カリム・ベンゼマの驚くべき心身の変化

カリム・ベンゼマがストライカー、そしてバロンドール候補になるまでの変貌は、運動、食事、精神性にあります。この記事で、そのすべてをご紹介します。
カリム・ベンゼマの驚くべき心身の変化

最後の更新: 02 4月, 2022

世界最高の選手の中でストライカーになるには、努力と献身を必要とする調整が必要不可欠で、特に30歳を過ぎると、その傾向が強くなります。カリム・ベンゼマは、肉体的にも精神的にも変化を遂げ、変化が可能であることを証明してきました。

アルジェリア系のフランス人選手であるカリム・ベンゼマは、まさにアンストッパブルな存在となりました。2021年12月に34歳になった彼は、レアル・マドリードが誇る文句なしのゴールスコアラーです。彼はどのようにしてこのパフォーマンスを維持しているのでしょうか? 彼の秘密は何なのでしょう?

ベンゼマ選手の心身の変化は、世界のサッカーエリートを目指した5年前に始まりました。今、彼の目標はバロンドールであることは明らかです。彼のパフォーマンスの秘訣をこの記事では探ってみましょう。

カリム・ベンゼマのジムとキックボクシングの日課

カリム・ベンゼマは、自宅に設備の整ったジムを所有しています。レアル・マドリードでの通常のトレーニングセッションが終わった後も、ベンゼマ選手は、自分がプレーするスポーツに役立つ筋肉部分を強化する特別なルーティンを続けています。

過度なトレーニングで体に負担をかけることなく、また運動の専門家が勧める方法で、筋肉量を維持することを目標としています。これは、彼が年齢を重ねるにつれ、若い選手と同等のパフォーマンスを維持するために重要なことだそうです。

ジムでのトレーニングは、筋肥大を目的としたものではありません。そのため、体重が増えて走りが鈍くなるようなバルクボディを求めることはなく、逆に、パワーとスピードのためには、大きすぎず機能的な筋肉が最良の選択なのです。

キックボクシングもそれに貢献しています。格闘技と有酸素運動を組み合わせたこの種目は、筋肉全体の引き締めに繋がり、爆発的で反復的な動きを伴うトレーニングのため、筋繊維はこの方法でより効率的になるのです。

キックボクシングでは、カロリー消費量も多いです。キックボクシングのセッションは、心拍出量を上げ、代謝を顕著に増加させることが可能です。健康的な食事と一緒に行えば、体脂肪率を減らし、筋肉を増やすことができます。

ジムとキックボクシング トレーニング
カリムベンゼマは、体調を維持し、反射神経を改善するためにキックボクシングをしています。ボクシングや格闘技に関連するすべてのトレーニングは、筋肉の調子を整え、脂肪燃焼を促進することができます。

カリムベンゼマの代替療法

カリム・ベンゼマの心身の変化は、2019年ごろから代替療法も取り入れています。中でもカッピング療法は、自身のSNSで語ったことで、最も話題になりました。

実はこの手法には、科学的な裏付けがすべて帰結しているわけではありません。一方、スポーツの文脈では、目立った効果は実証されていないにもかかわらず、ネイマールやマイケル・フェルプスのようなアスリートたちは、いまだにこの技法を信奉しています。

この方法は、運動による痛みを軽減し、筋肉の回復を促進させるために良いと考えられています。吸引カップを体の表面に貼り付け、カップ内に真空状態を作り出し、皮膚を吸引することで、特徴的な跡が残ります。また、施術によって体が熱を持つこともあります。

ベンゼマ選手はカッピングに加え、電気刺激ベストをよく着用していることも語っています。ジャマイカの有名なランナーが広めたことから「ボルト・メソッド」とも呼ばれ、エレクトロ・フィットネスの一種と考慮されています。

ベストが接触している部分を電気で刺激することで、筋肉がリズミカルに収縮・停止し、あたかも体の広い範囲が鍛えられているようになります。そのため、普段は忘れているような繊維にも働きかけることができるのです。

カッピング療法と同様、電気刺激療法にも正確な科学的データがあるわけではありませんRevista Andaluza de Medicina del Deporte(「アンダルシアスポーツ医学会」)によると、代替技術を推奨できるほどのデータはまだないそうです。また、起こりうるリスクも、その使用を正当化するものではありません。

