ケーキのアイシングの作り方

· 2月 5, 2019
ケーキやその他のデザート(マフィン、ビスケットなど)をアイシングで美しくデコレートしたかったら、クリームがお勧めです。ここではその作り方をご紹介します。

ケーキのデコレーションはとても簡単にできます。たくさんのものを使う必要はありませんし、複雑な工程もありません。

さあ、エプロンを付けて、美しいデコレーションにトライしましょう!

こちらもご覧ください お家で簡単! トレスレチェケーキのレシピ

今回はケーキのアイシングの作り方をご紹介します。売られているケーキの中には、長年腕を磨いた人こそが作ることの出来るものもあります。ですが、ここでご紹介するものはとてもシンプルなので、プロでなくたって簡単にできちゃいます。

ケーキのデコレーションをするときは、創造力が大切になります。それがオリジナル性と個性を生み出すのです。

こちらもご覧ください 美味しく痩せるウコンレシピ

 

ケーキのアイシングのレシピ

ケーキのデコレーションには、冷蔵庫に入れておかなければならないものはお勧めできません。チョコレートやコンデンスミルクなどを使う時は、すぐに食べるようにしましょう。

クリームはなめらかで美味しいため、焼き菓子やベーカリーで最も頻繁に使われています。種類も様々で、作るのも簡単です。

通常、クリームというと小麦粉、牛乳、卵が使われています。レモンの皮やその他のエッセンスでフレーバーを足します。

基本となるアイシングの材料は手に入りやすいものばかり。それにフレーバーやその他の材料を加えてより多彩なクリームが出来上がります。

 

材料

・卵黄  3個分(90g)

・牛乳  1ℓ

砂糖  80g

・バニラエッセンス  5ml

レモンの皮  1片

コーンスターチ  90g

カップケーキ  アイシングの作り方

作り方

1.牛乳を鍋に入れて弱火にかけます。

2.砂糖とレモンの皮を加え、よく混ぜます

3.別なボウルに卵黄とコーンスターチを入れて混ぜます。

4.牛乳が沸騰したら、卵黄の入ったボウルに加えます。

5.よく混ぜたら、再び弱火にかけながら、とろみがつくまでよく混ぜます。

6.火からおろして最後にバニラエッセンスを加えて、冷まします。

7.冷めたら、焼いたケーキを安定感のあるテーブルに置きます。

8.木製のスプーンでケーキの上にアイシングを広げていきます。

9.スパチュラなどを使って、アイシングを好みの形に整えます。

見た目はとてもシンプルなケーキが出来上がったかと思います。お好みで色を足したりしても良いでしょう。またフルーツナッツなどで飾っても美しいです。

どんな形のケーキにしたいかを決めてから、それに合った色を使うと良いです。持っている方はクリームの絞り袋と様々な形の口金を使って好きなように飾ってください。ローズなどの花や、葉っぱ、文字、なんでも良いのです。

ケーキ  アイシングの作り方

 

おススメ

アイシングを作るときの注意点と、少しレシピに加えたら良いものなどをご紹介します。

材料の量は正確に。味にまとまりがあるか、また風味が良いかどうか味見してみましょう。

アルミニウムの容器で材料を混ぜるのは避ける。プラスティックかガラスの容器がおススメです。

コーンスターチは加える前にふるってく。塊が出来るのを避けるためです。

バニラエッセンスは必ず最後に加える。混ぜている最中は火にかけているので、その時に入れてしまうと風味が損なわれます。

・このアイシングにプラスしたい材料はたくさんあります。例えばバター、レモンの皮の代わりにオレンジの皮、シナモンスティック、チョコレートを加えても良いでしょう。大事なのは、ケーキ本来の味を邪魔しないことです。