関節リウマチを緩和する自然療法

13 4月, 2019
慢性の関節リウマチを発症している人は、医師の指導に従うことが大切ですが、今回ご紹介するいくつかの自然療法も症状の緩和に役立ちます。

慢性の関節リウマチは、複数の関節に悪影響を及ぼす可能性もある、炎症性疾患です。

自己免疫疾患である関節リウマチは、通常は感染から体を保護する機能である免疫システムが誤って自分の関節の内側を攻撃する状態です。

本記事では、関節リウマチを緩和するのに役立つ自然療法をご紹介します。

関節リウマチの症状の深刻度や発症期間には個人差がありますが、慢性の関節リウマチは一般的に、関節痛、腫れ、こわばり、そして全身疲労などの症状を発症します。

これらの症状は、日常生活の質に悪影響を及ぼす恐れがあり、症状の深刻度によっても影響の度合いが異なります。

またストレスや感染症、体を休ませていないなどの外的要因が原因のケースもあります。

医師の診察

慢性の関節リウマチにお悩みの方は、医師の指導による治療に加えて、痛みやこわばりを緩和する自然療法についても理解することをお勧めします。

しかし自然療法を取り入れる前には、必ず医師に相談してください。

こちらもご参考に:関節リウマチの症状を緩和して健康を取り戻す自然療法

慢性の関節リウマチを緩和する自然療法

慢性の関節リウマチの症状を緩和するためにお勧めの、自宅で手軽に実践できる自然療法をご紹介します。

1. ウコン

ウコンの有効成分には抗炎症作用があるため、ウコンが血行を改善するのに役立つことが実証されています。

2016年に発表された研究では、ウコンの抽出物が関節炎の症状を軽減することが確認されています。

もちろん、今後さらなる研究が必要ですが、ウコンは、飲み物や香辛料、そして着色料として食生活に取り入れることをお勧めします。

2. イラクサ茶

イラクサ茶は、慢性の関節リウマチにお勧めの自然療法です。

イラクサ茶には、血液から老廃物や毒素を取り除くのを助ける利尿作用と抗炎症作用があるのと同様に、関節炎によって起こる痛みや腫れを緩和するのに役立つと言われています。

イラクサを定期的に摂取すると、尿酸の排出が促進されるため、痛風と関節炎に役立つ自然療法薬として使用されることがありますが、血圧を下げるために他の利尿薬や薬と一緒に飲まないことが大切です。

3. 生姜

生姜は慢性の痛みや腫れのある人にお勧めです。

食事に加えるか、または生姜を含むサプリメントを摂る方法があります。

また、生姜のエッセンシャルオイルは、慢性の関節リウマチの症状を和らげる他の化合物を含むため、 2016年に行われた研究では、生姜のエッセンシャルオイルを使用すると、慢性的な関節の炎症を軽減できることが明らかになりました。

「健康は私たちがお金を出しても買うことはできませんが、非常に貴重な貯蓄となる可能性があるでしょう。」

– アン・ウィルソン・シェフ –

4. オレンジ、ニンニク、パセリジュース

天然成分の組み合わせにより、関節炎の症状を軽減する抗炎症性および抗酸化性を持つジュースになります。

関節の強化に欠かせない、ビタミンBとC、ミネラル(カルシウムとカリウム)が豊富に含まれています。

材料

  • にんにく2個
  • パセリ5本
  • オレンジ果汁 5個分

作り方

  • ニンニクの皮をむき、みじん切りにすると混ぜやすくなります。
  • パセリとオレンジ果汁と一緒にブレンダーに入れて、3分間混ぜます。
  • すぐに飲んでください。

こちらもご参考に:パセリが持つ体に良い5つの効果

5. 月見草オイル

月見草オイル

月見草オイルは、オメガ6脂肪酸の一種であるガンマリノレン酸が豊富です。

体内に摂取されると、強力な抗炎症剤に変換され、関節の痛みやこわばりなどの関節炎の症状を軽減するのに役立ちます。

さらに月見草オイルには、もう一つの抗炎症化合物であるベータアミリンも含まれています

月見草にはアルカロイドピロリジジンと呼ばれる潜在的に危険な化合物が含まれているので、肝障害を引き起こす危険があります。

このため慎重にそして適量を服用するべきです。

6. バジル

バジルは多種多様な治癒効果のある化合物を含んでいます。

その中でも、バジルのエッセンシャルオイルにはシネオール、そして炎症を抑える化合物であるリナロールを含むため、バジルのエッセンシャルオイルは、関節の腫れを軽減するのに役立つと考えられています。

