血餅を解消する6つの自然療法

血餅に悩んでいませんか? 今回ご紹介した自然療法はとても効果的ですが、血餅を発症したらまずは医師の診察を受けて状態や症状を見極めることが大切です。
血餅を解消する6つの自然療法

によって書かれた Carolina Betancourth

最後の更新: 06 12月, 2022

血餅とは、損傷または破裂した血管における血小板や赤血球の蓄積によって形成される塊を指します。

体内における血液の凝固は正常な状態であり、怪我をした場合などの失血を避けるのに役立ちます。

ただし、血液凝固が健康な血管の内部で起こったり、怪我などの血液凝固という目的を達成した後も固まるようであれば、非常に危険な状態です。

血餅は血流の閉塞を誘発し、深刻な疾患や体内組織の損傷に苦しむリスクが増加する恐れのある症状です。

本記事では、血餅が現れる危険がある場合に役立つ自然療法を6つご紹介します。

1.生姜

生姜茶

生姜には、ビタミン、ミネラル、そして抗酸化物質が豊富に含まれているため、血流を刺激し動脈の弾性を保つことで血餅の形成を予防するのに役立ちます。

材料

  • すりおろし生姜 小さじ1(5g)
  • 水 1カップ(250ml)

使用方法

  • 沸騰した水の中におろし生姜を加えます。
  • 蓋をして10分間抽出します。
  • 生姜茶の出来上がりです。
  • この生姜茶は、症状が改善されるまで1日3杯まで飲むことができます。

こちらの記事もご参考に:減量効果抜群!生姜水を作る方法

2.クローブ

大量のポリフェノールを含む抗凝固物質であるグローブは、良好な血液循環を維持するのに役立ちます。

クローブに含まれるビタミンやミネラルに加えて抗酸化物質は、血液の流れを妨害する血液中の脂質や毒素の蓄積を予防して血液をサラサラにします。

材料

  • クローブ 小さじ1/2 (2g)
  • 水 1カップ(250ml)

使用方法

  • 温めた湯の中にクローブを入れて蓋をします。
  • 10分間そのままにして抽出したら濾して液体のみを取り出します。
  • 1日2杯まで飲んでください。

3.イチョウの葉

イチョウの葉

イチョウは、血餅の形成を含む循環器系の問題を治療する効果のある抗酸化物質と抗炎症物質として知られています。

イチョウの葉を抽出して作るお茶は、血液中の毒素を取り除き血液をサラサラにすることで塞栓症や血栓症を予防します。

材料

  • イチョウの葉 大さじ1(15g)
  • 水 1カップ(250ml)

使用方法

  • 沸騰した湯の中にイチョウの葉を加えます。
  • 蓋をして10分間かけて抽出したら、濾して液体だけを取り出します。
  • 毎日1カップ、3週間続けて飲んでください。

4.ウイッチヘーゼル

ウイッチヘーゼル(マンサク科の落葉低木)を継続して摂取することで、血管を塞ぐ可能性のある血餅を解消して、正常な血液循環を回復させます。

ウイッチヘーゼルは静脈を強化しながら、静脈に悪影響を与える炎症を軽減します。

材料

  • ウイッチヘーゼル 大さじ1(15g)
  • 水 1カップ(250ml)

使用方法

  • 水の中にウイッチヘーゼルを入れたら5分間沸騰させます。
  • 火からおろしたら室温まで冷まします。
  • 濾して液体を取り出したら出来上がりです。
  • 1日1杯、2週間続けて飲んでください。

5.アーティチョーク

アーティチョーク

多くの薬用成分を含むアーティチョークですが、その中でも血餅の形成を軽減する働きは見逃せません。

アーティチョークの成分が血餅が生じている部分の血液循環を回復させ、毒素や脂質が蓄積された血液の流れを浄化するのに役立ちます。

こちらの記事もご参考に:最高の自然療法薬:アーティチョーク

材料

  • アーティチョーク 1つ
  • 水 2カップ

使用方法

  • アーティチョークをいくつかに切り分けたら沸騰した湯の中に加えます。
  • 火を弱めたら3~5分間弱火にかけます。
  • 火から下ろしたら蓋をして室温で抽出します。
  • 朝の遅い時間に1杯、そして午後もう1杯飲んでください。
  • 3週間以上続けてください。

