ヘモグロビン濃度を正常にさせる食材

· 8月 6, 2018
ヘモグロビン濃度が平均より低いということは、赤血球が足りていないという事です。ご紹介する食材を積極的に取り入れて、そのバランスを整えましょう。

ヘモグロビン濃度について考えたことがありますか? ヘモグロビンというとたいていの人が貧血に結びつくようです。ですが実際本当はどういったものなのかしっかり把握している人は少ないのではないでしょうか。

ヘモグロビンは、赤血球の中に多く見られる球状タンパク質です。

これは周辺の細胞に酸素を運び、排出すべき二酸化炭素を肺に運ぶ役割があります。

・一般的な数値は女性が12~16g/dl、男性が13~18g/dlです。

 

貧血って何?

貧血はヘモグロビン濃度の低下によって起こります。

世界保健機関(WHO)によりますと、ヘモグロビン濃度が前述のレベルよりも低い場合を貧血と言います。

 

ヘモグロビン濃度が低い人ってどんな人?

ヘモグロビン濃度

・子供、乳幼児

妊娠、出産期の女性

・出血過多の女性

・65歳以上の老人

・ヘリコバクターピロリ感染の患者

・ベジタリアン

・消化管出血のある患者

 

貧血の症状

・疲労感や虚脱感

・青白い、または黄色がかった肌

・息苦しさとめまい

・異常なのどの渇き

・汗

・息切れ

・うち腿のけいれん

不整脈

 

どうやって予防するの?

赤血球の産生を促すようなものを摂りいれたヘルシーな食生活を送りましょう。特に鉄分、ビタミンB12、葉酸、ビタミンCを含んだものを組み合わせると良いです。こういったものはたくさんの食材の中に見られます。

また以下の事もお勧めです。

栄養分の高い食べ物や飲み物をとりいれる:野菜、全粒粉、果物、シーフード、肉、豆、シード類など

塩、砂糖、精製食品、脂肪分の摂取を控える

カロリー摂取を抑え、体重増加をコントロールする

食材のラベルをチェックして、食べ物から病気にかかるリスクを抑える

こちらもお読みください:体内の鉄分量を増やす食品

おススメの食材

鉄分はヘモグロビン産生に必要な成分です。酸素の助けで細胞内でエネルギーを生み出します。

鉄分が体内に入りこむと、血中、臓器、筋肉に蓄積されます。

鉄分には2種類あります:肉や魚に含まれるヘム鉄と、野菜に含まれる非ヘム鉄です。

ですが鉄分を摂りいれるのは容易ではありません。なぜなら食材には少量しか含まれていませんし、上手く体がそれを吸収できない場合もあるからです。

最も簡単に吸収できる鉄分は、野菜に含まれる鉄分です。

 

動物由来食品

動物由来食品

貝類:軟体動物には鉄分が豊富に含まれています。100gごとに24mgの鉄分が含まれます。

・ムール貝100g辺りに4.5mg含まれています。

イワシには不飽和オメガ3脂肪酸が豊富に含まれており、100gあたりに3.2mgの鉄分があります。

・豚や牛の肝臓。100gあたり8mgの鉄分だけでなく葉酸、ビタミンB12も含みます。血液細胞の産生を促します。

うずらはタンパク質、必須アミノ酸が豊富に含まれています。鉄分は100gあたり7.7mg含まれています。

牛肉:牛肉には白身の肉(鶏肉など)よりもかなり多くの鉄分が含まれています。また、カリウムやリンも豊富です。鉄分は100gあたり2.5mg含まれています。

:ビタミンC、葉酸、カルシウムに並び、100g辺り2.2mgの鉄分が含まれています。

 

植物由来食品

ほうれん草はビタミン、ミネラルが豊富です。カリウム、マグネシウムに加え鉄分が100gあたり4mg含まれています。

チャード:赤血球、白血球の生成をサポートする葉酸が含まれており、免疫システム内の抗体を作ります。100gあたり3.1mgの鉄分を含みます。

リマ豆:リマ豆にはミネラル、ビタミン、タンパク質、カロリー、抗酸化成分が入っています。鉄分は100gあたり8.5mg含まれています。

レンズマメにはビタミン(A、B1、B2、B3,B6、C、E)が豊富に含まれています。また、カリウム、リン、カルシウム、ナトリウムも含まれています。鉄分は100gあたり7.1mg入っています。

 

ナッツ類

ナッツ類

ピスタチオ:ルテイン、βカロチン、ビタミンが豊富です。また繊維と100gあたり7.3mgの鉄分が含まれています。

アーモンドとヘーゼルナッツ:どちらもタンパク質、炭水化物が含まれています。鉄分は100gあたり4.2mg入っています。

ピーナッツ:ナイアシンなどのビタミンやミネラルが含まれています。鉄分は100gあたり2mg含まれています。