機能性胃腸症に効果のある5つの自然療法

· 12月 26, 2017
ストレスが原因である機能性胃腸症に効果的な方法です。

機能性胃腸症は、最近まで神経性胃炎またはストレス性胃炎と呼ばれていたもので、原因は極度の緊張やストレス、主な初期症状は、胃粘膜のただれです。

この病気は、胃の中の細菌の増加や刺激物、酸を含む食品の摂取とは関係なく、発生します。

主なきっかけは精神的ショックで、消化に影響を及ぼすと、炎症や胃酸によるトラブルが起きることがあります。

急性と慢性があり、胃酸の逆流あるいは過敏性腸症候群と似た症状が現れます。ゲップや胃がふくらむような不快感に加え、みぞおち辺りの胸やけが起こります。また重症の場合は血便が出ることもあります。

幸いなことに、自然界には、胃の回復を早める有効成分を含むものが存在し、自然療法が役立ちます。

お勧めの5つの自然療法をご紹介します。

 

1. フェンネルティー

フェンネルティー

フェンネルティーは、ストレスによる胃炎を緩和し、消化管の筋肉をリラックスさせ、消化に作用するハーブティーです。

その抗炎症作用と痙攣性の痛みを和らげる鎮痙(ちんけい)作用により、痛みやガスの蓄積を抑えます。

材料

  • 水 250ml
  • フェンネルの種 5g
  • ハチミツ 25g

作り方

  • 分量の水とフェンネルの種を火にかけ、沸かす。
  • 火を消して10分間待ち、濾したらハチミツで甘みを加える。

飲み方

  • 胃炎の症状を感じたらすぐ一杯のフェンネルティーを飲む。
  • 必要に応じ1日2~3回繰り返す。

 

2. 洋ナシとバナナのスムージー

洋ナシとバナナに含まれる酵素と食物繊維は、胃の粘膜のただれを抑えます。さらに、ビタミンやミネラルなど他の成分とあいまって、相乗効果が働き、胃酸過多を抑え、消化プロセスへの影響を和らげます。

材料

  • 洋ナシ 1個
  • 熟れたバナナ 1本
  • 水 200ml

作り方

  • フルーツを適当な大きさに切り、水と一緒にミキサーにかける。

飲み方

  • 胸やけやその他の胃炎の症状を感じた時に、作り立てのスムージーを飲む。
  • 問題が治まるまで1日1回飲む。

こちらもお読みください:胃潰瘍の痛みを軽減するバナナとジャガイモのスムージー

 

3. お米のゆで汁

お米のゆで汁

お米のゆで汁は食物繊維と抗酸化成分により、ストレス性の胃炎による胸やけや痛みを軽減します。飲むだけで神経系をリラックスさせ、ストレスや不安を和らげます。

材料

  • 水 250ml
  • 米 40g

作り方

  • 水を火にかけ、沸騰したら米を加える。
  • 常温で2~3時間そのまま置いた後、ざるで濾す。

飲み方

  • 症状が消えるまで1日2回いただく。

 

4. ハチミツ湯

この方法は、ストレスの軽減と、胃の粘膜を滑らかにするという二つの効果があります。ハチミツに含まれる酵素が消化を助け、さらに、糖分がエネルギーレベルを上昇させます。

材料

  • 水 250ml
  • ハチミツ 50g

作り方

  • 水を温め、ハチミツを加える。

飲み方

  • 空腹時、または胸やけを感じた時に飲む。

こちらもお読みください:健康改善におすすめ!ハチミツを使った5つの自然療法

 

5. ゼラチンドリンク

ゼラチン

無味の粉ゼラチンで作るこの飲み物は、胃炎による胃粘膜のただれを抑え、滑らかにします。ゼラチンには必須アミノ酸、抗酸化成分、抗炎症成分が含まれており、胸やけを和らげるだけでなく、神経系の活動も調整してくれます。

材料

  • 水 125ml
  • 無味の粉ゼラチン 小さじ1(9g)

作り方

  • 水を火にかけ、粉ゼラチンを加える。
  • 10分間放置し、飲む。

飲み方

  • 空腹時と食前に飲む。
  • 食間に胃炎の症状を感じたら飲む。

ストレスで胃が荒れることがよくありますか? 緊張した時、胃の痛みや胸やけを感じることはありませんか? 機能性胃腸症かもしれません。上の方法をぜひ、お試しください。尚、どれも過度の摂取は禁物です。症状が続く場合、不快を感じる場合は、医師へご相談ください。