6.カイエンペッパー

カイエンペッパーには抗凝固特性を持つピペリンという天然の物質が含まれているため、血液の流れを正常に戻しながら静脈の詰まりや狭窄を予防します。

材料

  • カイエンペッパー 小さじ1/4 (1g)
  • 水 1カップ (250ml)

使用方法

  • カイエンペッパーを沸騰した湯の中に入れます。
  • 飲みやすい温度になるまで冷ましてください。
  • 毎日、朝の遅い時間に飲んでください。
  • 3週間続けてください。

血餅に悩んでいませんか?

今回ご紹介した自然療法はとても効果的ですが、血餅を発症したらまずは医師の診察を受けて状態や症状を見極めることが大切です。

医師の処方による抗凝固薬をすでに服用している場合は、これらの自然療法を試す前に必ず専門医に相談してください。



  • Calcina Escarcina, J. J. (2016). Evaluación del efecto anticoagulante in vitro del extracto de ruda (Ruta graveolens L.) y su utilidad sobre hemogramas en laboratorios de la Universidad Alas Peruanas-Arequipa, 2015. https://repositorio.uap.edu.pe/handle/20.500.12990/4029
  • Ccaso Bravo, L. (2018). Efectos in vitro de Allium sativum L.(ajo), Allium cepa L.(cebolla) y Zingiber officinale Rosc.(jengibre) sobre el sistema de coagulación en pacientes sanos y tratados con warfarina, Arequipa 2018. http://repositorio.unsa.edu.pe/handle/UNSA/7161
  • Fogelson, A. L., & Neeves, K. B. (2015). Fluid Mechanics of Blood Clot Formation. Annual Review of Fluid Mechanics. https://doi.org/10.1146/annurev-fluid-010814-014513
  • Li, Y., Tran, V. H., Duke, C. C., & Roufogalis, B. D. (2012). Preventive and protective properties of zingiber officinale (Ginger) in diabetes mellitus, diabetic complications, and associated lipid and other metabolic disorders: A brief review. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine. https://doi.org/10.1155/2012/516870
  • Diamond, B. J., Shiflett, S. C., Feiwel, N., Matheis, R. J., Noskin, O., Richards, J. A., & Schoenberger, N. E. (2000). Ginkgo biloba extract: Mechanisms and clinical indications. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. https://doi.org/10.1053/mr.2000.3840
  • Putnam, B. L. (1896). Hamamelis Virginiana. Botanical Gazette. https://doi.org/10.1086/327324
  • Villalta Valderrama, K. M., & Garcia Correa, J. (2017). Efecto anticoagulante in vitro del extracto etanolico del rizoma de cúrcuma longa L.” palillo” en muestras sanguíneas de mujeres jóvenes. http://200.62.226.186/bitstream/20.500.12759/3017/1/RE_OBST_KARO.VILLALTA_JENNY.GARCIA_EFECTO.ANTICOAGULANTE.IN.VITRO_DATOS.PDF
  • Villarroel M, Barreto A, Bertolo A, Labernia M, et al. Efecto de la vitamina E en el proceso de hemostasia de individuos sanos. Acta odontológica venezolana. 2008; 46(4).
  • Yurgaku J, Rodríguez F. Warfarina: uso contemporáneo. Revista Fac. Med. 2009; 17(1): 107-115.
  • Tres JC. Interacción entre fármacos y plantas medicinales. An. Sist. Sanit. Navar. 2006; 29 (2): 233-252.
  • López M. USO EN QUEMADURAS DE BROMELINA, UN COMPLEJO ENZIMÁTICO OBTENIDO DE ANANAS COMOSUS. Trabajo de Grado. Universidad de Sevilla. 2020.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。