あまり知られていない動悸が起こる6つの理由

1月 15, 2018
運動不足または過剰な運動などが動悸の原因となるため、健康維持のためには中強度の運動を継続して行うことが大切です。

理由もわからず動悸が起きたことはありませんか?

実は動悸の中にはその原因がはっきりしないものもいくつかあります。

動悸の原因は数多くありますが、本記事ではあまり知られていない動悸の原因を6つご紹介します。

動悸とは何か?

動悸とは何か

動悸を感じる原因について説明する前に、心臓が激しく脈を打つ、通常よりも脈が速くなる時の状態についてご説明します。

動機は以下の症状を伴う傾向があります:

動悸を感じるのはなぜか?

いつもとは違う動悸を感じたら、自分のライフスタイルについて見直すことが大切です。ちょっとした生活の改善で、動機が解消されるケースも多く報告されています。

1.不安感

不安感

動悸を感じる主な原因の一つが不安感です。パニック障害の症状などが起こる前に自分の感情をしっかりとコントロールすることが動悸の解消に効果を発揮します。

不安感による動機は、大きな健康被害を引き起こす危険は少ないですが、精神状態を安定させて感情をコントロールすることでいち早く症状を改善することができ、心臓の動きが徐々に通常に戻ります。

不安感が多い毎日を送る人は、カフェインの摂取を控え、代わりにカモミールティーやミントティーを飲むことをお勧めします。

2.ストレス

ストレスをよく感じる人は、心臓にも負担がかかっています。

忙しい毎日の中で動悸が起こることもよくありますが、これは血行が悪くなることで血圧と心臓機能に問題が生じるからです。継続して数日間動悸が続くときはこちらをお試しください:

  • エネルギーやストレスを発散させるために運動を行う
  • 穏やかなライフスタイルを心がける
  • 仕事のスケジュールをしっかりと立てる

3.運動不足

これまで運動をほとんどやっていない場合は、健康的なライフスタイルへと生活習慣を変える必要があります。

ほとんど運動をしない人は、動悸を感じやすい傾向があるため、1日少なくとも30分以上の運動を週に2回以上行うことが大切です。

多くの人は、ご自宅から職場、またはスーパーまで歩くだけでも十分な運動量になりますが、一般的には、専門家が推奨する30分以上という時間の目安を実践してください。

4.過剰な運動量

運動不足

何でも「過剰に」行うのは良いことではありません。前項では運動が健康維持に効果を発揮すると説明しましたが、過剰な運動は運動不足と同様に私たちの健康に悪影響を及ぼします。

40歳以上の方が強度の高い運動を継続して行うと体に負の効果をもたらす危険があり、動悸を感じる原因ともなります。

過剰な運動により動悸を発症しないためのアドバイスをご紹介します:

  • 自分の運動能力に合う運動を選ぶ
  • 軽めの運動から始めて、自分の能力に合わせて強度を上げる
  • フィットネスインストラクターなどのサポートを受ける
  • 新しいスポーツを始める前には必ず医師に相談する
  • 運動前にストレッチを行う

5.低血圧

医師の診断

 

低血圧が危険な症状の原因となることがあります。低血圧は直接心臓にダメージを与えるため、動悸や心臓の痛みなどを引き起こす原因となります。

医師に低血圧だと診断されたら、医師の指示に従ってください。自分で勝手に薬を変えたりやめることは避けてください。毎日のウォーキングなどもおすすめです。

6.心臓病の病歴

心臓病の病歴

 

これまでに心臓病や何か心臓に問題が起こったことはありますか?

子供の時に心臓病を発症した方も、時間の経過とともに症状が緩和されたり完治します。

ただし、成長してからの悪い生活習慣やストレスなどにより、動悸を感じることがあります。そのため、心臓病や心臓の問題の病歴がある方は、必ず以下のアドバイスに従ってください:

  • カフェインやアルコールの過剰摂取を避ける
  • 継続した運動を行う。ただし過剰な運動は避ける
  • 新しい薬を服用するときや薬を変えるときは必ず医師に相談する

今回ご紹介したように、意外なことが動悸の原因となります。動悸が起こったらその症状や原因に注意を払ってください。

ほとんどの場合は心配する必要のない症状ですが、中には深刻な病気が隠れていることもあります。

健康的な生活を心がけながら体からのサインに注意して毎日の生活を送ってください。また動悸が頻繁に起こるときは、必ず専門医の診断を受けてください。

 

あなたへおすすめ