関節リウマチの症状を緩和して健康を取り戻す自然療法

· 6月 11, 2018
関節リウマチの症状を緩和するには、体内に過剰に蓄積された毒素を体外へと排出しながら、精神状態を安定させて幸せな毎日を送ることが大切です。

関節リウマチは、現代医学の定義によると「全身性炎症を引き起こす不治の自己免疫疾患」ですが、患者の生活の質を大幅に改善する方法や症状を緩和する方法があります。

本記事ではさまざまな視点から、関節リウマチの症状を緩和する自然療法についてご紹介します。

関節リウマチとは?

関節リウマチとは

関節リウマチは、関節(指、肘、膝など)における痛み、炎症、および硬直などを発症する自己免疫疾患です。

  • 自己免疫疾患は、自分の体が病原体であるかのように自ら身体を攻撃するときに発症します。
  • 患者の健康全般に影響を与える細胞および健康な組織に損傷を与え、血液、心臓、または神経系にさえ害を与える可能性があります。

関節リウマチの症状を緩和する自然療法

関節リウマチの症状を自然に緩和する方法をいくつかご紹介します:

  • 毒素の排出
  • 栄養補給
  • 免疫システムの強化
  • 炎症の緩和
  • 精神状態の安定

蓄積された毒素の排出

毒素の排出

関節リウマチの症状を改善するためには、体内に過剰に蓄積された毒素を自然に排出することが大切です。

デトックスは、肝臓、腎臓、皮膚および腸の洗浄機能を改善するための第一歩です。デトックスを行なって毒素を排出する方法はたくさんあるため、自分に最も適した方法をお試しください。

  • デトックス効果のある食品を食生活に加える:ニンニク、玉ねぎ、レモン、グレープフルーツなど
  • 薬用植物:タンポポ、ボルド、ゴボウ、マリアアザミなど
  • ジュース、スープ、デトックススムージー

食物不耐性

品質の悪い食品や食生活の乱れをはじめとする多くの要因により、さまざまな食物不耐性を発症することがあります。

関節リウマチを発症している人は、食物不耐症を発症するリスクを常に排除することが重要です。

食物不耐性は必ずしも重度のアレルギーではありませんが、 病気の原因になる可能性があります。

最も一般的な食物不耐性は、グルテンおよび乳糖不耐性です。これらを含む食品を食べてすぐにはその症状や影響が現れないことがありますが、胸焼けやガスのような消化器系の問題が起こる可能性があります。

食物不耐性を調べるためには、病院で検査を行うか、1か月間特定の食物の摂取を停止することです。1ヶ月停止した後、それらの食品を食べた後に健康状態が悪化する場合は、食品不耐性がある可能性があります。

免疫療法

免疫療法

自己免疫疾患である関節リウマチを発症したら、免疫系のバランスを整える自然療法を模索することが重要です。

関節リウマチを内部から治療する効果のあるサプリメントや食品の一部をご紹介します:

  • オメガ3および6脂肪酸
  • 抗酸化物質(ビタミンC、E、β-カロチン、フラボノイド、セレン、亜鉛)
  • サメ軟骨
  • ユーカリノキ
  • アストラガルスの根
  • アイスランドゴケ(エイランタイ)
  • キャッツクロー(ハーブ)
  • 椎茸
  • 舞茸
  • 霊芝

抗炎症作用のある薬用風呂

薬用風呂は、関節および様々な器官に影響を及ぼす体全体の炎症を緩和します。

  • 温泉に訪れることが可能ならば、関節リウマチには非常に有益な抗炎症および浄化作用のある硫黄泉をおすすめします。
  • 自宅では重曹や硫酸マグネシウムを使用して自宅で癒し効果のある薬用風呂を準備しましょう。
  • 30分以上薬用風呂に入浴することで、安らぎと幸せを感じることができるでしょう。

精神バランスを保つ

精神バランスを保つ

自然療法では、病気の誘発や病気の悪化など、体内への悪影響を与える精神状態や感情面の問題に常に重点が置かれます。したがって、精神バランスを保つことで、関節リウマチを発症しやすい状態になった場合には、症状や状態を大きく改善することができます。

リウマチ性関節炎に関しては、患者は苦痛を経験し、日常生活が困難になるなどの影響を受けます。

また心理的な虐待を受けている人が精神バランスを崩すことも多くあります。そのため、精神のバランスが乱れている関節リウマチや関節炎の患者は、自分の気持ちや苦痛を表現することができず、過去の悲劇的な出来事が一気に蘇る可能性があるため、注意が必要です。