顔にできたシミを取る特製マスク

· 11月 23, 2015
色素沈着などの問題で現れたシミは、これから紹介する方法で薄くすることができます。日中は日光で肌に悪影響を与えるため、レモンは夜、お肌に使いましょう。

顔のシミの原因には様々なものが考えられます。その一つは肝臓の問題です。肝臓をしっかりケアすることで、シミの発生を防ぐことができます。また、過度の色素沈着、薬、外出した時に日焼け対策をしていないなども、シミが広がっていく原因となる可能性があります。

適切な対処法として、シミが目立ってきたり黒ずんだ部分が広がってきたら、皮膚科に通うことが大切です。しっかりと検査することで原因を解明することができ、正しい治療方法を行うことでシミを消すこともできます。しかし、このシミの原因が肝臓の問題ではなく、色素沈着等の問題である場合は、これからご紹介する方法でシミを薄くしていきましょう。

アロエベラマスクでシミ取り

アロエベラは肌に良い植物として知られています。高い保湿力と栄養価があるので、顔や体全体にできたシミに非常に高い効果をもたらしてくれます。

シミを取るアロエベラマスク

このマスクの作り方は、まずスプーン1杯分のアロエの果肉と、スプーン半分のレモンの搾り汁をよく混ぜてください。そのあとは同化するくらいしっかりと混ぜて、気になるシミの部分に塗って30分ほど置いてください。最後は水でよく顔を洗ってください。

レモンとオートミールのマスク

粉末状のオートミールをレモンの搾り汁と混ぜると、肌のシミを消してくれる効果を持ちます。スプーン1杯分の粉末状のオートミールに、スプーン半分のレモンの搾り汁を入れて混ぜてください。そのあとシミの気になる部分に塗り、20分ほど置いたらぬるま湯で洗ってください。1週間に2回ほど実践するのがいいでしょう。

きゅうりマスクでシミ取り

シミを取るキュウリマスク

きゅうりは肌に素晴らしい効果があり、肌に栄養分を与えるだけでなく加湿効果、美白効果を持っています。まず、きゅうりを皮ごとすりおろします。顔をしっかりと洗い乾かしたら、きゅうりを顔に塗っていきます。きゅうりにスプーン半分のハチミツを入れることもできます。

時間があれば20分以上は置いてください。時間が経ったらぬるま湯でしっかりと洗い流し、よく乾かしたあとに保湿クリームを塗ってください。この方法は週に何回か試してみてください。効果がすぐに現れるでしょう。

こちらもお勧めです:シミを撃退!天然フェイシャルトリートメント7選

顔のシミを取ってくれる他の方法

ヨーグルト

ヨーグルトには乳液と同じく肌を明るくしてくれる効果があります。毎晩シミの部分に少しだけ塗り30分ほど置いてください。これを数週間実践してください。家でできる簡単な方法でなおかつ効果も期待できます。

ニンジン

シミを取るニンジンマスク

ニンジンは自然食品の中でも一番肌に良いものです。シミを消してくれる効果もあります。

材料

  • ニンジン1本
  • スプーン半分のオリーブオイル、もしくはアーモンドオイル
  • スプーン1,2杯分のヨーグルト

作り方

まず最初にミキサーにニンジン、オリーブオイル、ヨーグルトを入れます。よくミキサーで混ぜたら、そのまま肌に塗り20~30分ほど置いたら、ぬるま湯でしっかりと顔をゆすいでください。この方法は1週間に何回か実践してください。

こちらも参考にして下さい:簡単!デトックス効果のあるニンジンのスムージー

忘れないでください

これまで紹介してきた家でできる肌のシミを消す方法は、根気強く続けることが大切です。1回や2回実践したからといって、すぐにシミが消えるわけではありません。この方法を始めてから1か月後の違いを感じられるように、辛抱強く続けることが大切です。

あとレモンを使った方法は、にだけ行うようにしてください。日中に実践すると、日光が原因でシミの状態を悪化させてしまう恐れがあるので注意してください。