絵を描くこと:子供にとっての8つの利点とは

10月 12, 2019
子供が絵を描くことで得られる多くの利点をご存知ですか?

子供が絵を描くことには多くの利点がありますが、基本的には、運動能力の開発と精神面での成長を促進する理想的な方法です。

また、子供の持つ「探求力」を刺激し、心理面や感情面の適切な発達を促進し強化します。

大人とは異なり、子供は他人がどう思うかを気にしたり心配をしません。

自分の描く絵に対して自ら偏見を抱くことはないため、絵を描くときに感情面や精神面の障壁はありません。

子供は、クレヨンや色鉛筆、そして紙があれば魔法をかけることができます。

時々、子供は「走り書き」をしますが、この中にも様々な可能性を秘めた作品があります。

今回の記事では、子供が絵を描くことの驚くべき利点についてご紹介します。

子供が絵を描くことの大きな利点

絵を描くことの子供にとっての利点

子供が絵を描く利点の一つに、「創造性を育むこと」があります。

絵を描くことで、脳の中でも合理的な機能を果たす左脳と、感情的で創造性に関与する右脳の両方を強化します。

子供が楽しんで絵を描くときには、ゲームや他の遊びと同様に、絵を描くのに必要な身体的な動きを取得します。

クレヨンを手に持つことができるようになる年齢から、子供にとって絵を描くことは多くの利点があります。

1. 想像力と創造性を促進する

まだ文字を知らない子供たちは、ある特定の文字という「記号」を使って自分を表現する方法があることを知らないため、絵本を楽しみ、魅了されます。

そして絵は子供たちが理解する最初の「文字」であり自分を表現する方法となります。

子供が絵を描き始めると、想像力が刺激され、自分が選んだキャラクターや物を表現します。

そしてその絵を、自分の言葉を使って家族などに説明しようともするでしょう。

自分の想像力を使って生み出す、素晴らしい物語のサポートとして、絵を使って物語をより詳しく表現するでしょう。

この機会を利用して、自分の子供が見ている世界を一緒に探索してみましょう。

子供の描いた絵を楽しみ、子供が説明してくれるならば耳を傾けることで、彼らの大胆さと独創性、そして創造性に驚かされることでしょう。

こちらもご参考に:子供が暗闇への恐怖心を克服する方法

2. 脳と手や耳を連動させる力を発達させる

絵を描くことの利点とは

絵を描くことで、脳の機能と手や目の動きを連動させるコーディネーションという力が発達します。

子供が最初に描く線や絵は、何も意味がないように見えるかもしれません。

これは、脳と目や手の間の連動や協調関係が発達していないからです。

大人から見ると最初の絵は、規則性がなかったり紙の外まで線が出るなど、意味がないように見えるかもしれません。

子供が絵を描くことに興味を持ち始めたら、まずは子供がしっかりと握ることができるクレヨンを用意してください。

まだこの段階では、子供たちは自分の力を「実験中」です。

握力が少ないため、腕と肩を動かすことで線を描く子供がほとんどですし、子供の中には、まるで踊っているかのように全身を動かしてクレヨンを使う子供がいます。

少しずつ子供たちは、クレヨンなどを握る力を身につけて、絵を描く技術を身につけていくため、自分が描いている線が意味を持ち始めます。

身体面では、クレヨンなどを動かして絵を描くときには、指のすべての筋肉や骨などを動かす必要があるため、細かな動きをするための運動能力を開発するのに最適な方法です。

そのため、絵を描くことで、絵を描く技術だけでなく細かい作業を行う手の動きも向上するでしょう。

3. 子供の成長段階を測定する方法

子供が絵を描くこと

子供が描く線や絵の種類は、子供の成長段階を測定する目安になります。

子供が描く絵に関しては、年齢や発達段階で様々な変化があり、これは子供の発達段階に似ています。

前述したように、最初は混沌としていたり、意味がないように見えます。これは子供が手の動きを自分でコントロールできないからです。

1歳半を過ぎる頃から徐々に、子供が描く線が意味を持ち始め、3〜4歳まで続きます。

6歳頃には、頭が円で手足が垂直線の絵を描く段階に入りますが、個人差があります。

4. 集中力を刺激し、注意深い観察力を促進する

子どもが絵を描くことで、集中力を刺激して、忍耐力や観察力が発達します。

子供は絵を描くことで自分の頭の中のアイディアを整理し、周りの状況を把握するのに役立てます。

子供が絵を描くときには、自分が知っていることを描くことが多くあります。

脳は、子供が知っている現実を、一枚の紙の上に抽象化しようと一生懸命機能するため、視覚と抽象的な思考の発達を促進し、観察力を刺激するのにも役立ちます。

