モーニングアフターピル:避妊効果とリスク

9月 23, 2019
海外では市販薬として販売されることもある緊急経口避妊薬、モーニングアフターピルは、必ず医師の管理下で使用する必要があります。また手軽な避妊方法として使用してはいけません。

モーニングアフターピルと呼ばれる緊急経口避妊薬の避妊効果とリスクをご存知ですか?

正しい避妊を行わないセックスは、性感染症(STD)にかかる可能性があるだけでなく、望まない妊娠をするリスクを伴います。

自分の身を守るためにはコンドームの使用が最善の方法ですが、避妊に失敗してしまった場合や、望まない性行為が行われた場合に妊娠を予防する方法があります。

モーニングピルと呼ばれる緊急経口避妊薬は、その効果の高さから知名度が高まっています。

今回は、モーニングピルの成分、副作用、そして中絶の可能性など、まだ知られていないモーニングアフターピルの一面をご紹介します。

モーニングアフターピルとは何ですか?

緊急の経口避妊薬であるモーニングアフターピル

モーニングアフターピルは、緊急時に服用する経口避妊薬で、主にレボノルゲストレルと呼ばれる合成ホルモンで構成されています。

その有効性は52%〜95%の範囲ですが、頻繁にモーニングピルを使用して妊娠を回避しようとするのは避けてください。

モーニングピルは体に副作用を引き起こす可能性がある避妊薬なので、1回のみの使用、または最大でも2回までに抑えるのが理想的です。

また、他の経口避妊薬と同じで、モーニングアフターピルの錠剤は性感染症から私たちを保護するものではありません。

コンドームを使わずにセックスを行なった場合、またはコンドームが破損した場合などにのみ、妊娠だけを予防する効果が期待できます。

モーニングアフターピルの仕組みとは

モーニングアフターピルは、排卵または排卵後のプロセスを変えることで機能します。

具体的には、子宮頸部の粘液を厚くすることで、精子が卵子に到達できないように働きかけます。

この避妊薬は、性行為が行われてから24時間以内に服用するのが最も効果的ですが、その効果は無防備なセックスをした72時間後まで期待できます。

ただし、時間の経過につれてその効果は低下することを覚えておきましょう。

こちらもご参照を:知っておくべき子宮頸がんの6つの症状

セックスを行なってから12〜24時間以内に服用すると、妊娠を最大95%まで予防すると言われます。

48時間後には、その有効性は85%まで低下し、72時間後には52%にまで低下します。

このピルはあくまで妊娠を予防する避妊薬であり、中絶薬ではありません。

モーニングアフターピルの仕組みをご紹介します:

  • 卵巣が成熟した卵子を放出するのを防ぎます。
  • 卵がすでに放出されている場合は、精子が受精するのを防ぎます。
  • 精子がすでに卵に侵入している場合、受精卵が子宮に着床するのを防ぎます。

モーニングアフターピルの影響

モーニングアフターピルの影響

モーニングアフターピルには、プロゲステロンとして知られるホルモンが含まれています。

プロゲステロンの主な働きは、子宮内で受精卵を受け取るための準備を行うことで、女性はこのホルモンを体内で少量生成します。

モーニグアフターピル1回分は通常の避妊ピルの10錠に相当する量のプロゲステロンが含まれているため、あくまで緊急の避妊法として使用してください。頻繁に使用すると不快な副作用が起こる可能性があります。

モーニングアフターピルを服用することで起こる症状:

  • 眠気
  • 吐き気と嘔吐
  • 疲労とめまい
  • 頭痛
  • 胃痛
  • 不規則な膣のけいれんと出血

さらに、モーニングアフターピルの使用が、月経周期に変化を引き起こす可能性があります。

モーニングフターピルを服用した女性の中には、月経時の激しい出血を経験する人もいれば、月経の量が減ったり月経の遅れが生じた人もいます。

こちらもご参考に:不規則な月経周期のための天然療法

モーニングアフターピルの禁忌事項

モーニングアフターピルの禁忌

モーニングアフターピルが引き起こす副作用や禁忌を考慮に入れると、この緊急経口避妊薬は医師の指導のもとでのみ使用する必要があります。

海外では市販薬として販売されていることもありますが、海外でも医師に相談することを推奨されます。

レボノルゲストレルとその有効成分、または他の成分にアレルギーがある場合は、絶対に服用しないでください。

また、次のいずれかがある場合は、使用はお勧めできません。

  • 子宮外妊娠の病歴
  • 卵管の炎症の(卵管炎)の病歴
  • 重度の肝障害
  • 重度の片頭痛
  • 心血管合併症
  • クローン病または潰瘍性大腸炎

モーニングアフターピルは中絶ですか?

モーニングアフターピルは避妊薬であり、すでに妊娠している女性が服用してもその妊娠は継続します。

現在のところ、この緊急経口避妊薬が、妊婦や胎児に何らかのダメージを与えることを示す研究は発表されていません。

中絶を引き起こすかもしれないという論争は続いていますが、現時点では中絶とは見なされません。

今回の記事ではモーニングアフターピルの働きと効果をご紹介しましたが、あくまでも緊急時の方法だと考えてください。

  • Dirección General de Salud Pública. (2015). Guía de Métodos Anticonceptivos. Salud Sexual.
  • Bombí, I. (2010). Métodos Anticonceptivos. https://doi.org/10.1016/j.scriptamat.2012.05.010
  • Labrador, I. G., & Pieiga, E. M. (2001). Consideraciones sobre planificación familiar: Métodos anticonceptivos. Revista Cubana de Medicina General Integral.