セックスに関するジークムント・フロイトの5つの考え

ジークムント・フロイトがセックスについてどのように考えているのか、知りたくありませんか? 精神分析学の父によって書かれた理論はさまざまなものがありますが、ここでは、主な5つのものをご紹介します。
セックスに関するジークムント・フロイトの5つの考え

最後の更新: 16 3月, 2022

精神分析の父から生まれた思想は、現在も採用され続けているものがたくさんあります。愛と性愛は、この有名な精神分析医の哲学の中で繰り返し扱われるテーマでした。そこで、本日の記事では、セックスとセクシュアリティをめぐるジークムント・フロイトの思想について、少しお話ししたいと思います。

ジークムント・フロイトの思想に関連した新たな論争が時折起こります。夢の解釈、エディプス・コンプレックス、超自我、無意識などは、今日でも彼の理論の中で最も研究されているものの一つです。

フロイトは、患者との対話を通じてさまざまな精神疾患を研究したことで世界的に知られています。特に性についての考え方は、当時も現在も、社会的に大きな議論を呼んでいます。

ジークムント・フロイトの性に関する様々な理論は非常に議論を呼び、もちろん多くの哲学者、医師、宗教家によって何度も否定されてきた。

ジークムント・フロイトの性についての考え方

そもそも精神分析学において、セクシュアリティは性欲とは別物であることに注意しなければなりません。前者は非常に広い概念であり、もちろん性器、すなわち挿入や性交も含めて、他者とのさまざまな関わり方を包含しています。

とりあえず、フロイトのセックスに関する他の考え方を紹介しましょう。

1. 快楽

ジークムント・フロイトの性についての考え方 快楽
欲望を取り戻すには、アドリブの余地を残すことが重要です。

私たちは通常、喜びをセックスに結びつけます。しかし、快楽は人生の他の段階や状況にも現れます。フロイトによれば、子供は自分の欲求を満たし、楽しみの反対である「不快感」を避けようともがくそうです。

つまり、快楽とは、私たちが人として認識できるように導き、基本的な生存欲求を満たす力なのです。私たちの無意識は、快楽が現れるところ(あるいはそれを提供してくれるものを探すところ)であり、現実は意識のレベルで動いているのです。

ジークムント・フロイトによれば、現実のものは、私たちが他者とともに生きていること、そして常に自分の欲望を満たすことができないことを認識させるので、快楽とは対極にあるものなのだそうです。こうして、大人になるにつれて、自分にとって楽しいことだけをしたいという衝動を抑圧するようになるのです。

2. ジークムント・フロイトが語るリビドー(性欲)

ジークムント・フロイトが語るリビドー 性欲

先ほどの概念に関連して、フロイトがタブー視したもう一つのテーマである「性」についてお話ししましょう。彼によれば、性的衝動は幼少期に始まり、成人期に増大し、リビドーと呼ばれるエネルギーによって流されるそうです。

これは、性行為という一つの意図をもって、対象や個人に現れます。しかし、すべてのリビドーが同じ受け手に「行く」わけではありません。生存のために、家族や社会の絆の中に現れることもあるのです

3. セクシュアリティの段階

フロイトによると、セックスは出生時に始まり、さまざまな形で現れるとされます。彼は、衝動を性的なものと自己保存的なものの2種類に分け、後者は子供時代に、前者は大人になってから存在するとしました。

また、「精神分析の父」であるフロイトは、性欲にはさまざまな段階があり、そのほとんどが幼少期に経験され、成熟しても維持されると指摘しています。

第一は、口唇期で、満足の対象は口です。第二は肛門期(括約筋のコントロール)、第三は男根期またはクリトリス期(男子はペニス、女子はクリトリス)です。

そして、第四は潜在性徴期(知的活動に専念し、性的探求はお預け)、最後は性器期で、思春期への入り口と重なり、性交を通じて再び性的探求が行われるとしています。

こちらもお読みください:セクシャルアイデンティティとは

4. エディプス・コンプレックス

ジークムント・フロイトの性についての考え方の中で、最も議論を呼んだもう一つの考え方は、母と子の関係です。古代の神話によると、オイディプスは母親を愛してしまったがために、自分の父親を殺すまでに至った人物です。このコンプレックスは、この悲劇的な人物にちなんで名づけられました。

ジークムント・フロイトによれば、「母親に対する性的欲求は、障害物として認識されている父親に対する愛情よりも強い」とのことです。エディプス・コンプレックスは、男の子供が母親を「誘惑」したいと考え、それが間違いなく父親との対立につながると主張しています。

男根期には、自分の身体とその快感を知るようになり、「母性の誘惑」に対する反応として始まります。このとき、彼は父親の存在を否定し、母子結合を脅かす存在と考え、エディプス・コンプレックスは通常、潜伏期にはその強度を弱め、性器期には消滅します。

フロイトは少年と母親との間のケースしか語っていませんが、その後、少女と父親との間でもこの理論は展開されるようになりました。これは「エレクトラ・コンプレックス」と呼ばれ、このコンプレックスの女性版といえます。

5. ジークムント・フロイトによるエロティシズム

ジークムント・フロイトによるエロティシズム 

最後に、ジークムント・フロイトのセックスに関する概念は、自我、イド、超自我の理論とも関連していることを特筆せねばなりません。フロイトはこの「自我、イド、超自我」で、人間の精神的機能を説明しようとしました。自我は無意識、超自我は道徳的な力、そして両者を媒介するのが超自我です。

では、この3つはエロティシズムとどんな関係があるのでしょうか?

精神分析医に言わせれば、すべてです。エロティシズムとは、美的なものと道徳的なものの間のバランスであり、そこでは欲求というチャンネルを持たない衝動が介在し、社会のルールや条件付けに基づいて抑圧されるとされます。したがって、これは自己の類似物と考えることができます。

フロイトは、昔も今も物議を醸す人物ですが、これは彼が悪い人物であったことを意味するものではありません。それどころか、彼の考えは幾度となく見直され、理性的な学問的考察の参考となる人物なのです。

こちらの記事もおすすめです。
離婚後のセックスについて知っておきたいこと
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
離婚後のセックスについて知っておきたいこと

人との関係を終わらせるのは簡単なことではありません。別れた後は、迷いや混乱に襲われるのが普通です。しかし、それと同時に、新しい可能性に期待したり、ワクワクしたりすることもあるでしょう。そのため、離婚後に経験するセックスは、刺激的であると同時に恐ろしいものだと感じるかもしれません。