感情的知性を磨いて困難な時を乗り切ろう!

· 12月 11, 2016
感情的知性のよいところは、それを学び、獲得することができるということ。ですから今のあなたは幸せではなくても、幸せになるために自分自身で変化を起こしていくことができるんです。

感情的知性は、私たちの生活の質を向上させるための最善の手段です。

人生の様々な場面で、複雑で困難な時期がありますが、感情をしっかりコントロールできる力があれば何も恐れることはありません。

感情は私たちの最大の強みにも、最大の弱みにもなります。そしてどちらに転ぶかは、ある状況において自分の感情をどうコントロールして活用できるかにかかっています。

ここで大切なのは、悲しみ・怖れ・怒りといった心理的状態は、私たちが思っているほどネガティブなものではないということです。

これらの感情は「何かがおかしい」と私たちに告げる「警告」であり、これに対してどう反応し、状況や感情面をコントロールして改善する方法を見出すための、心の赤信号です。

感情的知性:幸せへの鍵

感情的知性に関する興味深く、役に立つ理論についてより詳しく知りたいと思われる方には、ダニエル・ゴールマン著『Working With Emotional Intelligence』や『Leadership: The Power of Emotional Intelligence』、またはウェイン・ダイヤー著『Your Erroneous Zones 』などの本をおすすめします。

いずれも仕事・個人的生活・恋愛などの分野で、より幸せに、そしてより生産的になるための自己変革をスタートするのに役立つ、すぐれた知識を提供してくれます。

こちらの記事もおすすめします:手放すことは前に進むために必要なこと

本記事では、忙しくてこれらの本を読む時間がないという方のために、感情的に傷つきやすい瞬間や人生の重大な岐路を、自分がより強く成長するための機会へと変えるために、日々実行すべき小さなステップをご紹介しましょう。

wounds

ステップ1:自分を知る

この第1のステップは、一見するととてもシンプルで簡単に見えるでしょう。

この方法を実践することで、自分という人間について、深く考えることができます。

6つの言葉を使って、自分自身を定義しましょう。そのあと、その特質を証明するいくつかの例を挙げてください。

例:

  • 私は勇気がある=>実証できる? できない:これまでの私は、他の人たちが言ったり決めたりすることに従ってきただけだから。
  • 私は前向きの人間だ=>実証できる? できない:今いろんなことがうまくいってなくて、人生の明るい面を見ることをやめてしまっているから。
  • 私はやさしい=>実証できる? たぶんできない:自分に自信を失っていて、他の人に対しても、以前のようにやさしくできないから。

さて、自分自身を定義したところで、たった今、あなたはどうありたいと思っているかを紙に書いてみましょう。

例えば

  • もっとリラックスできるようになりたい。  
  • 自分自身に満足し、誇りを感じられるようになりたい。
  • たった今、一人になりたい。

今あなたが感じていることと、本当はどう感じたいかとの違いに注目して、それについて考えてみましょう。

emotions

ステップ2:他人のせいにしない—あなたの幸せはあなた自身の責任

自分の不幸を他人のせいにしたことはありませんか?

「私が不幸なのは、あの人がウソばかりついて、いつも私を泣かせているから」などと考える傾向がある人は、その考えを改めてください。

こちらもお読みください:他人に期待しすぎるのをやめる4つの方法

感情的知性とは、自分に対して責任を負い、自分のニーズ・怖れ・美徳を理解することです。

  • 自分の幸せに対して責任を持つのは私たちです。自分で決断を下し、他人が私たちを傷つけようとするなら、自分の考えをしっかりと主張し、許せることと許せないことの境界をはっきりさせることで、自分自身を守りましょう。
  • 自分の考えや感情、そして意見を相手にしっかりと伝えてください。他人がこちらの意見などを無視して行動する場合は、慎重に決断を下す必要があります。
  • 人を責めたり、恨み・怒り・悪意などをためこまないようにしましょう。これらの感情は、私たちの心には重すぎます。
  • 幸せになりたければ、これらのマイナスの感情から自分を解き放たなければなりません。

ステップ3:自分の価値は自分で決める

自分の内面と向き合い、自分の考えや必要としている物事を理解し、自分が許せることと許せないことの境界を見つけることの大切さを前述しました。

それでは、現在の状況や人生の分岐点から前進するために必要なステップとは何でしょうか?

  • 自分の長所と美徳を認識する:自分にはどんな価値があり、何を必要としているかを理解すれば、疑いや恐怖心を感じることなく、心を穏やかに保つことができます。
  • 自分の人生を生きる:だれかにあなたの価値を認めてもらう必要はありません。お互いに尊重しあい、相手を認めることで、自分の人生を生きる権利をすべての人が持っています。
butterflies

私たちの人生に変化を起こすエンジンをスタートさせましょう。

これまでの人生で、どのような辛い状況は困難を乗り越えてきたかを知ってるのも自分自身です。

自分のやり方で幸せになり、充実した毎日を送るための第一歩を踏み出しましょう。