アーモンドミルクのメリット

· 10月 20, 2015
アーモンドミルクは、牛乳と同じように滑らかな質感で、ビタミンやミネラルが豊富ですが、グルテン、ラクトースを含まず低コレステロールです。

アーモンドミルクはダイエットを助ける最良の食品の一つです。ラクトース(乳糖)を含まず、抗酸化物質やカリウム、カルシウムなどの必須ミネラルが豊富です。コレステロールが低く、美味しそうなアーモンドの風味があり、豆乳よりカロリーが低いので、牛乳の良い代替品になります。

 

アーモンドミルクの特性

アーモンドミルクの主要な特徴の一つは、グルテンやラクトース、コレステロールを含まないことです。牛乳と同様に滑らかな質感なので、 牛乳と同じように使えます。

アーモンドミルクはまた、癌を防ぎ、老化プロセスを遅らせる天然の抗酸化物質であるビタミンEを多く含みます。ビタミンEに加えて、ビタミンDとビタミンA、蛋白質、オメガ6、亜鉛、カルシウム、鉄分、マグネシウム、カリウムが含まれています。

アーモンドミルクの特性

豆乳のいくつかの特性も持っていて、カロリーも低いです。例をあげると、牛乳コップ1杯は140カロリー、ライスミルクは120カロリー、豆乳は80カロリー、アーモンドミルクは40カロリー。無糖アーモンドミルクなら、たった30カロリーです

アーモンドミルクは可溶性および不溶性食物繊維を大量に含んでいます。 これは、腸壁および大腸を保護し、糖吸収の調節を助け、コレステロールレベルをコントロールします。

ブランドによって栄養価が違うので、ラベルを確認することをお勧めします。いずれにせよ、アーモンドミルクは今日入手できる最も健康的で栄養豊富な牛乳の代替品です。

こちらもお読みください:コレステロール値を下げるナチュラルな方法5種

 

アーモンドミルクの8つのメリット

アーモンドミルクのメリット

アーモンドミルクは、健康に良い多くの特性があります。 体重を減らしたり、コレステロールを調節したり、胃炎を緩和したいなら、アーモンドミルクを毎日飲みましょう。アーモンドミルクの8つの利点を紹介し、毎日の食事に取り入れるべきである理由を説明します。

  • 低カロリーなので、ダイエットしたい人に最適。毎日の食生活のなかで、アーモンドミルクを牛乳の代わりにすると、余分に数キロ減らせます。牛乳と共通の特性が多く、質感も似ているので、便利な代替品になります。
  • 善玉コレステロール(HDL)のレベルを上げ、悪玉コレステロール(LDL))レベルを低下させるので、コレステロール値やトリグリセリドが高い場合におすすめです。オリーブオイルと比べて、コレステロールを2倍減少させます。 また、心臓を強くします。
  • 糖や脂肪の腸管吸収を助​​けます。
  • 消化しやすく​​、ラクトース(乳糖)不耐症の人にお勧めです。
  • カリウム含有量が高く、下痢や嘔吐によるカリウム欠乏の際、体内にカリウムを補給するのに有効です。
  • アーモンドミルクに含まれる食物繊維は腸壁を保護します。
  • 胃炎や胃腸の問題に苦しむ多くの人は、腸機能を調整するために食事にアーモンドミルクを追加するといいでしょう。
  • アーモンドミルクに含まれるビタミンB2は爪や髪を強くし、肌に潤いを保ちます。

アーモンドミルクの副作用

アーモンドミルクの副作用

そんなアーモンドミルクでさえ、完璧な食品ではありません。毎日の食生活の一部にする前に、考慮すべき注意や副作用があります。

甲状腺への悪影響

アーモンドは、体が正常にヨウ素を吸収・使用するのを阻む自然化学物質を含む甲状腺腫誘発性食品で、甲状腺にマイナスの影響を与える可能性があります。

大豆、キャベツ、亜麻仁、ブロッコリー、アーモンドのような食品は、甲状腺を拡大します。これらの食品を食べ過ぎると、その食品に含まれる化学物質がヨウ素をブロックし、腫瘍の形成につながる可能性があります。

