ご用心! トキシックショック症候群と/タンポンの関係って?

· 12月 14, 2016
トキシックショック症候群(TSS)は、通常湿度の高い環境で繁殖する細菌によって引き起こされます。

トキシックショック症候群は新しい病気ではありません。その発症を予防しようと努力されているにも関わらず、命を落とす人たちが世界中の多くの地域で見られます。

これは黄色ブドウ球菌などが産生する毒素によって引き起こされる重篤な病気で、その症例の半数近くがタンポンなどの女性のための生理用品の使用に関連していると言われています。

まれな病気ではありますが、近年症例が増加しており、深刻な結果を招きかねませんから、十分な注意が必要です。

中でも最も注目を集めたのは、アメリカのファッションモデル、ローレン・ワッサーさんのケース。彼女はこの病気にかかり、その結果片脚の切断を余儀なくされましたが、その原因はタンポンの使用にあると考えられています。

27歳のワッサーさんは、もう少しで彼女の命さえ奪いかけた感染症に責任があるとして、Kotex社「ナチュラル・バランス・タンポン」に対し訴訟を起こしました。

明らかにタンポンが原因とされているのは、報告されている症例の半分以下であると言われていますが、現在もタンポンの使用に対して厳しい勧告がなされているのも確かです。今回はトキシックショック症候群の特徴と症状・タンポンとの関係・その予防法をご紹介します。

トキシックショック症候群ってどんな病気?

タンポン

トキシックショック症候群(TSS)は、深刻で時には死に至る病であり、黄色ブドウ球菌や化膿連鎖球菌などの細菌が異常繁殖し、敗血症による死をもたらすほど強力な毒素を産出する時に発症します。

男女・年齢を問わず、TSSにはだれでもかかる可能性がありますが、最初に診断された症例は、生理中にタンポンを使用していた女性たちの中に見つかりました。

1980年代にこの病気を発見した微生物学者フィリップ・ティエルノ博士とそのチームは、その原因は人工素材が細菌に提供した条件にあると断定しました。

これらの素材の多くは、現在、工業用の使用が禁止されていますが、TSSの症例は今でも報告され続けています。

ただしTSSの症例の半数は、生理中のタンポンの使用ではなく、火傷や外科手術後の局部感染など他の原因と関係があることも知っておく必要があります。

こちらの記事もお読みください:女性ならぜひ知っておきたい生理痛の原因と自然療法

どうしてタンポンがトキシックショック症候群と関係があるの?

タンポンをなぜ使うか

これまでのところ、タンポンの使用とトキシックショック症候群の間のつながりは完全には証明されていません。でもその重大な証拠として、この数十年間の多数の症例が挙げられます。

細菌学者や感染症の専門家たちは、これらの製品には吸収力があり膣内にとどまるため、ブドウ球菌の毒素賛成量が増加し、その毒素が繁殖するのに最適な条件を提供していると示唆しています。

また、これが膣内の酸素濃度を高めるため、感染症のリスクが増加します。

これらの理由から、タンポンを使う時は十分に注意を払い、吸収量が最も少ない製品を常に選ぶよう推奨されています。

どんな場合でも、同じタンポンを8時間以上使用してはなりません。

トキシックショック症候群の症状って?

報告されている一般的な症状としては、全身におよぶ不快感・高熱・意識の混濁・めまいなどが挙げられます。

症状が進むと、血圧が上がり、肌に変化が見られるほか、嘔吐や下痢がひんぱんに起こります。

突然急激な症状が現れるため、腎不全や肝臓・心臓の問題など、深刻な合併症を引き起こすおそれがあります。

すみやかに治療を受けなければ、死さえ招きかねません。

どんな治療法があるの?

入院

トキシックショック症候群の一般的な治療法には、水分補給と毒素産生をくいとめることできる抗生物質の投与とが含まれます。

重要臓器の回復をはかる医薬品も使われます。これには、血圧降下剤・支持療法・体液回復などが挙げられます。

膿瘍がある場合は、患部を切開して膿を出します。

血圧や呼吸、臓器の働きをモニターするために、患者を医師の観察下に置くことが必要です。

こちらの記事もご覧ください:高・低血圧の原因と症状

予防のために、どういうことに気をつけたらいいの?

花

タンポンが原因の感染症はまれですが、だれでもかかる可能性があります。特に正しく使用していなければなおさらです。

  • タンポンは8時間以上使用しないようにしなければなりません。4~5時間ごとに取り替えるのが理想的です。
  • 生理がひどい時は、生理用ナプキンか月経カップを使うようおすすめします。
  • できれば、タンポンは特別な場合にのみ使用しましょう。例えばビーチに行く時や運動する時、白い服や体にピッタリした服を着る時などです。
  • 吸収量の少ないタンポンを選ぶことが理想的です。なぜなら吸収する血液量が多いほど、この病気にかかるリスクが高くなるからです。
  • 細菌の繁殖を避けるため、タンポンは涼しく乾燥した場所に保管するようにしましょう。

トキシックショック症候群は、ただちに医学的処置を必要とする病気です。それを怠ると、死につながるおそれがあります。

ですから、上記のような症状を体験しており、危険因子がはっきりしている場合は、ただちに医師の診断を受けるようおすすめします。