肝硬変の方に知ってもらいたい3つの生活改善アドバイス

21 8月, 2019
肝硬変は一生の病気です。これを機に自分の体をよく管理してみてください。
 

肝硬変は慢性的な病気ですが、生活の質を改善して状態を良くすることもできますので、あまり落ち込まないようにしましょう。今日は肝硬変に悩まされている方への3つのアドバイスを紹介します。

肝硬変は慢性的で完治しない病気で、患者さんの生活のクオリティーにまで影響を与えます。しかし、そんな病状をコントロールし、生活もシンプルで過ごし安くしてくれるアドバイスを試してみましょう。

病気は肝臓が働きすぎ続けることで起こります。例えば、多量のアルコールを長期間、または人生のほとんど飲み続けていたりすると、感覚組織に悪影響が現れます。俗に言う、線維症です。

この線維症が肝硬変へと繋がります。時間が経つにつれ、肝臓が縮まり硬くまります。原因箇所を取り除くと改善されますが、完治することはありません。

肝硬変に関するアドバイス

症状を緩和のためにできることもあります。肝硬変になると、下記のような症状が現れることがあります。

  • 体液貯留
  • 血栓の問題
  • 食道静脈瘤の出血
  • インポテンツ
腹痛に悩む女性

1、食生活の改善

肝臓の健康は食生活に大きく左右されます。下記は栄養に関する肝硬変治療のアドバイスです。

  • 量の多い食事は避けましょう。代わりに、食べ物が小分けにされた食事を1日5回に分けて食べるといいでしょう。
  • 多品目食べましょう。
  • 水を十分摂取しましょう。最低でも1日グラス8杯の水を飲むようにしましょう。
 
  • アルコールを断ちましょう。ほんの少しも飲んではいけません。
  • 正常な消化を妨げるので、早食いはやめましょう。

2、排便を気にかける

肝硬変の場合、排尿のパターンを気にかける事も大切ですが、排便も気にかけておきましょう。理由は、毒素が体外へ排出されなくなると、肝硬変が肝性脳症を引き起こしてしまう可能性があるからです。排便は毒を体の外に出してくれる大切な働きがあります。

排便のシステムの働きをよくしたければ、たくさん果物と野菜を摂取しましょう。1日1回の排便を確実にするために、下剤を処方する医師もいるでしょう。

排尿に関しては、1日に何度トイレに行くか数えるようにしましょう。もしあまり尿を出していなければ、体液貯留の可能性があります。医師にお腹の張り、尿の色、体重の変化などをチェックしてもらいましょう。

3、肌に気をつける

スキンクリーム

肌の問題は、肝硬変の患者さんによくみられる症状です。そこで、下記のスキンケアのアドバイスを試してみることが大切です。

他に気をつける事

今日は肝硬変になった場合に気をつける事について紹介しましたが、他にも気をつけたほうがよい事があります。例えば、肝硬変の方は疲れやすいので、運動する場合は、激しい運動は避けましょう。また腹筋運動は避けましょう。

 

体に変化が現れますが、できるだけ社交的に、友達に会ったり、外に出かけるようにしましょう。人を避け、引きこもってしまう傾向にありますが、よくありません良い臨床心理学者に相談するのもいいでしょう。

もし、老年期に肝硬変になった場合は、できるだけ転ぶリスクを軽減しましょう。処方された薬の作用で、衰えるかもしれません。滑り止めがついた靴をはき、お風呂にはゴムマットを引き、杖の使用も考慮しましょう。

肝硬変は一生の病気です。しかしご紹介したアドバイスは症状を緩和してくれます。これを機に自分の体をよく管理してみてください。

 
  • Aceves-Martins Magaly. Cuidado nutricional de pacientes con cirrosis hepática. Nutr. Hosp.  [Internet]. 2014 .  29( 2 ): 246-258. Disponible en: http://scielo.isciii.es/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0212-16112014000200003&lng=es.  http://dx.doi.org/10.3305/nh.2014.29.2.7024.
  • Somi M, Rahimi A, Moshrefi B, Razaeifar P, Maghami J. Nutritional status and blood trace elements in cirrhotic patients. Hep Mon 2007; 7 (1): 27-32.
  • Fuhrman MP, Charney P, Mueller CM. Hepatic proteins and nutrition assessment. J Am Diet Assoc 2004; 104 (8): 1258-64.