血栓 注意すべき8つの兆候

血液の凝固は、身体にケガをした時に血液を失うのを防ぐという意味で重要です。

血管に血栓が形成されると健康にリスクが生じます。血栓とは、血液がゼリー状または半固体の塊となったものです。

この塊がはがれると、静脈や動脈を部分的あるいは完全にふさいでしまい、血栓症となります。

体内は血管により全てつながっているので血栓は自由に体内を動くことができ、この状況は非常に危険です。

心臓、脳または肺に移動すると、血管が詰まって脳卒中や心血管事故と呼ばれる症状の原因となる危険があります。

血栓には2種類あります。

  • 動脈血栓…動脈に形成され、これにより酸素が主要な内臓に行き渡らなくなります。
    • 心臓発作、心血管事故、神経麻痺、激しい痛みなど多数の症状の原因となります。
  • 静脈血栓…静脈にゆっくりと形成され、症状も徐々に現れます。
    • 腕、脚、骨盤などに起こるのが一般的です。
    • 大抵の場合この血栓は移動しませんが、移動して健康上のリスクとなる可能性はあります。

 

血栓が形成されるリスク要因

血栓ができるリスクが高まる状況には次のようなものがあります。

  • 同じ姿勢で長時間じっとしていると血管を圧迫し、血流を妨げることになります。
  • 4時間以上続く長時間の旅行
    • 長時間すわったままでいることで血液が正しく循環しないことが原因です。
  • 長期臥床
  • 低用量ピル(経口避妊薬)
  • 家族歴
  • 座りっぱなしの生活スタイル
  • 加齢
  • 肥満
  • 喫煙

 

注意すべき兆候

1. 原因不明の咳や息苦しさ

呼吸が苦しい女性

肺に血栓が存在すると、酸素の流れが遅くなり、心拍数が増加します

動悸に息苦しさが伴う場合は、肺塞栓症の危険があるサインとみなされます。

 

2. 精神状態の変化

イライラがつのる、混乱する、幻覚がある、けいれんなどは脳動脈血栓症の危険があるサインかもしれません。

これは血栓が、血流中の酸素やグルコースの正常な流れを妨げた時、脳が適切に機能しなくなって起こるものです。

 

3. 疲労感

疲労を感じる女性

血栓があると身体は防衛機能を働かせ、多くの場合疲労や衰弱を感じます。

疲労感の原因を知ることは難しいものですから、他の症状に注意することが非常に大切です。

睡眠時間に完全に休息することができるにも関わらず、一見理由のない疲労感を感じる時は注意が必要です。

 

4. 脚のむくみ

この症状は、深部静脈血栓症の症状として知られています。循環器系の血流が妨げられることで酸素が主要な内臓に行き渡らなくなります

脚のむくみが急に起こった時、特に痛みもある時は注意しなければなりません。水分が溜まることによるむくみと間違えることのないようにしましょう。

 

5. 手や脚の痛み

足が痛む女性

この痛みは局所的で刺すような痛みです。歩いている時や、手足を曲げた時に感じることがおおいでしょう。

またしびれを伴うこともあります。

 

6. 静脈の膨張

静脈の膨張は、大きな問題になることはないですが、血栓が血管を圧迫すると内出血や赤み、青あざなどができることがあります。

脚の静脈血栓症の結果として静脈瘤ができることもあります

 

7. 皮膚に赤い湿疹

背中の湿疹のある女性

静脈にそって赤く線のように湿疹が現れた場合は、皮膚の他の変化に注意しなければなりません。

また動脈血栓症を疑って、精神状態の変化にも気をつけることが必要です。手足が熱く感じられることもあります。

 

8. 発熱

血栓があり、それが血流にのると発熱を起こすこともあります。たいていの場合、発汗、震え、頭痛、脱水症状、衰弱感、食欲不振などが伴います。

 

血栓を予防するためのアドバイス

  • ニンニクなどビタミンB3、C、Eが豊富な食品や、各種ミネラル、亜鉛、マグネシウム、または血行促進のためのサプリメントを摂るようにしましょう。
  • 喫煙は血栓の形成を増加させるので、禁煙をしましょう
  • 運動をすることで体格や身長に応じた適切な体重を維持しましょう
    • 肥満や座りっぱなしの生活スタイルは、はがれて血流に流れる血栓による心血管事故や心筋梗塞の主要な原因です。
  • 低用量ピルを服用している場合は、そのホルモンが血栓を作りやすくするので注意が必要です。
カテゴリ: 病気 タグ:
あなたへおすすめ