女性の避妊手術:卵管結紮術の特徴と手順

卵管結紮術は、女性の卵管を糸で縛る外科的な避妊法です。今回は、卵管結紮術の手順とこの避妊法を選択するのに最適な時期についてお話しします。
女性の避妊手術:卵管結紮術の特徴と手順

最後の更新: 25 5月, 2021

卵管結紮術(らんかんけっさつじゅつ)は、女性の卵管を糸で縛って閉じる外科的処置であり、この避妊法を行うと妊娠をしなくなるという理論です。通常は卵管を通過する精子を、卵管を縛ることでブロックし、卵管で受精が行われないようにする効率的な避妊法です。月経周期にはまったく影響せず、精子を卵巣領域から遠ざけるだけの外科的処置となります。

他の避妊法とは異なり、卵管結紮術は恒久的な避妊方法です。元に戻すことが可能な方法もありますが、これにはまた別の外科的処置を行う必要があります。そのため、卵管結紮術は、一般的には恒久的な避妊を目的とした外科的処置を伴う避妊法であると定義することができるでしょう。

卵管結紮術の有効性は非常に高いです。一般的な推定では、この手術を受けた場合、術後の最初の1年間に妊娠する可能性があるのは100人に1人ほどだと言われています。術後 10年目までの妊娠率は1.8%と非常に低い数値です。

卵管結紮術

卵管結紮術を推奨する前に、術前検査を行う必要があります。これは、患者の血液と心臓の状態を評価して、麻酔に適しているかどうかを確認してから手術を行う必要があるからです。

卵管結紮術の際には麻酔を使用しますが、これは局所麻酔または全身麻酔です。外科的処置を行う領域が十分に麻痺するとすぐに手術が開始されます。現在では、内視鏡外科手術が最も一般的な手法です。

腹部を小さく切開し、手術器具を挿入して動きを確認しながら行います。また、ガスを使って臓器を拡張し、小さなはさみとクランプ(箝搾子)と呼ばれる器具を使って卵管の処置を行います

卵管を閉じる卵管結紮術の中には、特別なハンドやクリップ、または電子メスなどを使って塞ぐ方法もあります。

処置後の回復は非常に速く、通常は手術を受けた日に帰宅することができ、病院やクリニックに入院して一晩過ごす必要はありません。

女性 避妊手術 卵管結紮術 特徴 手順

卵管結紮術は、卵子への精子の流れを妨害および停止します。

こちらもご参考に:女性用コンドームについての7つの質問

卵管結紮術を行う時期

卵管結紮手術は、他の健康上の問題がない限り、特にその時点で女性が妊娠していなければほぼいつでも行うことができます。つまり、卵管結紮術を行う時期は、主に処置を受ける女性の決定によるということです。

医療専門家の観点から、卵管結紮術を行うのに最良の時期を3つご紹介します。

1.妊娠中でないとき

この期間には女性が妊娠していないとき、または出産後のすべての時期が含まれます。子供がいる患者でも子供がいない患者でもかまいません。医師は月経周期の初日に手術を計画します。これには月経後の最初の1週間は組織内の血流が少ないため、快適に手術を行うことができるという理由も含まれています。

2.帝王切開中

卵管結紮術を含む帝王切開を計画することができます。麻酔の使用を利用して、卵管を塞ぎます。

3.産後

妊娠中の女性が産後に卵管結紮術を行うと決意した場合、膣管を介して出産を行い、出産後48時間以内に卵管結紮術を計画することができます。主な利点は、患者が病院やクリニックにすでに入院しているということです。

女性 避妊手術 卵管結紮術

卵管結紮術は帝王切開と一緒に行うことができます。

こちらもご覧ください:避妊薬を中断する?しない?

卵管結紮術:術後ケア

卵管結紮術の直後は休息が必要です。不必要な動きや突発的な動きは行わないようにしてください。

帰宅後は、医師からの指示による注意すべき兆候や症状について気を付け、注意を払う必要があります。たとえば、発熱や便秘、または腹部に非常に強い痛みがある場合は、すぐに医師に相談する必要があります。また、激しい膣分泌物がある場合や外科的創傷に膿がある場合は、すぐに医師に連絡しましょう。

卵管結紮術後の最初の1週間は性交を控えるべきです。また、このタイプの避妊法は性感染症を予防する避妊法ではないことを心に留めておく必要があります。

長期的にみて、卵管結紮術が女性に劇的な変化をもたらすことはありません。卵管結紮術後に体重が増加したり、性行為中の快感が低下すると言うのは、間違った情報です。このような理論を支持する科学的研究はありません。

卵管結紮術を検討しており、これが自分の現状に適した避妊法だと思ったら、まずは医師に相談してください。 婦人科医に相談すれば、卵管結紮術についての理解を深め、自分が抱いている疑問をすべて解消することができるでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
女性用コンドームについての7つの質問
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
女性用コンドームについての7つの質問

女性用コンドームは避妊だけでなく、性行為によって性感染症に罹らないようにする手段です。実際に女性用コンドームを試して見る前に、女性用コンドームについて詳しく知っておきましょう。女性用コンドームは2つのリングから成り立っています。正しく装着するためには、次のことを覚えておきましょう。



  • Pecheny, Mario, et al. “Ligadura y vasectomía: obstáculos para su accesibilidad.” AL Kornblit, AC Camarotti y G. Wald (comp.), Salud, Sociedad y Derechos (2012): 315-338.
  • del Río Fortuna, Cynthia. “Elecciones en anticoncepción quirúrgica: una mirada sobre la relación entre la técnica y la persona.” Runa 30.1 (2009): 79-95.
  • Gervaise, A., and H. Fernandez. “Técnicas de esterilización femenina.” EMC-Cirugía General 11.1 (2011): 1-10.