定期的に体内をデトックスする方法

5月 22, 2018
体調不良や健康問題が絶えず起こるときは、デトックスが必要だと言う体からのメッセージです。

私たちの体は、何か足りないものがあるときや何か不調が起こっているときには、その兆候を示すことで私たちに「体内のデトックスが必要だ」と言うメッセージを送ります。

突然の頭痛、便秘、疲労感をはじめとする普段とは違う体調不良や症状が現れたときには、体が切実にデトックスを求めています。

一般的には、体内を浄化して毒素を体外に排出するために2~3ヶ月に1度のデトックスをおすすめしますが、継続してデトックスを行うのも良い考えです。

本日は、自然にそして健康的にデトックスを行う方法をご紹介します。

デトックスに最適なのはいつ?

デトックスをするべきとき

体調不良の兆候やそれが起こる頻度によっても異なりますが、デトックスをするきっかけを知ることが大切です。

次のようなの症状が現れたらデトックスをする必要があると考えましょう:

  • 便秘:慢性の便秘は、消化機能が正常に働いていないことを示しています。食物繊維の摂取を増やしながら食生活の改善を心がけてください。その上で改善が見られない時は、デトックスジュースを飲んでください。
  • 疲労感:大腸や胃の中に毒素が大量に蓄積されると、疲労感、特に朝の疲労感につながります。大腸、胃、そして肝臓のデトックスを行うことでこれらの体内器官をはじめとする体中が軽く感じられます。
  • 不眠症:メラトニンが寝る時間だと私たちに知らせる働きをしますが、体内に毒素が過剰に蓄積されると、メラトニンの生成が減少して、夜遅くまで起きていたり、寝られないという不眠症の症状を発症します。
  • 頭痛:頭痛は体内の不調を示しています。頭痛が頻繁に起こる時はデトックスを行なってください。

デトックス方法

最も効果的なデトックス方法は、食事を通じて体内を浄化しながら毒素を排出することです。

バランスのとれた健康的な食事には、以下の食品を加えて体内の浄化を行いましょう:

  • クランベリー:抗酸化物質が豊富に含まれたクランベリーは、体内、特に腎臓の炎症を抑制しながら膀胱炎など尿路の感染を軽減します。
  • レモン:レモンに豊富に含まれているビタミンCが、肝臓をクレンズしながら体内の毒素を排出します。
  • ビーツ:血液を浄化する血液サラサラ効果があります。

これらの食品を効果的に摂取する方法は、ジュースやスムージーです。週に2~3回摂取すると、体内に蓄積された毒素を浄化します。

1. 柑橘系果物のジュース

柑橘系のジュース

ビタミンA、 B、 C、そしてカリウムやカルシウムなどのミネラルを豊富に含む柑橘系の果物は、体液貯留を予防する働きがあります。一ヶ月継続して飲むことをおすすめします。

材料

  • レモン 1個
  • オレンジ 3個
  • ほうれん草 ひとつかみ
  • パパイヤ ½ カップ (80 g)

作り方

  • すべての材料をブレンダーで混ぜ、お好みで濾してから飲んでください。

2. 腸内デトックスジュース

体内の健康全般には、腸内のデトックスが欠かせません。

腸内に蓄積された毒素を体外に排出するこのジュースで、便秘などを予防・撃退します。

材料

  • 梨 1個
  • 赤りんご 1個
  • フェンネル ¼ カップ (60 g)
  • 水 1 カップ (250 ml)

作り方

  • (お好みで)りんごと梨の皮をむきます。
  • 小さく切ったら他の材料と一緒にブレンダーに入れます。
  • 昼食とともにまたは昼食後に飲んでください。

3. 頭痛に効果を発揮するジュース

パイナップル

食物繊維が豊富に含まれ、利尿作用のあるパイナップルは、片頭痛や頭痛の緩和に高い効果を発揮します。

材料

  • パイナップルスライス 3枚
  • キヌア 大さじ1 (15 g)
  • 水 1 カップ (250 ml)

作り方

  • キヌアを一晩水につけます。翌朝パイナップルと一緒にブレンダーに加えます。必要に応じて濾してください。

 

あなたへおすすめ