大腸ガンを早期発見する

· 2月 15, 2016

大腸ガンは大変危険で、発見しにくい病気です。今日はどのようにして大腸ガンを早期発見するかについて見ていきましょう。

大腸ガンは世界的に見て、最も良くあるガンの一つです。大腸や直腸と呼ばれる消化器系の一部に発症するガンで、一般的に10〜15年かけて成長します。最初は大腸の組織がかすかに膨れることから始まり、そのうちにガン組織となります。

大腸ガンは、最初は大変微かなもので凝固体にもならず、危険を警告してくれるような症状は何もありません。だからこそ、気づいた時には何年も経っていて、すでに遅すぎるという危険があるのです。定期検診を受け、排便時の変化には常に注意を払うことが大切です。排便時の変化は大腸ガンの最初のサインとなり得るからです。

こんな症状には是非ご注意!

大腸ガンで嫌な点は、初期にはっきりと特徴ある症状が現れないことです。単なる消化系のトラブルと間違ってしまいがちな小さなサインが現れます。従って、排便時の変化、血便など何か消化器系のトラブルが見られたらすぐに医療専門家に相談することが大切です。

大腸ガンの早期発見に繋がる症状が以下です。

  • 便が黒い、血が混じっている
  • 消化に影響する腸の変化
  • 下腹部の痛み
  • 下痢、いきみや腸が完全に排出されていないような感覚
  • 便が出にくい
  • 激しいお腹の痛み、膨張感、ガス
  • 腸の閉塞
  • 血便からの鉄分不足による慢性的な貧血
  • 常に疲れや倦怠感を感じる
  • 体重の減少、食欲の減退
  • 発熱、不快感

大腸ガンを予防するには

大腸ガン

大腸ガンを予防することは不可能ではありませんし、私たちは皆、予防に取り組むべきでしょう。大腸ガンを予防する方法は様々ですが、何が自分に一番合っているかを知ること、そして大腸ガンが発症してしまうリスクはどれ程かについて知っておかなくてはいけません。

  • 大腸ガンを予防する方法の一つとして、まずは遺伝的要素について気をつけましょう。家族の病歴を知り、家族の中に大腸ガンを患ったことのある人がいないか確認しましょう。それを知っておくことで何か症状が出た際のガン早期発見へと繋がります。
  • 大腸ガンの症状かもしれないという症状があるなら、すぐに専門医のところに行き、検査しましょう。結腸内視鏡検査を受けるのがベストです。
  • 50歳以上の方は、大腸ガンのリスクが高くなります。50歳以上の方は頻繁に定期検診を受けましょう。
  • タバコやお酒は止めましょう。世界がん研究基金の研究結果によると、タバコやお酒は大腸ガンを引き起こすきっかけとなります。
  • 他の病気の予防でも言えることですが、食べるものに気をつけることも大腸ガンを予防する方法の一つです。栄養には病気を癒したり発症を防いだりする大きな役割があります。大腸ガンの場合で言えば、赤身の肉を避け、鶏肉や魚を食べるようにしましょう。全粒の穀物、レンズ豆、全粒粉、ドライフルーツ、オーガニックの野菜、カルシウムが豊富な食べ物を食べましょう。
  • ビタミンD、ミネラルが豊富な食べ物を食べましょう。
  • 一般的な体の健康や内臓の健康のためには水を飲むことが大切です。毎日水を飲むことが大腸ガンの予防に繋がります。
  • 精製された白砂糖の摂取を控えましょう。代わりにハチミツやアガベなど天然の甘味料を使いましょう。
  • 活動的に日々を過ごしましょう。太り過ぎの大腸ガンだけでなく他の病気にも罹りやすい傾向にあります。
  • 健康的な趣味を持ちましょう。例えば1週間あたりに1日30分×4日間のエクササイズを行うと、内臓の健康が促進され、病気の予防になります。