カンジタ膣炎を防ぐ5つの方法

23 1月, 2020
デリケートゾーンにかゆみを感じていますか? カンジダ膣炎についてご存知ですか?
 

イースト菌感染症、またはカンジタ膣炎は、カンジタとよばれる真菌が原因です。この最近は女性の膣内や内臓環境に常在する菌です。免疫力のおかげで、通常はカンジタ菌の活動は抑えられているので、体に害を及ぼしません。

健康体で、体を清潔に保って入れば、カンジタ菌の増殖は抑えられ、膣炎も予防できます。しかし、免疫力が低下し、バランスが崩れると、膣炎の症状が現れ、気づくこともあるでしょう。

カンジタ症の症状

デリケートゾーンのかゆみ

デリケートゾーン カンジタ膣炎

膣炎にもっともよくみられる症状はデリケートゾーンのかゆみで、不快感が強い症状です。膣の外側が不快感が強くなると、痛みや、赤み、かゆみが伴います。掻くのはやめましょう。患部が痛み、症状が悪化する場合があります。

こちらの記事もお読みください:カンジタ症の治療法

おりもの

カンジタ膣炎になると、白くて、粘り気が強く、臭いのあるおりものが出てくる場合があります。このおりものは、カンジタ膣炎ではなく、他の病気の症状である場合もあります。婦人科を受診し、症状を説明することをお勧めします。

排尿時の痛み

排尿時の痛み カンジタ膣炎
 

膣で炎症が起こると、排尿時に焼けるような強い痛みを感じる場合があります。不快な症状ですが、炎症の深刻さによって、症状の度合いがかわります。

膣が敏感になる

カンジタ膣炎になると、性交時に痛みを感じる場合があります。

症状の種類

上記で紹介した症状のあらわれ方は個人によって異なります。少し膣が敏感になったかな、くらいの症状しかない人もいれば、激痛におそわれる方もいます。また症状が1つしか出ない場合もあります。どのような場合でも、予防策をきちんと行うことをお勧めします。

カンジタ炎症を防ぐ方法

1、清潔を保つ

清潔さ カンジタ膣炎

デリケートゾーンを清潔に保つことで、カンジタ膣炎を防ぐことができます。清潔に保つ習慣を見直してみましょう。例えば、用をたした後は、前から後ろに向かって拭き取るようにしましょう。こうすることで肛門の細菌から膣を守ることができます

2、生理になっているときは特に気をつける

大人の女性4人に3人カンジタ膣炎になったことがあるといわれています。

3、特定の商品を避ける

タオル カンジタ膣炎
 

デリケートゾーン専用の石鹸や、デオドラントなどの商品がお店で買えるようになりましたが、それらの化学商品にはよく、膣内の細菌環境に影響を与える、酸性pHや他の刺激を与える成分が含まれています。

結果、そのような商品は避けたほうがよいでしょう。また、バブルバスやオイルなども避け、カンジタ膣炎になるリスクを下げましょう。

こちらの記事もお読みください:膣からの嫌な臭いを解消する自然療法9選

4、下着とタオルを定期的に替える

濡れたタオルは特定の真菌や細菌の増殖には、とてもいい環境です。ですから、きれいで乾いたタオルを使用することで、膣炎を予防することができます。

また、合成繊維のタイトな下着を身につけていると、菌の増殖を促してしまい、膣炎になる可能性があります。綿素材の下着を身につけ、デリケートゾーンもきれいで乾燥した状態を保ちましょう。

5、抗生物資を服用する

抗生物質 カンジタ膣炎

抗生物質を服用することで、カンジタ真菌などの、細菌を排除することができます。抗生物質をすでに服用しているにも関わらず、カンジタ真菌に悩まされている場合は、医師に他の薬の服用の必要があるかもしれないと相談してみましょう。

他の理由で、カンジタの予防が難しい場合もあります。例えば、糖尿病の女性は、血糖値のバランスを保つのが難しく、膣炎になりやすい傾向があります。血糖値が不均衡な場合、体内のイースト菌の増殖が早まるからです。よって、カンジタ膣炎になる可能性も高いということです。

 

妊娠中の女性もカンジタ膣炎になりやすい傾向にあります。妊娠中は膣内が酸性で、細菌が増殖しやすい環境です。

ですから、デリケートゾーンを清潔に保つことを習慣づけて、この不快な膣炎を予防しましょう。