ただし、慢性の関節リウマチの症状を発症したら、必ず専門医の診察を受けてください。

不快な症状や痛みを和らげて生活の質を向上させるためには、医師の指導による治療を開始することが大切です。

  • Goeldner, I., Skare, T. L., & Reason, I. T. M. (2011). Artrite reumatoide : uma visão atual. J Bras Patol Med Lab. https://doi.org/10.1590/S1676-24442011000500002
  • Laurindo, I. M. M., Ximenes, A. C., Lima, F. A. C., Pinheiro, G. R. C., Batistella, L. R., Bertolo, M. B., … Radominski, S. C. (2004). Artrite reumatóide: Diagnóstico e Tratamento. Revista Brasileira de Reumatologia. https://doi.org/10.1590/S0482-50042004000600007
  • James W. Daily, Mini Yang y Sunmin Park. Revista de alimentos medicinales. Ago. 2016.717. 729.http://doi.org/10.1089/jmf.2016.3705
  • Funk, JL, Frye, JB, Oyarzo, JN, Chen, J., Zhang, H. y Timmermann, BN (2016). Efectos antiinflamatorios de los aceites esenciales de jengibre (Zingiber officinale Roscoe) en la artritis reumatoide experimental. PharmaNutrition, 4 (3), 123–131. https://doi.org/10.1016/j.phanu.2016.02.004
  • Chrubasik, JE, Roufogalis, BD, Wagner, H. y Chrubasik, SA (2007). Una revisión exhaustiva sobre el efecto de la ortiga y los perfiles de eficacia, Parte I: Herba urticae. Fitomedicina, 14 (6), 423–435. https://doi.org/10.1016/j.phymed.2007.03.004
  • Johnson, TA, Sohn, J., Inman, WD, Bjeldanes, LF y Rayburn, K. (2013). Los extractos lipofílicos de ortiga poseen una potente actividad antiinflamatoria, no son citotóxicos y pueden ser superiores a las tinturas tradicionales para el tratamiento de trastornos inflamatorios. Fitomedicina, 20 (2), 143–147. https://doi.org/10.1016/j.phymed.2012.09.016
  • Troncoso, Luzmila, & Guija, Emilio. (2007). Efecto antioxidante y hepatoprotector del Petroselinum sativum (perejil) en ratas, con intoxicación hepática inducida por paracetamol. Anales de la Facultad de Medicina68(4), 333-343. Recuperado en 09 de mayo de 2020, de http://www.scielo.org.pe/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S1025-55832007000400008&lng=es&tlng=es.
  • Marzocchella, L., Fantini, M., Benvenuto, M., Masuelli, L., Tresoldi, I., Modesti, A. y Bei, R. (2011). Flavonoides en la dieta: mecanismos moleculares de acción como agentes antiinflamatorios. Patentes recientes sobre el descubrimiento de fármacos para la inflamación y la alergia, 5 (3), 200–220. https://doi.org/10.2174/187221311797264937
  • La dieta definitiva para la Artritis. Arthritis Foundation. https://www.arthritis.org/health-wellness/healthy-living/nutrition/anti-inflammatory/the-ultimate-arthritis-diet
  • El-Sayed, RM, Moustafa, YM y El-Azab, MF El aceite de onagra y el celecoxib inhibieron la angiogénesis patológica, la inflamación y el estrés oxidativo en la artritis inducida por adyuvantes: nuevo papel de la angiopoyetina-1. Inflammopharmacol 22, 305-317 (2014). https://doi.org/10.1007/s10787-014-0200-5
  • Szymanowska, U., Złotek, U., Karaś, M. y Baraniak, B. (2015). Actividad antiinflamatoria y antioxidante de antocianinas de hojas de albahaca púrpura inducidas por inductores abióticos seleccionados. Food Chemistry, 172, 71–77. https://doi.org/10.1016/j.foodchem.2014.09.043