子供の鉄欠乏性貧血

4月 5, 2019
食生活の中で鉄分の摂取量が少なかったり、母乳の授乳をやめたりすると、子供は鉄欠乏症貧血を引き起こす可能性があります。今回はこの症状についてご紹介します。

赤血球の中にはタンパク質であるヘモグロビンが存在しています。ヘモグロビンは、体の組織が最適に機能するのを維持するために、血液中の酸素を移送する役割を担っており、鉄によって作られています。この鉄が、体の中で足りなくなると鉄欠乏症貧血にかかってしまうのです。

この病気は生後6ヶ月から3歳、特に栄養が不足している子供によく見られます。しかし、それよりも大きな子供たちにも時に見られ、小児科医の診察を受ける多くの理由となっています。

鉄欠乏性貧血の原因は?症状はどのように現れのか?

これに応えるためにはこの病気によく見られる症状を理解しなければなりません。原因や症状を理解することで、鉄欠乏性貧血になった時にすぐに治療を開始することができます。

鉄欠乏性貧血が子供に頻繁に起こる理由

鉄の吸収の低さが鉄欠乏性貧血の主な原因です。体は食べ物を通して鉄を吸収します。

鉄不足に陥る原因は以下の通りです

  • 栄養が乏しい食事
  • 鉄吸収が困難な体質
  • 長時間にわたるゆっくりとした出血
  • 牛乳の過剰摂取(特に母乳の代わりに摂取する場合)
  • 食物アレルギー
  • 鉛中毒
鉄欠乏症の治療法

こちらもご参考に:
鉄分を摂らずに7つの方法を駆使して鉄欠乏性貧血を克服する

鉄欠乏性貧血の症状

初期段階では、通常明らかな症状がありません。症状が現れないのにも関わらず、鉄のレベルと赤血球は減少し続けるので治療をより難しくさせます。

進行するにつれて、以下のような症状が現れます。

  • 青みがかった目の強膜
  • 非常に薄くもろい爪
  • 食欲の減少または異常な食欲
  • 脱力感と長時間続く疲労
  • 頭痛やめまい
  • 過敏性とエネルギー不足
  • 呼吸困難や頻脈
  • 血色の悪い肌
  • 不十分な身長、体重増加

診断

小児鉄欠乏性貧血を診断するために、医師は健康診断と検査を行い、分析のために検査室に送る血液のサンプルを採取します。この検査によって赤血球が鉄分不足かどうかを確かめることができます。

一般に、病気を診断することができるテストは以下のようなものがあります。

  • ヘマトクリット:貧血や他の血液疾患を検出することができます
  • 結成フェリチン分析:体内に蓄積された鉄の量を明らかにします。
  • 血清鉄分析:どれだけの元素が血液中にあるかを示します。
  • 総鉄結合の(TIBC):トランスフェリンと呼ばれるタンパク質が血液中に鉄を運ぶ能力を測定するために使用されます。

鉄欠乏性貧血の予防法

鉄欠乏性貧血を予防するには2つの基本的な方法があります。それは栄養面に気をつけることと健康診断を定期的に受けることです。

いずれにせよ子供の世話をする両親が非常に重要な役割を果たしています。

貧血に効く食品

鉄欠乏性貧血予防に効果的な食事

  • 可能な限り子供には生後6ヶ月までは母乳を与えてください。母乳は鉄の吸収をより良くし免疫システムの発展のカギとなります。
  • 母乳を飲むことができない場合は、サプリを飲んで鉄を強化しなければなりません。
  • 生後5ヶ月または6カ月ごろから、果物、野菜、赤身の肉を介してより多くの栄養素を摂取することができます。
  • 1歳になるまで牛乳を与えないでください。
  • 子供が大きくなるにつれ、バランスのとれた豊富な食事を摂ることで、十分な量の鉄分が吸収できるようになるでしょう。

ご存知でしたか?:
鉄欠乏症ってどうなるの?

小児科医の診察

鉄欠乏性貧血の症状が現れたらすぐに小児科医に見てもらってください。何らかの危険因子や病歴がある場合は定期的に健康診断を受けるべきです。

鉄欠乏性貧血の治療

まだ幼く発達過程のために、消費した鉄分の少量しか吸収することができません。

したがって必要量(1日に約8から10mg)を摂取するには、鉄分を含む食品を食事に取り入れることが重要です。

野菜を食べる子供

鉄分を多く含む食品

  • 赤身の肉(鶏肉、ターキー、豚肉)
  • 魚介類
  • 豆類(星間目、レンズ豆、大豆)
  • 牛レバー
  • オートミール
  • ピーナツバター
  • ナッツ
  • プラムジュース
  • ほうれん草
  • 全粒穀物

 健康な食事をとっていても鉄分が不足し、治療にあまり効果がない場合、医師は鉄分のサプリメントを摂取するように勧めるでしょう。いかなる状況下でも小児科医の承諾なしに鉄やビタミンのサプリをとってはいけません。

考慮すべきこと

鉄欠乏性貧血の症状が出たらすぐに治療しないと、学習や発達プロセスを妨げる可能性があります。鉄分が少ないと集中力や警戒力が低下してしまうからです。

すぐに治療を開始することで、問題が深刻化するのを防ぐことができるでしょう。