5. 感情的な知性を奨励する

絵を描くことと色を塗ることにおいて、子供は感情を識別し、色を使用して紙の上で様々なことを表現する方法を学ぶため、子供の感情的知性の発達を促進します。

子どもが絵を描くことの利点の中でも、精神面の健康を強化するというのはとても大切な利点です。

絵を描くことで、子供はリラックスし、子供が常に感じている周りの複雑な状況を忘れさせるのを助けます。

絵を描く段階で、自分が描きたい物事をどのように配置するかという方法を取得すると、身体的な発達や成熟だけでなく。心理面や感情面で成長している兆候です。

絵を描くことは、間違いなく子供の人格形成に影響を与えます。

こちらもご参照を:子どもに教えないといけない10の価値観

 6. 自尊心を強化する

絵を描いたり、色を塗ることで子どもの自尊心が高まります

子どもたちの持つ芸術的な才能は際立っており、子供に喜びと満足をもたらすだけでなく、絵を描いているときに、子供は自分がとても大切なことをしていると感じます。

子供があなたに絵を見せるときには、誇らしそうな顔をするでしょう。

これは子供の成長に欠かせない発達段階なので、子供の創造的な作品を褒めて、励ますことが大切です。

子供が何をしているかに親が興味を持つことはとても大切であり、絵画は親子のコミュニケーションと表現に役立つ最初の方法の一つです。

子供は、親をはじめとする周りの人とコミュニケーションをとる独自の言語を常に模索しています。そのため、子供が絵を通して何を伝えようとしているかに常に注意を払いましょう。

子供の作品を理解できると、子供のを理解するのに役立ちます。

7. 感覚を高める

子供の成長と絵を描くこと

子どもたちは絵を通して自分たちの考えや感情を伝えます。

芸術を通して、子どもたちは感情と知識の間に橋を架けるため、絵を描く利点の一つとして、子供の周りの世界が変わり、紙の上に自分が考える画像やアイディアを表現することができます。

つまり、絵を描くことで、子供は自分の感性を創造、再現、発達させる機会を得ることができると同様に、絵を描くための表現力を楽しみながら身に付けることができます。

8. 家族を団結力を高める

これまでにご紹介した利点に加えて、絵を描くことで家族の絆が強まります。

これは、親や兄弟と一緒に絵を描くことによって、子供は親の愛情と家族の繋がりを感じることができるからです。

子供と一緒に絵を描く機会があれば、そのすべてを活用しましょう。

お父さん、お母さん、お兄さん、お姉さん、そして弟や妹など、自分が絵を描いているところに大好きな人が参加してくれるのを喜ぶでしょう!

子どもの絵を描く利点を高めるために

子供が絵を描くのには多くの利点がありますが、子供が絵を描きたくないという場合は、決して強要してはいけません。

子供の発達段階には個人差があり、子供が興味を持った時が絵を始める時期です。

子供のペースや発達、そして好みを尊重してください。

絵を描くことは、子供が楽しむアクティビティーです。

何を描くか、そして何色を塗るかなどを親が押しつけるのではなく、子供が描きたい絵や使いたい色を選ばせるようにしてください。

まず子供に、絵を描くための道具を用意して自由に絵を描くことができる時間を作りましょう。

子供が絵を描いたら、子供のペースを尊重して何を描いているのかなど説明させます。

これは、子供の言語発達を刺激する良い方法ですし、まるで小さな哲学者のような子供の説明を聞くのはとても楽しい時間です。

最後に、絵を描くという子供の努力を常に褒めましょう。

親や家族に褒められることで子供は自信をつけ、さらに絵を喜んで描くようになります。

これは子供の創造力をはじめとする、今回の記事で説明した利点の強化につながります。

 

  • Feldman, Jean R. Autoestima para niños: juegos, actividades, recursos, experiencias creativas. Alfaomega, 2002.
  • López, Moises Mató. El baúl mágico: Imaginación y creatividad con niños de 4 a 7 años. Ñaque, 2006.
  • Pallás, Maria del Carmen Martorell, et al. “Convivencia e inteligencia emocional en niños en edad escolar.” European Journal of Education and Psychology 2.1 (2009): 69-78.