【パートナーは大丈夫?】精液に血液が混じる血精液症とは?

医療専門家たちは血精液症の原因を特定しないのが一般的ですが、前立腺生検や感染症の後に起こることがよくあります。
【パートナーは大丈夫?】精液に血液が混じる血精液症とは?

最後の更新: 28 8月, 2020

精液に血液が混じる状態を医療用語では血精液症と言います。この状態になると、もちろん患者は自分の健康状態を心配し不安になるでしょう。

実際には、多くの人が考えているよりも血精液症は一般的に起こる症状で、年齢に関係なく起こる可能性があります。ただし、性液に血が混じっても医師に相談しないことが多いため、専門家は血精液症の影響を受ける男性の正しい数字を把握できていないのが現状です、

通常、血精液症の75%のケースは、良性で治療をしなくても治癒する自己限定性疾患だと考えられていますが、血精液症を引き起こす原因によって異なります。

男性は、精液中に混じる血液と尿中の血液(通常はさまざまな状態を伴う)、そして性行為のパートナーからの血液と混同することがよくあります。したがって、すべての症状を詳しく確認することが大切です。

前述のように、血精液症は深刻ではないのが一般的ですが、今回の記事では、血精液症について知っておくべきことを説明したいと思います。また、血精液症が発生する理由と発生した場合の対処方法についても説明します。

血精液症はなぜ起こるのですか?

血精液症が発生する理由を理解するには、まずは、男性の生殖器がどのように機能するかについて少し知る必要があります。精液は3つの異なる腺によって形成される液体です。

  • 睾丸
  • 精嚢
  • 前立腺

 

精液 血 血精液症

さらに精液は睾丸から尿道までの管を通過します。この通過の過程で炎症や感染が起こると、血精液症を引き起こす可能性があります。

主な原因は次のとおりです。

  • 前立腺疾患:血精液症の最も一般的な原因は前立腺生検です。前立腺生検の手順は、前立腺癌を検出するために行われますが、感染症、良性腫瘍、または前立腺炎や血管障害も、精液に血液が混じる可能性があります。
  • 精嚢の問題:精嚢の感染症も、血精液症を引き起こすと考えられています。同様に、腫瘍も精液中に血液が混じる原因となります。
  • 尿道への傷害:これには、尿道の炎症である尿​​道炎が含まれます。通常は性感染症が原因です。さらに、尿道ポリープや嚢胞も、血精液症を引き起こす可能性があります。
  • 精巣または陰茎への外傷や衝撃を受けた場合

場合によっては、高血圧などの全身性疾患が原因となることがあります。実際、フォン・ヴィレブランド病などの出血性疾患がある人は、血精液症に悩まされる可能性があるのです。

血精液症に罹患しているかを知るために必要な検査

ここまでは、病理学的な主な原因について説明しましたが、多くの患者は原因となるこれらの疾患を発症していません。特に若い人の場合は、心配するような病理学的な原因がないケースが多いと考えられています。

精液 血 血精液症

40歳未満の場合、医師は通常、感染症の可能性を除外するため、患者の性生活や活動について、そしてどこに痛みを感じるかなどの質問をします。また、患者が発熱をしたかどうかも医師の診断に必要な情報です。

一方、45歳以上の患者については、医師はガンを発症している可能性を疑います。多くの研究から、45歳を過ぎると、良性か悪性かに関係なく、前立腺腫瘍が存在するのが一般的であることが明らかになっています。

このため、診断を確定するための補完的な検査を行うことで、医師による適切な診断に役立ちます。まず最初に、陰茎と性器全体を適切に検査する必要があります。

さらに、性感染症の可能性を除外するために、血液検査と必要なすべての検査を受ける必要があります。医師はまた、精液の培養を行います。これらの検査を行うことで、淋病による尿道炎などの可能性などを除外することができます。

45歳以上の患者の場合、検査はより徹底的に行う傾向があります。医師は、超音波検査、前立腺を調べる直腸内触診、そして血中のPSA値を調べる検査などを行います。

結論

血精液症を発症すると、精液中に血液が混じる症状が現れます。これは一度だけ起こり、心配するような病理学的な原因がないケースがほとんどです。

しかし、感染症を発症していたり、45歳以上の男性の場合は、前立腺に何か問題が生じていることが原因で血精液症が起きている可能性があります。したがって、疑わしい点や心配なことがある場合は、必ず医師に相談することが大切です。

それはあなたに興味があるかもしれません...
知っておきたい!尿道下裂の症状と治療について
みんな健康Read it in みんな健康
知っておきたい!尿道下裂の症状と治療について

男性の先天性欠損症である尿​​道下裂は、尿道の開口部が陰茎の先端にない状態です。尿道開口部の異常は、陰茎の先端のすぐ下から陰嚢まで、どこにでも存在する可能性があります。一般的に、この先天性異常は妊娠8週から14週の間に発生します。本記事で詳細を学びましょう!