経験論について(定義、特徴、例)

経験主義とは、思想の形成や知識の獲得を説明しようとする哲学的な運動です。この考えによれば、思想の形成や知識の獲得は感覚的な経験を通じてのみ発生するとされます。
経験論について(定義、特徴、例)

最後の更新: 28 7月, 2022

古代ギリシャの時代から、多くの哲学者が「人間はどのようにして現実を認識し、知るのか。感覚によってなのか、理性によってなのか」について議論し、その結果、経験主義、合理主義、懐疑主義など、さまざまな理論が生み出されました。

何世紀にもわたって、哲学者たちは知識に関する問題を提起してきましたが、人間が現実にどのようにアプローチするかは、最もよく語られるテーマの一つであるように思われます。ここでは、知識の獲得という問題に答えを与えようとした、最も影響力のある潮流の一つについてお話しします。

経験論(経験主義)とは?

経験主義とは、思想の形成や知識の獲得における経験や証拠(特に感覚的知覚)の役割を強調する哲学的潮流です。経験主義者は、人間は生まれつき心が空っぽで、感覚を通して知覚・経験することで心が内容を獲得していくと考えます。

つまり、知性や創造性だけによって生み出される精神的なコンテンツは存在しないことになります。したがって、神話や芸術作品、数学など、人間の想像力や創造力の産物も、その起源は経験にあるということです。

例えば、経験主義者は、「龍は人の心に由来する概念ではない」と言うでしょう。爬虫類、空飛ぶ動物、火などに対する知覚や経験によって、この非実在的な存在を創り出すことができるというわけです。

経験論の起源

この哲学運動は、ギリシャ、特にアリストテレス、ソフィスト、懐疑論者の著作にそのルーツがあります。

彼らは経験的なものを、科学全般の思索的・反省的領域の理論的知識に対して、医師、建築家、職人などの有用で技術的な知識一般と理解していました。

しかし、哲学的潮流としての経験主義は、17世紀から18世紀にかけての近代に発生し、語源的には、経験を意味するギリシャ語のempeririaと、教義であることを示す接尾辞-ismに由来します。

経験論の代表者

経験主義の主な提唱者は、次のようなイギリスの哲学者たちです。

  • フランシス・ベーコン(1561-1626)。科学者は何よりもまず懐疑的であるべきで、観察や感覚的な経験によって証明できない説明は受け入れるべきではないと主張した。
  • ジョン・ロック(1632-1704)。人間の心はタブラ・ラサ(空の板)であり、経験によって事後的に知識が刷り込まれることを提唱した。
  • ジョージ・バークレー(1685-1753)。 物質そのものが存在するのではなく、物質が知覚されているという主観的、非物質的な観念論を提唱した。世界は我々が知覚している間だけ存在する、と考えた。
  • デイヴィッド・ヒューム(1711-1776)。知識は感覚的経験に由来するという考えをもたらし、すべての知識を「印象」または「観念」に還元し、そこから事実的真理と関連する観念という2種類の可能な知識が生じるとした。
アリストテレス 哲学者
アリストテレスは、経験主義に関連するギリシャの人物ですが、この考えが確立されたのは近代になってからです。

こちらもお読みください:心理学と哲学に関する孔子の教え

経験論の主な特徴

この哲学的なスタンスをもう少し理解するために、その本質的な特徴を紹介します。

  • 理性は経験によって制限される。つまり、思想の形成や知識の獲得において、理性は二の次になるということです。この場合、感覚と証拠が唯一の信頼できる情報源です。
  • 生得的な観念の存在を否定する。経験主義者によれば、人は生まれながらにして心の中に観念を持っているわけではないといい、むしろ、心の内容は感覚的な体験から作られると主張します。
  • 合理主義とは対立する。経験主義と合理主義は、相反する二つの立場として考えられています。なぜなら、後者は、知識は理性によって獲得され、理性によってのみ普遍的な真理が発見されると断言しているからです。また、感覚は知識を得るための欺瞞的な源であることも強調します。
  • 帰納的方法である。科学的方法とも呼ばれ、仮説の実験的検証という考えに基づいています。一般論として、特定の事例から一般的な結論を得ることを目的とした方法論です。

経験論の5つの例

歴史や日常生活の中で、私たちは経験主義の理論を再確認するような例をたくさん見つけることができます。そのいくつかを紹介します。

1.母国語を学ぶ

言葉を覚えることは、経験に大きく依存します。子供は環境の中で言葉を知り、それを聞き、他人がそれぞれの言葉に与える意味を学んでいきます。

2.火が燃えることを知る

子供は初めて火を見ると、それが何なのか知りたくて触ろうとすることがよくあります。触ってはいけないと言われているにもかかわらず、興味を惹かれるものなのです。そのうち、触って火傷をして、もう触っちゃいけないと学習します。

3.天気の仮説

黒い雲 哲学
雲や空の地層によって天気を予測することは、習慣によって仮説を立てる例です。

4.試行錯誤による学習

ある問題に対する答えを、正しい解が見つかるまで何度も試してみることです。例えば、歩き方や自転車の乗り方を覚えるのは、経験知によって行われます。つまり、最良の結果をもたらす方法を特定するまで、何度も何度も試してみるのです。

5.科学実験

科学は、証拠によって現実を認識しています。このような場合、科学者は観察可能な事実に頼って、仮説が正しいかどうかを判断します。

学習における「経験」と「理性」の重要性

人間が実験や経験を通じて多くのことを学んでいるのは事実ですが、その過程で人間の理性が果たす役割を過小評価すべきではありません。人間は他の生物種に比べ、理性的な能力が高いことは明らかです。そして、そのおかげで人類は偉大なことを成し遂げてきたのです。

このように言っておきながら、私たちは、経験や理性は、知識や考えの獲得と同じレベルで扱われるべきだと考えています。哲学者のイマヌエル・カントも同じように、合理主義と経験主義を両立させようと、複雑な知識論を展開しました。

こちらの記事もおすすめです。
心理学におけるロゴセラピーとは何ですか?
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
心理学におけるロゴセラピーとは何ですか?

調和のある生活を送ることがより困難な現代社会では、自分の人生がどこにも向かっていないように感じる機会が多くあるかもしれません。人生や自分の存在の意味がわからないと感じたことはありませんか?今回の記事では、ロゴセラピーの詳細についてご紹介します。