不安を和らげる10の食品

· 6月 27, 2016

私たちは、不安やストレスにつながるさまざまなシチュエーションを毎日経験しており、時にそれらが健康に深刻な影響をもたらすこともあります。この記事では、不安やストレスに対処し、より健康的で穏やかな生活を送るためのいくつかのヒントをご紹介します。

ビタミンなどの栄養が不足した食事は不安を悪化させます。また、長い時間空腹でいると血糖値が下がり、甘いものやジャンクフードへの欲求につながり、さらに心に悪影響があります。規則正しい食生活と、栄養バランスの取れた食事は、不安に対処するために重要な要素と言えるでしょう。気分を上向きにし、不安やストレスをコントロールするために役立つ食品について見ていきましょう。

に含まれているオメガ3脂肪酸は、心臓病のリスクを減らし、血糖値を調整する効果があります。また、魚には、リラックスや、不安・ストレスの軽減に効果のあるマグネシウムも豊富に含まれていますので、少なくとも週に1回は食べるようにしましょう。

乳製品

乳製品に含まれているアミノ酸のトリプトファンは、気分を上向きにし、リラックスさせる優れた効果があります。ピーナッツやバナナなどにもトリプトファンが含まれています。

こちらもご覧ください 女性に最適な10の食品

アーモンド

アーモンド

アーモンドにも、たんぱく質やビタミン、そして魚と同様マグネシウムが豊富に含まれており、体の機能が正常に働くために有効です。ストレスを感じたときは、ひとつかみ程度のアーモンドを食べてみましょう。

バナナ

バナナはカリウムが豊富に含まれている食品の代表的なものであり、不安やストレスをコントロールし、神経機能を強化するのに役立ちます。

こちらもご覧ください これを読んだら、バナナのイメージが変わります

海藻

海藻にはマグネシウムとトリプトファンが豊富に含まれており、心を安定させ、穏やかに保つために有効です。

チョコレート

チョコレート

チョコレートは、不安を鎮めたり、ストレスと関連したホルモンのコルチゾールを減らしたりするのに優れた効果があります。無糖のダークチョコレートを買って食べてみましょう。

オートミール

オートミールは、抗鬱作用があるホルモンの産生を促進するため、不安の軽減のために食べることが推奨されます。またオートミールには、ビタミンBやマグネシウム、そしてもちろん食物繊維も豊富に含まれています。

ヒント:3テーブルスプーンのオートミールを250mlのお湯で煮たものを、朝起きたとき、毎食後、そして寝る前にごく少量食べてみましょう。

オレンジの葉

オレンジの葉には、鎮痛作用と睡眠誘導作用があります。毎晩寝る前に、オレンジの葉のお茶を飲むことは、より良い睡眠を取り、不安やストレスを減らす助けになります。

ナッツ

ナッツ

アーモンド以外のナッツもまた、不安のコントロールに有効です。ナッツに豊富に含まれているビタミンBは、神経伝達物質として非常に重要な役割を果たしているセロトニンの産生に関わっています。セロトニンには、怒りを抑え、体温をコントロールし、食欲を安定させるなどの働きがあります

桃には、食物繊維と、不安やストレスをコントロールするために有効なビタミンやミネラルが豊富に含まれています。不安を感じたら、桃を何個か食べてみましょう。満足感が得られ、不安が和らぎます。甘いものを食べたいときにも、桃を代わりに食べるとよいでしょう。

生活習慣についてのヒント

  • コーヒーの量はできるだけ減らし、フルーツティーや、フレーバーウォーターなどを代わりに飲みましょう。
  • 水をたくさん飲みましょう。水は体のあらゆる器官にとって、正常に機能するためにとても重要なものです。
  • 食事のスケジュールを決めましょう。朝食、昼食、夕食を何時に摂るか決め、それに従うことは、規則正しい生活にもつながります。
  • 積極的に運動しましょう。心と体の両方にとって、とても良い効果があります。
  • 喫煙と過度な飲酒はやめましょう。これらの習慣は、体にとって悪影響しかありません。