甲状腺腫誘発物質の大量摂取は、健康にダメージを与えますが、ヒトの免疫システムのためには非常に有益です。甲状腺機能不全の場合は、大量にこれらの食品を食べないよう注意する必要があります。甲状腺の機能が低い人は、アーモンドミルクを避けてください。

一方で健康的な甲状腺機能を持っている場合は、適量のアーモンドミルクを毎日飲んでもマイナスの影響をありません。

赤ちゃんは飲んではだめ

牛乳の代わりに哺乳瓶で豆乳やアーモンドミルクを飲ませるのは危険です。 アーモンドミルクは赤ちゃんに必要な栄養を与えません。母乳や粉ミルクの代わりにアーモンドミルクを選んだ場合、赤ちゃんはおそらく栄養失調に苦しみ、生涯続く健康上の問題を抱える可能性があります。

たまにでも母乳や粉ミルクの代わりにをアーモンドミルクを代用するのは危険です。 American College of Nutrition(アメリカ栄養大学)の研究では、アーモンドミルクを飲む赤ちゃんに自己免疫甲状腺疾患が発生することがわかりました。 甲状腺腫を起こすこれらの化学物質は、赤ちゃんの体内では完全に成長した大人の体よりもさらに悪影響を及ぼします。これが、幼児が少量のアーモンドミルクさえ避けねばならない理由です。

こちらもどうぞ:赤ちゃんの成長に有害で危険な4つの食品

多過ぎる糖分

アーモンドミルクの最も明らかな問題の一つは、大量の糖分を含むことです。アーモンドミルクは元々糖分を含んでいませんが、ほとんどのメーカーは風味を向上させるために砂糖を加えています。

市場に出回っているほとんどの製品は、一回量当たり約20グラムの砂糖を含んでいます。 無糖や炭水化物1グラム未満のアーモンドミルクを製造している会社もありますので、表示を確認することが重要です。

自分でアーモンドミルクを作るためのレシピ

自家製アーモンドミルク

アーモンドミルクを手作りすることをお勧めします。

アーモンドミルクを作るのはとても簡単です。必要なのは、生のアーモンドをカップ1杯、水カップ3杯、塩、砂糖だけ。作り方は、以下の手順に従ってください。

  • 生のアーモンドを一晩または少なくとも8時間、水に浸します。
  • その後、アーモンドを漉し、きれいな水で洗います。
  • ブレンダーにアーモンドと水3カップを入れます。
  • 10分間ブレンドします。完全に混ざった状態にするために、速度を変える必要があります。たとえば、弱い設定で3分間、その後、強い設定で3分間ブレンドするというパターンに沿ってください。
  • 最終的によくブレンドされた白い液体になったら、甘みを加えるため砂糖や蜂蜜と、塩を少々加えます。
  • 残留物のないミルクにするため、布でブレンダーの内容物を漉します。
  • アーモンドミルクの出来上がり!

アーモンドミルクの最もよい点は、その白い色と牛乳のような質感です。シリアルやコーヒーに入れたりそれ自体で飲んだり、または健康的で栄養価の高いレシピの材料として使うこともできます。

レシピのアイデア

アーモンドミルクを使用したベジタリアン用レシピです。

オニオンサルサ(4人分)

材料:

  • タマネギ250グラム
  • 生クリーム  スプーン2さじ
  • アーモンドミルク  コップ1杯
  • オリーブオイル

玉ねぎを細かくみじん切りにし、オリーブオイル少々を加えて蒸します。 5分後、アーモンドミルク、塩、生クリームを加え、すべての材料をミックスします。

野菜のパテ(4人分)

材料:

  • 固くなったパン100〜150グラム
  • アーモンドミルク1/4リットル
  • 種抜きブラックオリーブ30グラム
  • 玉ねぎ大2個 みじん切り
  • ニンジン2本(すりおろす) 
  • ニンニク2かけ
  • ハーブや葉物野菜など好みで各種
  • トマトソース
  • ヒマワリ種子油

アーモンドミルクにパンを浸し数時間置きます。 その後、タマネギとニンニクを蒸します。 そして材料全てを混ぜ、油を塗ったケーキ型に入れます。 30分オーブンで焼き、しばらく冷ましたら出来上がり。 お好みでトマトソースをかけてください。