微細藻類

ベンゼマの変身の一環として、食事を新しいライフスタイルに適応したことについても触れましょう。もちろん、彼の食事は脂肪の増加を抑え、筋肉の活力を高めるために専門家が考案したものです。

しかし、興味深い事実は、ベンゼマが微細藻類を摂取している点です。レアル・マドリードのメディカル・スタッフは、選手のDNAを調査し、特定の遺伝的パラメータに合わせた食事ガイドラインを作成しているため、微細藻類を選手に勧めたと推測されます。つまり、選手の細胞構成に合わせた独自の食事を考えているのです。

微細藻類とは、海洋性植物プランクトンの一種です。スピルリナは、おそらく世界的にこのグループの最もよく知られた代表的なものです。ビーガン(菜食主義者)がタンパク質の代用としてよく食べており、環境破壊を軽減する可能性も指摘されています。

この藻類は、健康に有益な効果をもたらす可能性があることでも知られています。実際には、微細藻類は、解毒効果のある抗酸化物質と特定の物質を提供してくれ、環境や体内から有毒廃棄物と結合することによって有害物質の排出を助けます。

カリム・ベンゼマの食生活では、魚も重要な役割を担っています。健康的な脂肪酸の供給源であるだけでなく、筋肉を修復し、維持するために必要なタンパク質源です。

微細藻類 スピルリナ

こちらもお読みください:プレティーンにおすすめの課外活動

カリム・ベンゼマの変身に見るスピリチュアリティ

カリム・ベンゼマの家族はアルジェリア人でイスラム教徒であり、息子にもその宗教を伝えています。実際、ベンゼマ選手はラマダンを尊重し、トレーニングとダイエット計画を継続するために、毎月の断食を中断しなければなりませんでした。

しかし、断食を中断したからといって、彼にスピリチャルな信仰がなかったわけではありません。試合前にはヘッドホンでコーランを聴いているそうです。

スピリチュアリティは、アスリートの身体的パフォーマンスに重要な影響を与えます。心、体、魂のつながりは、特定のスキルや能力を高める軸として機能することは、ワトソンとネスティによる分析でも確認されており、スピリチュアリティもスポーツ心理学の重要な要素であると指摘されています。

カリム・ベンゼマにとって、これは何も新しいことではありません。彼の心身の変化は、彼の目標や信念と大いに関係があります。彼が自分の分野で最高であるために適用してきた変化は、間違いなく簡単なことではありませんでしたし、スピリチュアリティが、彼の回復力と楽観性を保つことに貢献していると考えることができます。

This might interest you...
自宅でできる腹筋トレーニングルーチン
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
自宅でできる腹筋トレーニングルーチン

新型コロナウイルスに対する予防策という観点から考えると、現在ジムに行くのは賢い選択肢とは言えないでしょう。新型コロナウイルスの感染が拡大する中で、自宅で行うことができる腹筋運動やトレーニングルーチンを見つけることが大切です。準備はいいですか?



  • Buse, George J MD, CSCS; Santana, Juan Carlos MEd, CSCS*D; FNSCA Conditioning Strategies for Competitive Kickboxing, Strength and Conditioning Journal: August 2008 – Volume 30 – Issue 4 – p 42-48
    doi: 10.1519/SSC.0b013e31817f19cd
  • Bridgett, Rhianna, et al. “Effects of cupping therapy in amateur and professional athletes: Systematic review of randomized controlled trials.” The Journal of Alternative and Complementary Medicine 24.3 (2018): 208-219.
  • Aboushanab, Tamer S., and Saud AlSanad. “Cupping therapy: an overview from a modern medicine perspective.” Journal of acupuncture and meridian studies 11.3 (2018): 83-87.
  • Herrero, Azael J., et al. “Posicionamiento de la National Strength and Conditioning Association-Spain: entrenamiento con electroestimulación de cuerpo completo.” Revista andaluza de medicina del deporte 8.4 (2015): 155-162.
  • Watson, Nick J., and Mark Nesti. “The role of spirituality in sport psychology consulting: An analysis and integrative review of literature.” Journal of applied sport psychology 17.3 (2005): 228-239.