女性にとって痩せにくい部分を鍛える

2月 14, 2019

痩せにくい部分を鍛えるには、日々のバランスのよい食事と運動、そして有酸素運動と無酸素運動を取り入れたトレーニングを行うことが大切です。

お尻、太もも、そして腰の周りの脂肪を落とすのは容易ではありません。こうした部分は、女性にとって痩せるのが難しいだけではなく、見た目にも非常に気になる部分ではないでしょうか。

お尻、太もも、腰を鍛えるのが難しい理由

スクワット 痩せにくい部分を鍛える

女性は、これらの部分に脂肪を蓄積する傾向があります。さらに、下半身は、脂肪を落とすのが最も難しい部分です。それはどうしてでしょうか。実は、体のこの部分は、ホルモンの産出と血流の影響を大きく受けているそうです。また、ここに蓄積された脂肪は安定しており、害もないため、減らすのがとても難しいのです。

洋なし型肥満は、遺伝および不健康な食事はもちろんのことホルモンバランスの崩れと体内の循環の悪さにも関係しています。

こちらの記事もお読みください:

ホルモンが体重管理に与える影響

健康的な食事と運動

減量を計画通りに行うことは簡単ではありませんが、体の中の気になる部分を鍛えるためには避けられません。ダイエットのプランには必ず必要な栄養を摂取することと適切な運動のルーティーンを取り入れてください。気になる体の箇所を鍛えるためには食事を見直すだけでは不十分であり、運動が欠かせません。理想的なエクササイズのルーティーンは、有酸素運動と無酸素運動が共に組み込まれているものです。

1、有酸素運動

有酸素運動では、長時間かけて低〜中程度の激しさの運動で脂肪を燃やします。有酸素運動の例は、以下の通りです。

・ランニング

・水泳

・自転車

・ハイキング

有酸素運動は脂肪を燃焼し、病気を予防するために心臓血管系の健康を保つのを助けます。

2、無酸素運動

運動する女性 痩せにくい部分を鍛える

無酸素運動は、例えば以下のような短時間で行う激しい運動です。

・ウェイトリフティング

腹筋トレーニング

・短距離走

・激しい自転車運動

両方のタイプの運動をうまく組み合わせるコツは、毎日適度な有酸素運動(ウォーキングなど)を行い、中程度の運動(ジョギング、水泳、サイクリング)を週に三回以上行うことです。また、週に2〜2日は、激しい運動も行いましょう。

運動のルーティーンを4週間ごとに変えるのも良い方法です。そうすると、筋肉が特定の運動に慣れてしまうのを防ぎ、常に良い運動の効果を得ることができます。

この記事もお読みください:

背中に効く!ダンベルを使わない5つのエクササイズ

3、女性の痩せにくい部分を鍛えるための食事:お尻、腰、太もも

サラダ 痩せにくい部分を鍛える

食事のプランもエクササイズのルーティーンと同様しっかりと立てましょう。目的は、「頑固な脂肪」と闘うことです。以下の食事のヒントを参考にしてください。

タンパク質が豊富に含まれた食事を取ること、さらにそのタンパク質を提供する食材はアミノ酸の含有量が高いものにしましょう。オススメの食材は以下の通りです。

・ターキー

・マグロ

・バターミルク

・卵

・魚

・マメ科植物

・ドライフルーツ

塩分は、体液貯蓄を促進するので、摂取量をコントロールしてください。炭水化物をやめる必要はありませんが、良いものを選び、量をコントロールしてください。オススメの炭水化物は、例えばじゃがいも、オートミール、キヌアおよび全粒穀物です。これらは素晴らしいエネルギー源になります。

毎日2〜3リットルの水を飲んで、体を潤わせましょう。ポテトチップスなどのスナックは食べないようにしてください。炭水化物をどうしても食べたい時は、ベリー系の果物やドライフルーツなどを食べましょう。食欲を抑えるのに食物繊維が有効なので、1日に少なくとも10グラムは摂取するようにしましょう。