潰瘍性大腸炎を緩和する9つの自然療法

9月 24, 2019
潰瘍性大腸炎を発症したら、症状を抑えるのに役立つ食べ物を積極的に食べることが大切です。また、症状を悪化させる喫煙や飲酒などの悪習慣を改善することも忘れてはいけません。

自然療法は、健康に有益な選択肢の一つです。

潰瘍性大腸炎は複雑な病気ですので、発症したら必ず医師の診察を受けてその指示に従うことが大切ですが、患者の生活の質を維持するのに役立つ自然療法があります。

潰瘍性大腸炎とは何ですか?

潰瘍性大腸炎は、潰瘍を伴う結腸の炎症で、生涯にわたる治療を必要とする慢性疾患です。

潰瘍性大腸炎は、大腸がんを引き起こす可能性もあるため、注意が必要です。

薬用植物や食品は、潰瘍性大腸炎の症状の緩和と合併症や再発の予防に役立ちます。

ただし最初にお話ししたように、潰瘍性大腸炎の治療には医師の指示による医療的な治療が不可欠です。

専門医による治療とアドバイスに従いながら、本記事でご紹介する自然療法を活用してください。

ご存知ですか?:腸管感染症のための3つの自然療法

潰瘍性大腸炎を緩和する9つの自然療法

潰瘍性大腸炎を緩和するアロエベラ

潰瘍性大腸炎を緩和するための自然療法にはいくつかのオプションがありますが、その中でも抗炎症性作用のある植物は、刺激を受けた腸をリラックスさせるのに役立ちます。

また、痛みを軽減してがんのリスクを減らすとも考えられています。

1.アロエベラ

アロエベラは、強力な抗炎症作用と消化機能を改善する効果が期待できる自然療法薬です。

アロエベラの利点を活用するのに必要な量は、毎日ほんの少量です。

材料

  • アロエの茎 1本(内側のゲル)

使用方法

  • アロエベラのゲルを取り出した後、少量の水と混ぜて濃い液体を作ります。
  • 朝と夜の1日2回、コップ半分(100 ml)を4週間続けて飲んでください。

2. ウコン

ウコンの活性化合物であるクルクミンの抗炎症作用が、酸の分泌を減らして、胃を保護します。

使用方法

  • 小さじ1/2のウコンをコップ1杯の水(200ml)に溶かし、朝食後と夕食後に飲んでください。
  • また、朝食と夕食に小さじ1/2のウコンを加えることができます。ウコンは、料理、シチュー、ご飯などの着色に最適です。

3. パイナップルジュース

潰瘍性大腸炎を症状を緩和する方法の3つ目は、パイナップルジュースです。

パイナップルに含まれるブロメラインには抗炎症作用があるため、消化器疾患の症状を緩和するのに最適です。

毎日パイナップルジュース(400 ml)を2回に分けて飲むと、潰瘍性大腸炎の症状が緩和する効果があります。

4. キャベツジュース

キャベツジュースを作って飲むと、腹痛がすぐに和らぎます。

キャベツジュースの風味をよくするために、蜂蜜や天然甘味料を加えてください。

5. 生姜茶

1日2回、生姜茶を飲むのもお勧めです。

摂取方法

  • 生姜をすりおろしたら、沸騰した湯の中に入れて10分間火にかけて抽出します。
  • 漉した後、蜂蜜とレモン果汁を加えます。

6. カモミールティー

潰瘍性大腸炎を緩和するカモミールティー

カモミールティーは、潰瘍性大腸炎の症状を抑制するのに役立ちます。

カモミールの持つ鎮痛作用および抗炎症特性が、結腸を病変から保護します。

材料

  • 水 2カップ(500 ml)
  • カモミール 大さじ2(30 g)
  • 蜂蜜 大さじ1(25 g)

使用方法

  • 水が沸騰したら、カモミールを加えます。
  • 数分間火にかけて抽出します。
  • 火から下ろしたら蓋をして冷まします。
  • 適温になったら漉し、蜂蜜を加えて甘みをつけます。
  • 毎食前、1日3回飲んでください。

7. ライスウォーター

朝起きてすぐの空腹時に1杯と就寝前に1杯飲むことで、潰瘍性大腸炎の症状を抑えるのに役立ちます。

材料

  • 白米 1カップ(200 g)
  • 水 3カップ(750 ml)

作り方

  • 水と米を一緒に25分間加熱します。
  • 冷ましたら漉してください。
  • 出来上がりです。

8. 鉄分とリンが含まれるリンゴ

鉄分とリンが豊富なリンゴは、潰瘍性大腸炎の痛みを和らげる優れた自然療法薬です。

材料

  • リンゴ 1個
  • 水(必要な量)

準備

  • リンゴを小さく切ります。
  • リンゴを湯せんにかけて調理してください。
  • 1日2回食べてください。

こちらもご参照を:食事にプラスしたい抗炎症作用のある6つの食材

9. キャベツウォーター

キャベツウォーターには、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質、そして食物繊維が含まれているため、効果的な自然の鎮痛剤として作用します。

また体内のクレンズに効果を発揮するだけでなく、抗炎症作用もあるため、潰瘍性大腸炎に最適です。

使用方法

  • キャベツの葉10枚を2カップの水(500 ml)で煮ます。
  • 弱火にして約5分火にかけた後冷まします。
  • 1日2回、朝と午後に飲んでください。
  • 3週間継続してください。

潰瘍性大腸炎に関する推奨事項

  • 毎日バナナを3本食べると、結腸の炎症を減らすのに役立ちます。
  • オリーブオイルをスプーン3杯摂取する方法も効果があります。
  • オメガ-3脂肪酸は潰瘍性大腸炎の症状を軽減します。
  • 毎日の食事に亜麻仁油、ナッツ、鮭、魚油を加えると効果が期待できます。
  • ニンジンはベータカロチンの含有量が高いため、損傷した腸粘膜の修復に役立ちます。

今回の潰瘍性大腸炎を制御する自然療法は、症状の緩和や生活の質の向上に役立ちますが、必ず医師の指示に従った治療を行いましょう。