注射による避妊法について知っておくべきこと

17 4月, 2020
注射による避妊法は、妊娠を防ぐための非常に効果的な方法です。その有効率は99%ですが、それは正しいタイミングで適用された場合のみです。今回は、この避妊法について詳しくお話しします。
 

注射による避妊法は、妊娠を一時的に防ぐために注射器を使って、腕や臀部に物質を投与する避妊法です。これは女性にとって非常に効果的な避妊方法です。この避妊法を正しく使用した場合、100人に対して妊娠するのは約1人という確率だと推定されています。

注射による避妊法に使われている物質により、この注射の効果は1〜3か月続く場合があります。この毎月の注射を行う方法は、10代の女性に広く推奨されています。その理由は、この避妊法にはより低量のホルモンが使われているからです。

注射による避妊法は、投与した日から約33日間女性を保護します。この期間が経過すると、1日逃しただけでも妊娠に対する予防効果はすべてなくなります。したがって、女性は毎月同じ日に注射を行うスケジュールを設定して、確実に投与を受ける必要があります。

ここから示すように、より長い時間効果が持続する注射による避妊法があります。この避妊法について知るには、本記事をこのまま読み続けてください。

注射による避妊法はどう機能しますか?

注射による避妊法は、女性の体内で合成されるホルモンと同様の排卵を抑制するホルモンが含まれています。このタイプの注射には「デポ・プロベラ」、「デポ剤」、「注射による避妊法」、「デポ酢酸メドロキシプロゲステロン(DMPA)」など、さまざまな名前が付いています。

前述したように、この注射は排卵を阻害するホルモン、正確にはプロゲスチン注射ですが、プロゲスチンとエストロゲンの組み合わせもいくつかあります。プロゲスチン注射の効果は、2〜3ヶ月ですが、エストロゲンと組み合わせると、その期間は1か月です。

プロゲスチンは排卵を防ぐことにより妊娠を予防します。卵管に未受精卵がない場合、妊娠は起こりません。さらにこのホルモンは、子宮の頸管粘液を厚くすることで、精子の通過を困難にします。

 

注射による避妊法の長所と短所

注射による避妊法について知っておくべきこと 避妊方法
注射による避妊法を選択する前に、その長所と短所について考慮することが大切です。

ほとんどの避妊法と同様に、注射による避妊法にも長所と短所の両方があります。避妊を目的としてこの方法を使用するかどうかを決めるのは、各自の責任です。

最初に長所を説明します。注射による避妊法は、前述したように、失敗率が1%未満のとても効果の高い方法です。そして、性行為を妨げることもありません。同様に、この注射がニキビと月経前の症状を改善する可能性があることも、言及しておくべきでしょう。

女性は1か月に1度注射の投与を受けるため、その使用は目立たず、信頼できます。ただしこの方法では、HIVをはじめとする性感染症から保護することはできないという点を、念頭に置く必要があります。医師は授乳中の使用を推奨していません。また、注射が苦手な人にとっては、投与の回数がやや多すぎるかもしれません。

この注射による避妊法は、不妊症につながる可能性があるため10代の女性は使用するべきではない、と考える人がいますが、この情報は正しくありません。実際は、注射の投与をやめるとすぐに、生殖機能が回復すると言われています。

発見:安全で充実したセックスライフを送るための5つのヒント

注射による避妊法の副作用

注射による避妊法について知っておくべきこと 吐き気のある女性
吐き気は、注射による避妊法の持つ副作用の1つですが、必ずしも起こるわけではありません。
 

全ての避妊薬と同様に、注射による避妊法には特定のリスクがあるため、使用前に必ず確認する必要があります。

一部の女性は、吐き気や月経の乱れが生じると話しています。これは主に注射に含まれるホルモンの影響によるものです。この注射に含まれるホルモンは、体内機能の通常の働きを変える可能性があります。

また同じ理由で、避妊薬を定期的に使用している女性は、避妊薬の注射により体重がわずかに増加する可能性があります。

安全性を確保するために、この避妊法を使用する前に医師に相談して、最も適切な方法についてアドバイスを受けてください。

こちらもご参考に:モーニングアフターピル:避妊効果とリスク

結論

女性が正しいスケジュールに従って投与を行う場合、注射による避妊法は、妊娠の予防に効果的であり、前述のとおり、成功率は99%です。これは、卵管結紮術と同じくらい効果的な方法です。

ただし、このタイプの避妊方法は性感染症を防ぐものではないため、新しい性パートナーとの行為を行う場合は、毎回必ずコンドームを使用することを忘れないでください。

自分にとって最も適切な避妊法については、医師に相談し、その指示に従ってください。

 
  • Roy, G. (2010). Injectable contraception. Seminars in Reproductive Medicine. https://doi.org/10.1055/s-0030-1248137
  • Zieman, M. (2014). Combined hormonal contraception. In Contraception for Adolescent and Young Adult Women. https://doi.org/10.1007/978-1-4614-6579-9_4
  • Schivone, G., Dorflinger, L., & Halpern, V. (2016). Injectable contraception: Updates and innovation. Current Opinion in Obstetrics and Gynecology. https://doi.org/10.1097/GCO.0000000000000329
  • Kaunitz, A. M. (2000). Injectable contraception: New and existing options. Obstetrics and Gynecology Clinics of North America. https://doi.org/10.1016/S0889-8545(05)70171-6
  • Berenson AB, Odom SD, Breitkopf CR, Rahman M. Physiologic and psychologic symptoms associated with use of injectable contraception and 20 microg oral contraceptive pills. Am J Obstet Gynecol. 2008;199(4):351.e1–351.e3512. doi:10.1016/j.ajog.2008.04.048