10歳若く見せる方法

· 6月 26, 2016
10歳若く見せる簡単な方法は、毎日のお手入れに保湿液を使い、コラーゲンの再生を促し、肌にハリを取り戻し、シワを防ぐことです。

女性なら誰もがより美しい肌を手に入れ、実年齢よりも若く見せたいと思うのではないでしょうか。もちろん簡単なことではないのは皆承知の上だと思います。若く見せるために、化学物質がたくさん含まれた美容商品に手を出したり、副作用が考えられる美容整形をする人もいるかもしれません。効果はあるかもしれませんが、お金を出せばどのような方法でも上手くいくとは言い難いでしょう。ラッキーなことに、お金をかけなくても若く見せることはできるのです。自然に数歳は若く見せることができるでしょう。

10分間で10歳若く見せられるなんて信じられますか? 夢のように聞こえるかもしれませんが、普段ちょっと気をつけるだけで実現可能なのです。それでは、わずか10分で10歳若く見せる方法をご紹介しましょう。

眉毛を描く

眉毛を描くと簡単に若く見せることができます。自然に描くことでより素敵に見えるでしょう。眉毛を描くときはペンシルか眉毛ブラシを使いましょう。パウダーとペンシル両方を使うことがポイントです。ペンシルだけだと不自然な印象になりますが、パウダーをのせることで自然に見せられるからです。

保湿液を使う

日常的に保湿液を使っていないという人は、是非今日から保湿液を使ってください。違いにきっと驚くはずです。コラーゲンの再生や肌の張りを取り戻すと宣伝している高額なクリームを買う必要はありません。シンプルな保湿液でも肌の乾燥を防ぎ、シワを予防します。天然の素材を使って、自宅で保湿液を作ることもできます。

若々しい香水をつける

見た目に加え、若々しい香りの香水を付け、実年齢より若く見せましょう!信じがたいかもしれませんが、若々しい香水をつけると若く見えるのです。香りによって年齢をイメージするという結果を出している研究も幾つかありますので、香水を選ぶときは目的に合ったものを選びましょう。若く見せたいのならローズやフローラル系の香水は避けましょう。ローズやフローラル系は年配の女性をイメージします。

メイクアップシャドーは柔らかく

2-makeup

歳を取るにつれ、よりしっかりと化粧をしなくてはいけないような気がするかもしれません。しかし、若く見せるなら、”厚化粧は危険”だと覚えておきましょう。強い色のメイクアップを付けることはシワを目立たせるのです。アイライナーは黒ではなくダークブラウンかプラムを選び、アイシャドウは薄いピンクかヌードカラーを使いましょう。

チーク

若く見せるならチークも重要なポイントです。様々な肌タイプに合わせたチークやフェイスカラーが販売されています。あなたの似合う色を選び、チークを入れる場所を間違わないようにしましょう。どのようなカラーが自分に合っているのかよくわからないという人は、百貨店のコスメカウンターを利用するなどしてアドバイスを受けるのも良いでしょう。

乾燥肌の人や顔にシワのある人は、クリームタイプのチークがオススメです。チークの乗りがよく、パウダータイプを使うよりも綺麗に仕上がります。

リップグロス

3-lip-gloss

リップグロスは唇に潤いを与え、健康的に見せてくれます。現在、リップグロスを付けるのはメイクの主流となっており、様々な種類が販売されています。リップグロスを付けると数年は若く見えるでしょう。また、唇に水分を与えてくれますのでまさに一石二鳥ですよね。

手のケアをする

顔のお肌と同じくらい大切でケアが必要なのは手です。手は、環境による影響を日常的に受けやすい部分ですので、特に気をつけてケアしなくてはいけません。しっかりと保湿をして日焼けを予防し、健康的に若く見せるようにしましょう。

歯を白くする

4-perfect-teeth

輝く白い歯は若さの象徴です。天然の素材を使って歯を白くする方法はたくさんありますし、歯を白くするタイプの歯磨き粉やマウスウォッシュも効果的です。

ヘアスタイルを変える

新しいヘアスタイルにすると、それだけで10歳は若く見えます。髪が長いと、その分枝毛にもなりやすいですし、日光からのダメージも受けやすくなります。定期的にヘアカットをし、明るめの色でハイライトを入れるとより若く見せることができるでしょう。

頻繁にsexする

スコットランド、エジンバラのロイヤルホスピタルの心理学者であるウィークス医師は、頻繁にsexをする人は男女問わず実年齢よりも5歳〜7歳若く見えると近年発表しました。この研究の結果によると、週に2〜3回sexをすることで、健康的で生き生きとした容姿を保つことができるとされています。