルシウムが豊富な食物を食生活に取り入れることが必要です。また、カルシウムだけでなく、子供の骨を強くする栄養素を取り入れましょう。

幼児期の骨の発達には食べ物が鍵です。健康で強く成長するのは人間の権利です。責任のある大人や保護者は、子供のために炭水化物やミネラルの豊富なバランス良い健康的な食事を準備することが必須です。

人間の骨格は、誕生時には270の骨で形成されています。歯を除くと206です。大人になると、その内の幾つかは融合します。

幼い子供の時や思春期は、骨は成長しさらに強くなります。そのため、栄養の高い、適切な食生活を送ることが骨の発達には欠かせないのです。

 

骨の発達を促す栄養

誕生してから18歳までの間の若い骨の正常な発達にはカルシウムが欠かせません。だからこそ、子供の食生活にカルシウムが必須なのです。この微量栄養素は強い骨や歯の形成を助け、正常な血液の凝固を助けます。さらに、神経系の機能を促し、食べた物をエネルギーに変える酵素を活性化します。

子供が必要とするカルシウムの量は、牛乳なら1日あたり2〜4杯です。幼児の必要量はもっと少ないですが、成長するに連れて多く必要となります。しかし、カルシウムは牛乳からのみ摂取する必要はありません。

カルシウムが豊富な食べ物は他にもあります。それぞれのサイズや構成によります。推奨される栄養所有量(RDA)を必ずしも常に摂取しなくてはいけないわけではありません。一月でみて平均してカルシウムが十分に摂取できていれば、子供の骨に良い影響を与えてくれるでしょう。

今日は、どうすれば子供がカルシウムを十分に摂取できるかを見ていきましょう。

小児科医と幼児

1. 牛乳

牛乳は素晴らしいカルシウム源です。また、カルシウム以外の基礎要素も含んでいますので、幼い子供の頭蓋骨の発達を正しく促します。この基礎要素には、リンやマグネシウムが含まれています。

母乳で育っている乳幼児は、ある年齢まで牛乳を必要としません。また、ヨーグルトやケフィアにはたくさんのたんぱく質が含まれていますが、生後6ヶ月を過ぎるまでは与えないでください。さらに、適齢期を過ぎてヨーグルトを与える場合は、添加物や甘味料の加えられていない、ナチュラルな物を選びましょう。

購入する前には、必ず良く原材料表示を読みましょう。”ヨーグルト””ケフィア””ナチュラル””体に良い”などと書かれていても、よく表示を見ると添加物が入っている場合が多い様です。発酵乳、生きた活発な培養菌(乳酸菌 )以外の表示がないはずです。

 

こちらも合わせてどうぞ:子供の鉄欠乏性貧血

 

2. 野菜

たとえば、ほうれん草などの野菜にはカルシウムがたっぷり詰まっています。乳製品が好きでない方、乳糖不耐症の方は野菜からカルシウムを摂ることを意識するのも一つの方法です。

ほうれん草1カップあたりには、1日に必要とされるカルシウムの25%が含まれています。また、繊維、鉄分、ビタミンAを摂取することができるでしょう。

ほうれん草以外では、ブロッコリーが骨の発達に良いでしょう。ブロッコリーに含まれるカルシウム、マグネシウム、リン、ビタミンKが骨の病気を予防し、骨を健康に強くしてくれるでしょう。このアブラナ科の野菜はまた、コラーゲンの形成や組織の健康にも良いとされています。

つまり、骨の発達段階にある子供には特に大切な野菜の一つだと言えるでしょう。

こちらも合わせてどうぞ:子供が野菜をたくさん食べるレシピ6選

 

3. 卵

卵を食べる少年

卵はスーパーフードの一つで、幼児の食生活に欠かすことができない食材です。

卵1個は約60gで、たんぱく質は少なくとも6gは含まれています。ミネラル(カルシウムとリン)も含んでいます。微量栄養素の多くは卵黄に集中しています。

卵を幼児の食生活に加えると、筋肉の発達や骨の鉱化作用を促すでしょう。この時期の子供は成長過程にあり、バランスのとれた食事が必要なのです。

 

4. 魚

様々な種類の魚がいますが、どれも子供の骨の発達には欠かせない基礎栄養素を多く含んでいます。

  • イワシはビタミンやカルシウムが豊富です。パスタやサラダにすると子供も喜んで食べてくれるでしょう。
  • はオメガ3脂肪酸が豊富で、推奨されるビタミンDの栄養所有量を含んでいます。
  • 缶詰のツナは推奨される子供のビタミンDの栄養所有量の39%を含んでいます。

 

5. ナッツ類

ナッツは乳製品の代用としておすすめです。ビタミンB、鉄分、リン、カリウム、セレンが含まれています。また、カルシウムも多く含むため、子供の骨の発達には大変良いでしょう。

また、オレイン酸やリノレン酸が循環を改善してくれるでしょう。

 

結論

子供の食事には注意を払わなくてはいけません。幼少期に何を食べるかが骨のシステムの基本となり、将来の健康を決定付けるでしょう。

子供の健康の責任は親にあります。我が子の体が健康で強くあるために、できる限りのことをしましょう。バランスの取れた食生活は、健康に成長するための基本です。

野菜を盛り付ける母と子

幼少期からおやつには野菜を与えるなど、野菜、ナッツ、魚を食事に取り入れ、子供には、健康な食生活が骨の発達を促すことを教えましょう。また、大人も模範とならなくてはいけません。つまり、我が子にブロッコリーを食べて欲しいのなら、大人も美味しくブロッコリーを食べるべきです。

子供の食生活を今一度見直し、骨の発達を促してあげましょう。