子供の貧血に関する7つの警告サイン

4月 5, 2020
子供の貧血は、早期発見と診断を必要とする深刻な状態です。さまざまな症状をすばやく特定することは、合併症を防ぐために重要です。

子供の貧血は、子供の発達に関わる公衆衛生上深刻な問題とみなされています。

貧血の根本的な原因と、それを解消するための最良の方法を見つけるための多くの研究が、これまでに行われています。

貧血とは?

貧血はヘモグロビン値の低下です。ヘモグロビンは赤血球内における酸素輸送に関与しているため、ヘモグロビン値が低下すると、臓器への酸素供給が低下します。

妊娠など、必然的にヘモグロビン値が通常の検査結果の制限範囲を下回るのが正常な場合など、いくつかの例外的な状況があります。ただし、貧血を発症している可能性を示すデータがある場合は、常にどのような症状に対しても正しい診断ができる専門医に相談をする必要があります。

子供の貧血の種類

一般的に、貧血の原因に応じてさまざまな種類に分類できます。

  • 赤血球産生の低下:赤血球の産生には骨髄が関与しています。そして赤血球を産生するためには、鉄、葉酸、ビタミンEが必要です。
  • 赤血球の破壊:医学用語では溶血と呼ばれる赤血球が破壊される現象です。
  • 鉄分の喪失:通常は出血や、鉄分の摂取が不十分な時に起こります。

詳細はこちらから:鉄欠乏性貧血に役立つ5つの自然療法

子供の貧血の症状

1. 疲労または倦怠感

子供の貧血に関する7つの警告サイン 子供の倦怠感

疲労感や倦怠感がある場合は小児科医の診察を受けてください。疲労や倦怠が何に起因するのか診てくれるでしょう。疲労や倦怠を客観的に定義することは難しく、それが子供ならなおさらです。外から観察できることとしては、体力がない、常に休息したいという欲求が子供にある、などでしょう。

2. 短気

短気は、倦怠感に伴って現れることが多くあり、正しく識別するのが難しいと言われています。実際、発達の過程をはじめとするさまざまな理由により、かんしゃくを起こしたり短気になってしまう子供が多くいます。

3. 子供の貧血における食欲不振

食欲不振は、子供の貧血に関連する主な症状の一つです。ただし、何かに感染したりや学校で何か問題が起きているなどの特定の状況により発生する可能性がまれにあります。

通常、症状が続く場合は、専門医の診察を受けるため、この症状の進行と期間を観察することを専門家は推奨しています。

4.子供の異食症と貧血

次にご紹介するのは、貧血を患う子供に現れる可能性がある奇妙な症状です。一般的には、泥や物を食べることを含む、非食品の摂取を含みます。

親または保護者は、行動の変化を監視する必要があります。また、緊急に小児科の診察を受ける必要が出てくる場合もあるでしょう。この症状は特に、貧血が引き起こす可能性のある中毒によるものです

5.皮膚または粘膜蒼白または黄疸

子供の貧血に関する7つの警告サイン 皮膚の青白さ

皮膚の色の変化は、赤血球値の低下を示しています。このような色の変化が散発的に発生し、その回復が早い場合は、最終的に自然に治る急性のケースだと考えられます。

ただし、数日が経過しても症状が続く場合は、小児科医の診察を受けることをお勧めします。

こちらもご参照を:ぜひ食べて!貧血の緩和に役立つ10の食品

6. 子供の頻脈と貧血

非常に速い心拍数または動悸は、子供の貧血の兆候である可能性があります。これらの症状は、めまい、胸の痛みの可能性、または呼吸困難のある子供に現れるのが一般的です。

これらの症状が頻繁にあなたの子供に起こるなら、症状が他の問題によって起こっている可能性があるため、小児科の診察を受けて正しい診断を受けてください。

7. 抜け毛や爪の弱さ

最後にご紹介する子供の貧血の他の2つの症状は、爪の弱さと抜け毛です。子供の年齢によっては、髪がとても細いため、なかなか抜け毛に気づかない場合があります。

結論

最後にまとめると、子供が貧血の場合には多くの症状が現れます。合併症を避けるためにも、できるだけ早く問題を見つけるように慎重になる必要があります。

気になることがある場合は、必ず小児科医に相談してください。

  • Zavaleta, N., & Astete-Robilliard, L. (2017). Efecto de la anemia en el desarrollo infantil: consecuencias a largo plazo. Revista Peruana de Medicina Experimental y Salud Pública, 34(4), 716. https://doi.org/10.17843/rpmesp.2017.344.3346
  • L.M., L., K.S., P., & S.-R., P. (2017). Iron and Cognitive Development: What Is the Evidence? Annals of Nutrition and Metabolism, 71(3), 25–38. https://doi.org/10.1159/000480742
  • Reboso Perez, J., Jiménez Acosta, S., Cabrera Nuñez, E., & Pita-Rodríguez, G. (2005). Anemia por deficiencia de hierro en niños de 6 a 24 meses y de 6 a 12 años de edad. Revista Cubana Salud Pública.