子供が野菜をたくさん食べるレシピ6選

· 4月 29, 2019
野菜が嫌いな子供もいますが、子供が健康に成長するためには野菜を食べる必要があります。本記事では、ぜひ試して欲しい美味しくクリエイティブな野菜のレシピをご紹介します。

野菜や豆類は、子供の健康や成長に欠かせない多くの栄養素を含んでいる食品ですが、子供の中には野菜や豆類が苦手だという子もいます。

本記事では、創造性を加えたレシピを使って子供が野菜をもっと食べるようにするお手伝いをします。

子供が野菜を食べるようになるだけでなく、野菜が大好きになる効果があるかもしれませんよ!

子供がもっと野菜を食べる美味しいレシピ

野菜が苦手な子供に、もっと野菜を食べてもらうためには「芸術的なカモフラージュ」とも呼ぶことができる方法があります。

これは、子供が大好きなピザやハンバーグに混ぜ込む方法です。

他にも、野菜や豆類を使ったジュースやデザートを朝食やおやつに取り入れるのも良いでしょう。

今日から早速試したくなるレシピをご紹介します!

1. レンズ豆とナスのハンバーグ

材料

  • 生のナス(皮をむいてさいの目に切る) 2カップ(500 g)
  • 生レンズ豆 2カップ(500 g)
  • オーツ麦 大さじ4(40 g)
  • 玉ねぎのみじん切り 2個
  • ニンニク 2片
  • セロリのみじん切り 1本
  • コーンスターチ 大さじ3(30 g)
  • 小麦粉 大さじ3(30 g)
  • パセリのみじん切り(お好みで)
  • 塩、コショウ、油、(味つけに)

作り方

  • レンズ豆を水に3時間以上浸します。前日の夜から準備をすると良いでしょう。
  • 水を沸騰させた鍋の中に、水で戻したレンズ豆を入れて15分以上火にかけます。
  • レンズ豆の煮汁は、別のスープを作るときなどに活用できます。
  • タマネギ、ナス、ニンニク、セロリを中火で10分ほど炒めます。
  • レンズ豆をフォークまたはフードプロセッサーでつぶしたら、痛めた野菜を加えます。
  • 塩、コショウ、そしてみじん切りのパセリで味付けをしたら、オーツ麦とコーンスターチを加えます。
  • ハンバーグの形を作ります。
  • 熱したフライパンに油を敷いたら、ハンバーグを加えて調理します。
  • ハンバーガー用のパンで挟むか、白米や玄米などを添えたら出来上がりです。

こちらもご参考に:ハンバーガー  5年放置したらどうなる?!

2. 牛肉、人参、ほうれん草のハンバーグ

野菜ハンバーグ

材料

  • 牛ひき肉(または豚ひき肉)500 g(鶏ひき肉で作ることもできます)
  • 人参(おろしたもの)250g
  • 細かく刻んだほうれん草 250g
  • 玉ねぎのみじん切り 1個
  • にんにくのみじん切り 2片
  • クミン 小さじ1(5 g)
  • 細かくおろしたウコン 大さじ2杯(20 g)
  • パン粉 大さじ3(30 g)
  • 塩とコショウ (味つけに)

作り方

  • すべての材料をボウルに入れます。
  • グルテンフリーで作る場合は、パン粉を加えないで作りましょう。
  • ハンバーグの形に整えます。
  • フライパンを熱し、油を入れたらハンバーグを調理します。
  • パンに挟んでハンガーガーにしたり、白米や玄米を添えたら出来上がりです。
  • 材料の人参を、すりつぶしたブロッコリーに変更して、生の挽肉に加えることもできます。

3. かぼちゃのディップ

材料

  • かぼちゃ 300g
  • 新鮮な生姜(おろしたもの) 小さじ1(5 g)
  • にんにくのみじん切り 1片
  • オリーブオイル、塩、こしょう(味つけに)
  • チアシード、亜麻、ゴマ(炒ってあるものをお好みで)

作り方

  • このディップは、サンドイッチの具としてもおすすめです。
  • 薄切りにしたカボチャを、柔らかくなるまでオーブンで焼きます。
  • かぼちゃの皮を取り除きます。皮はさらにオーブンで焼き、カリッとしたら塩をかけると美味しいおやつになります。
  • かぼちゃ、しょうが、にんにくをミキサーかフードプロセッサーに入れて混ぜます。
  • 最後にお好みの油、塩、シード類を加えたら、そのままにしてなじませます。

