考え過ぎが引き起こすこと

· 1月 19, 2017
考え過ぎるあまり心身のバランスを崩すことがあります。 考え過ぎているなという自覚症状があっても考えることをやめられないときは、あなたを焦らせているのはあなたの心だけだと思い出してください。

身の回りで起こることについて考えすぎていませんか?

何かを考えすぎて寝られなくなったことはありますか?

考え過ぎな人、そして深く考えなさ過ぎる人がいます。どちらも正しいとはいえませんが、考え過ぎは特に悲惨な結果を生み出します。

考え過ぎはあなたの人生において最大の敵となることもありますので、今日からこの悪い習慣を改善するように心がけてください。

 

考え過ぎは新しいことに挑戦するときの妨げとなる

ねじ式の女性

考え過ぎの人は、現実の世界で行動を起こして過ごす時間よりも、自分の頭の中で考える時間ばかりが長くなりがちです。

行動に移さない限り抜け出せないような状況でも、惰性的に考え続けているだけというケースもあります。

考えることばかりに時間を費やしている自分に別れを告げて、現実の世界に目を向けて、立ち向かうことが大切です。

現実の世界は、退屈で思い通りにいかないこともあります。また自分の考えを行動に移すのが怖いと考える人もいるかもしれませんが、よく考えてください。

本当に「怖い」ものとは何でしょうか?

考え過ぎて何もしない状況が一番「怖い」のではないでしょうか?

頭の中で考えるだけで、現実と向き合わず、過去の思い出や自分の将来を夢見るだけで、何も行動しないなら、何も実現することはできないですし、困難な状況から抜け出すことも不可能です。

考え過ぎる人は、現実の世界から離れてしまい、自分の人生に対して受け身になっています。

頭の中で考えるな、といってるのではありません。自分の考えを現実の世界で実行することが大切なのです。

こちらもご覧ください 同情や罪悪感または恐怖心から関係を続けるとき

 

自分の意見や心配事

考え過ぎの人は、考えすぎると同時に、心配し過ぎる傾向にあります。

考え過ぎるのは、自分の過去の出来事や、現状、そして未来に起こること、または自分の周りにいる人々のことなど、常に何かを心配しているからであり、逃れられない悩みの渦に巻き込まれているからなのです。

心の不安感が心配を生み出し、自分では気づかないうちに心配する必要のないことまで考え過ぎていることが多くあります。

心の葛藤

 

過去の思い出について、くよくよと思い起こして考えるあまり、追体験を繰り返していませんか?

過去の出来事は非常に腹立たしいものだったかもしれませんし、すでに友人に話したのにまだ怒りが収まらないのかもしれません。

過去の出来事を、まるで小説を読むかのように何度も何度も頭の中で繰り返し「あのときあの出来事が起こらなかったら、今はこうなっていたかもしれない」と過去を何度も思い返すことは時間の無駄としかいいようがありません。

なぜなら過去を変えることはできないからです。自分がこれまでに経験した過去の出来事について考えるのは時間の無駄ですので、今すぐやめましょう。

囚われている過去の思い出に別れを告げ、現在の自分に目を向けて現実に直面することで、新しい一歩を踏み出しましょう。

 

考え過ぎを解消する方法

自分の人生について深く考え過ぎるあまり、自分に対して批判的になったり物事を細かく考え過ぎているのならば、今すぐ止めてください。

どうしても考え過ぎてしまうときは、これからご紹介する方法をお試しください:

  • 友人と話す:方向もわからないまま1人で考え過ぎるのを防ぐ効果があります。自分の心配事を友人に話すことで、友人の口から、考えすぎる必要のない状況であることを教えてもらうのが良い解消方法です。
  • 自分の考えを書き出す:自分の考えを日記などに書きだすのは非常に効果的な方法です。必要以上に考え過ぎてしまう状況から抜け出し、別の角度から客観的に状況を判断することもできます。
  • 気を紛らわせる:自分が興味を持っていることを始めて忙しく過ごすことで、考え過ぎを防ぐ効果があります。忙しく、そして楽しい時間を過ごしているうちに、気になって仕方がないことを考えない時間が増えます。私たちは、暇で考える時間がたくさんあるときに、無駄なことを考える傾向にあるからです。忙しく過ごすことで自分に考える時間を与えないようにする良い方法です。
  • 自分の考え過ぎを自覚し「やめなさい!」と自分に話しかける:何かを心配し考えすぎてしまう人は、自分に向かって「もう十分!」と話しかけましょう。そうすることで、罠にはまったかのように考えるのをやめられなかった事から抜け出し、他の物事に集中して取り組むことができます。必要な限り何度も自分にいい聞かせましょう。

こちらもご覧ください 心をクリアにしてぐっすりと眠るための方法

鬱

「あ、今の自分は考えすぎてるな」と気づいた瞬間はありませんか?

何の価値もない問題を、さも重要な問題であるかのように考え過ぎて時間を無駄にしていることがあります。

例えば、友達が昔のように自分と連絡をらないからといって、あなたを軽蔑しているわけではありません。ただ忙しいだけかもしれませんし、忙しいあなたを気遣って連絡を控えているのかもしれません。

このように、考えても何の結論もでないことや、考える必要のないことを考えすぎて時間を無駄にしてはいけません。

あなたが悩んでいることは、あなたの心が生み出した問題であり、現実社会では、それほど重要な問題ではないのですから。