必読!絶対に無視できない腎不全の8つの症状

· 7月 31, 2016
腎不全の兆候は、他のよくある病気とまちがえられやすいため、よくよく注意が必要です。もし以下に挙げる症状のうち2つ以上が当てはまるなら、医師の診断を受けることが大切です。

腎臓は、肋骨のすぐ下、左右一つずつある臓器で、全身の健康にきわめて重要な役割を果たしています。1日に120~150リットルの血液をろ過し、尿として排出する役割を担っているのです。

正常に働いている腎臓は、血液中に余分な体液や老廃物が溜まるのを防ぎ、血液をきれいにして、感染症を予防します。

腎臓には、体内の電解質のバランスを保つ・赤血球の生成を助ける・血圧をコントロールするなどの働きもあります。

このため、腎臓の健康に起こるどんな変化も、深刻な病気を引き起こし、生活の質を低下させる可能性があるのです。

腎不全は最も一般的な病気のひとつですが、その初期症状を全く見逃してしまうケースがほとんどです。

これらの症状が他のもっと一般的な病気とまちがえられやすいため、深刻な問題であるにも関わらず、多くの人たちが注意を払おうとしないのです。

腎不全の治療の鍵は、早期発見だということを覚えておきましょう。今回は、絶対に無視できない8つの腎不全の症状をご紹介します。

1. 腎不全の症状としての浮腫(むくみ)または炎症

足のむくみ

腎不全は、細胞内の体液貯留を引き起こし、その結果として炎症を起こす可能性があります。

同じ症状を伴う病気は他にもいくつかありますが、ほとんどの場合、腎臓の問題が原因です。

浮腫(むくみ)が現れやすい体の部位を挙げると……:

  • 足首
  • 腹部

こちらの記事もお読みください:むくみの原因とは?

2. 腎不全が原因の吹き出物

腎不全になると血液中に毒素がたまり、それが皮膚まで運ばれていくことがあります。

その結果、ニキビ・蕁麻疹・強烈なかゆみなどの症状が現れます。

薬用クリームやローションを塗れば、ほとんどの場合症状を軽減することができますが、最も効果的な治療法は、徹底した腎臓デトックスを行うことです。

3. 尿の変化

尿検査

尿の変化はだれでもすぐ気づきもの。腎不全の最も顕著なサインがこれです。

尿の変化には以下のものが含まれます:

  • 排尿時の圧力・排尿困難
  • 血尿
  • 尿の色が濃い、または臭いが強い
  • 尿の量が増える、または減る
  • 尿が濁っている、または泡立つ
  • 夜間の頻尿
  • 尿もれ
  • 排尿を終える際に灼熱感がある

4. 疲労感

腎臓の主な役割のひとつは、エリスロポエチンというホルモンを生成すること。このホルモンが骨髄に送られて、赤血球の生成を助けます。赤血球は血液をとおして体の隅々まで酸素を運ぶ役割を果たします。

あなたの腎臓のどちらかが働かなくなると、エリスロポエチンの生成量が減り、その結果として疲れを感じるようになります。

このため、腎不全が原因で、疲労感・筋肉痛・集中力の低下などの症状が起こる可能性があります。

こちらの記事もご覧ください:朝の疲労感:その原因と自然療法

5. 寒気がする

寒気

腎不全は赤血球数を減少させるため、貧血になるリスクが増大します。

それに伴って、気力が低下し、ひどく寒気がして、気分が悪くなることがあります。

この状態に陥っている人は、日光を浴びても寒気が去らず、体が冷えると訴えるケースが多いようです。

6. 腰痛

鋭い腰の痛みやわき腹の痛みは、腎臓病の兆候である可能性があります。

この種の痛みは、多発性嚢胞腎・腎臓結石・肝臓疾患などに関係があり、長時間立ったままでいた後にひどくなるのが一般的です。

腎不全の初期症状のひとつですから、一般的な腰痛とまちがわないようにしなければなりません。

7. 口の中に金属の味がする

口元を隠す女性

腎臓が損なわれると、血液中の毒素の量が増加するため、細胞に異常をきたし、いくつかの症状を引き起こします。

腎不全の患者さんの多くは、ものを食べているときにいやな味がする・食後に息が臭いなどの症状を体験します。

口の中にアンモニアなど金属様の味がすると感じ、食物を楽しむことができず、それが栄養失調につながることがあります。

8. 吐き気と嘔吐

はっきりした理由もなく、ひっきりなしに吐き気があったり嘔吐したりする場合は、腎機能になんらかの問題がある危険信号かもしれません。

腎機能低下に伴い、血液中の老廃物がきちんと排出されなくなるため、これらの症状がますます悪化し、食欲不振を伴います。

腎不全の症状は人によってちがいますし、病気の進行度によって変化します。

ここに挙げた症状のうち2つ以上を現在体験しているなら、必ず医師の診察を受けるようおすすめします。