健康な骨のために控えるべき食品

6月 27, 2016

栄養バランスの取れた食生活が、体のあらゆる器官の健康のために不可欠であることは、私たちの誰もが知っています。不健康な食生活は、深刻な病気や、エネルギー不足、栄養失調などの原因となります。

そのため、体に悪影響のある食べ物について知ることがとても重要です。この記事では、特に骨の健康のために避けた方がよい食品について説明します。

炭酸飲料

炭酸飲料には、多くの場合、カルシウムの吸収を阻害するリン酸塩が含まれています。炭酸飲料の摂取はできるだけ減らすようにしましょう。

コーヒー

coffee-3

コーヒーには多くの健康効果がありますが、適量を飲むことが大切です。コーヒーには、尿を通して失われるカルシウムの量を増やしてしまう成分が含まれているため、たとえコーヒーが大好きだとしても、一日に3杯を超えて飲むことはおすすめしません。

生命の維持に不可欠な食品ではありますが、過剰なナトリウムは持続的なカルシウム不足を招くため、骨の健康のためには、塩の摂りすぎは控えましょう

アルコール

Alcohol-500x325

アルコールを過剰に摂取することで、尿の排出を通してカルシウムが多量に失われ、骨にとって悪影響となります。一日に1、2杯の赤ワインを飲む程度であれば、一般的に言って健康には良い効果がありますし、骨の健康にも害はありませんが、過剰な摂取はやめましょう

肉をたくさん食べると、多量のたんぱく質と共に、含硫アミノ酸も多く摂ることになり、カルシウムが尿を通して排出されるのを促進してしまいます。植物性のたんぱく質を積極的に摂るようにして、肉の摂取量をコントロールしましょう。

水素化油脂(マーガリンなど)

油脂には、骨の健康のために欠かせないビタミンKが自然に含まれています。しかしこのビタミンは、水素化の過程で失われてしまいます。油脂はデザートなどに頻繁に使われますが、その効能を失ったとき、骨にとっては有害なものとなってしまうため、甘いものはできるだけ控えるようにしましょう

あなたへおすすめ