パニック発作の症状を瞬時に止める方法

パニック発作の原因となっているものは、実は何の脅威でもないという事実に気づくことが、状況をコントロールして、問題を軽減するのに役立ちます。

パニック発作を経験したことはありますか?

経験したことがある人は、それがどれほど不快で苦しくて辛いものかご存知でしょう。

本記事では、次にパニック発作が起こった時にその症状を瞬時に止めるアドバイスをいくつかご紹介します。

パニック発作の症状

パニックアタックが起こるとき

パニック発作には以下の症状が伴います。

  • パニック発作は一時的な症状で、通常は5分から10分間です。 パニック発作の後、心身の疲労を経験することがあります。
  • パニック発作が起こっている時は、多くのエネルギーを浪費し、心身が危険にさらされます。
  • パニック発作を経験したことがある人は、身体的な痛みに苦しみます。パニック発作が毎日の生活や人生を危険にさらすリスクがあるため、医師の診察を受ける人もいます。

こちらの記事もご覧ください: 7つの不安障害とその症状

パニック発作の最中は、発作が起きている人は周囲のすべてが超現実的な未知の世界の一部のように感じます。

自分が発作を起こしている認識があり、発作がいつ起こるかもわかっています。

パニック発作が起こる時は、恐怖心を感じているケースもありますが、発作が起こる正当な理由が見当たらないケースもあります。

パニック発作には通常、心拍数の上昇、呼吸困難、過呼吸、震え、めまいなどの強い身体症状が伴います。

パニック発作は、いつでもどこでも突然発症する可能性がありますが、ほとんどの場合は、発作が起こる数分前には、発作が起こるという自覚があります。

症状が現れる時

メンタルヘルス

パニック障害などを発症している人は、12〜25歳の間に最初のパニック発作を経験しますが、通常は、精神状態と関連する不安などの感情的要因が引き金となります。

パニック発作が起こる原因については2つの説があります:

  • 1つ目は、ストレスホルモンの1つである神経伝達物質ノルエピネフリンの過剰分泌によって引き起こされる可能性があるという説です。
  • 2つ目は1つ目の説と重なる部分もありますが、GABA(γ-アミノ酪酸)神経伝達物質の活性が低下することで、パニック障害や発作が起こるという説です。

パニック発作が起こると、不安感が増大します。

こちらの記事もご参考に:不安感を自然に緩和する食品10選

パニック発作とは?

研究によると、パニック発作は、戦いや逃走の準備が常に必要だった祖先から継承したものであると考えられています。

パニック発作は、呼吸の上昇、反射力の加速、そして重度の発汗によって特徴付けられ、これらはいずれも生き抜く上で必要なメカニズムでした。

パニック発作を止める方法

仕事のストレス

パニック発作を発症した時、まず一番に考えるべきことは「自分は危険な状況には直面していない」ということです。

パニック発作の克服に役立つ4つのポイントをご紹介します。

  • パニック発作で死ぬことはなく、発作が起きても死の危機に直面していません。
  • 落ち着いて静かな場所を探してください。 発作の原因となる恐怖がなくなるまで待ちます。恐怖心を受け入れ、それに対抗しようと考えてはいけません。

パニック発作の引き金になった物事について考えるのをやめれば恐怖心は自然に消滅します。

  • 深呼吸をしてください。
  • 体全体の筋肉を締めてからリラックスさせてください。心を他に集中させる効果があります。

パニック発作の症状がおさまったら、発作の引き金となる原因を見つけ、再発しないように心がけてください。

パニック発作を抑制する最も良い方法はストレスを避けることです。

十分な睡眠や休息時間を取り、健康的な食生活を維持しながら毎日の生活に瞑想を取り入れるなど、リラックス方法を学ぶことが大切です。

自分の健康状態を常にチェックして、パニック発作の性質を理解するために、医師の定期検診を受けるのも良いでしょう。パニック発作を感情ではなく、知性で対処するお勧めの方法です。

不安感やパニック発作を引き起こす可能性のある、カフェインが多く含まれた飲み物や製品も避けてください。

 

あなたへおすすめ