4. 生のトマトソースと野菜のピザ

材料

  • 完熟トマト 2個
  • ズッキーニ 1本
  • 赤ピーマン 半個
  • 玉ねぎ 2個
  • ニンニク 2片
  • ケッパーのみじん切り 大さじ1(10 g)
  • ブラックオリーブ(種無しをスライス)大さじ2(20 g)
  • 細切りモッツァレラチーズ 250g
  • タイムまたはバジル(乾燥または新鮮なものをお好みで)
  • 塩とコショウ (味付けに)
  • 小麦粉 400 g
  • お湯 200ml
  • オリーブオイルまたはコーンオイル 大さじ5

作り方

  • オーブンを350°Fに予熱します。
  • ボウルに小麦粉、ぬるま湯、油の半分を加えて混ぜたら塩で味を整えます。お好みで、ハーブをここに加えてください。
  • 生地がまとまってきたら、打ち粉をしたまな板などの上に置いて5分間こねてください。
  • ボール状にしたら、布で覆って10分間そのままにしてなじませます。
  • トマトの茎を切った後すりおろします。トマトをつぶしながら皮を取り出すことができます。
  • 半分残っている油、みじん切りのニンニク、みじん切りのケッパー、細かく刻んだハーブ、塩、コショウをトマトに加えます。
  • 玉ねぎとピーマンを輪切りにし、ズッキーニは輪切りにした後半分に切る半月切りにします。
  • 生地を伸ばしたらピザ用の型に入れます。
  • トマトソースと野菜をピザ生地の上に乗せたら、最後にチーズとオリーブをのせて出来上がりです。
  • オーブンで15分間焼きます。
  • ベジタリアンレシピをお好みの場合は、植物性ミルクからできたピザを使うか、チーズなしで作りましょう。

5. ビーツ、いちご、オレンジのジュース

材料

  • ビーツ(中サイズ)2個
  • いちご 10個
  • 絞りたてのオレンジ果汁 2カップ(500 ml)
  • ハチミツまたは黒糖(お好みで甘みをつけるときに)
  • 水(お好みで)

作り方

  • ビーツを角切りにしたら、ブレンダーまたはフードプロセッサーにビーツ、いちご、オレンジ果汁を加えて混ぜます。
  • 甘くしたいときは、ハチミツか黒糖を加えます。
  • 味が強すぎる場合やジュースの酸性が強すぎる場合は、水を加えてください。
  • 果汁の繊維もそのまま飲むのが健康には良い方法ですが、子供が嫌がる場合は漉してから飲んでください。

6. 黒豆ブラウニー

黒豆ブラウニー

材料

  • 黒豆 1½カップ(375 g)
  • 無糖のココアパウダー 大さじ3(30 g)
  • オーツ麦または小麦粉1/2カップのオートムギまたは小麦粉(125 g)
  • 黒糖 1/4カップ(62.5g)
  • バニラエッセンス 大さじ2(20 ml)
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2(2.5 g)
  • チョコレートチップ 1/2カップ(125 g)(お好みで)

こちらもご参照を:ぜひ試したい!砂糖不使用のデザート

作り方

  • ブラウニーを作る日の前日、黒豆を一日水に浸します。
  • 黒豆が柔らかくなるまで、火にかけて調理します。塩は加えないでください。
  • オーブンを350°Fに予熱します。
    チョコレートチップを除くすべての材料をブレンダーまたはフードプロセッサーに入れます。
  • 塊のない滑らかな生地になるまで混ぜてください。
  • ブラウニーの型に入れた後、チョコレートチップを上から加えます。
  • オーブンで15〜18分焼きます。
  • 熱が取れるまで冷まします。
  • 食べる前に、10分間冷やしてください。
  • 砂糖の代わりに熟したバナナやオオバコを加える方法もあります。

最後に

子供が野菜を好きになるためには、同じメニューばかりを作るのでなく、いつもとは違う珍しく美味しい野菜のレシピをお試しください。

子供は野菜が嫌いなのではなく、同じメニューばかりで苦手意識が芽生えているだけかもしれません。

創造性を駆使した野菜のレシピは、思わず子供が食べてしまうとても美味しいレシピです。ぜひお試しください!