自宅で簡単にたるんだ腕を引き締める方法

11月 27, 2016
たるんだ腕を引き締めるには、運動と自然な美容法を組み合わせるのが一番効果的です。

引き締めるのが難しいといわれる、腕のたるみを解消する美容製品はたくさん市販されていますが、効果のある製品を見極めるのは簡単ではありません。

また効果がはっきりしない市販品と比べると、今回ご紹介する自然な引き締め美容法の効果は間違いありません。

のたるみの原因には、遺伝やたるみやすい体質などがあげられます

また体重の増減や、これまでしていた運動や筋トレをやめたことで腕の筋肉が使われなり、腕がたるむことがあります。

継続した運動

happy-woman-after-shoulder-exercises-with-white-towel

腕を引き締めるのに最も効果的なのは、腕の引き締めに特化した運動や筋トレです。正しい運動を行えば、たるみを解消するだけではなく、肌色や肌のハリを改善する効果も期待できます。

自宅で簡単にできる腕のたるみを解消するスキンマスク

flabby_arm-1

「スキンマスク」は、多くの美容クリームの主成分となるビタミンCが豊富に含まれています。このマスクを使えば、高級クリームを購入せずに腕を引き締めることができます。

材料に含まれる成分が、体の組織をフリーラジカルから守るため、引き締め効果が期待できます。

材料

  • プレーンヨーグルト1/2カップ(100g)
  • 生卵 1個
  • ビタミンEカプセル 1錠

使用方法

  • まず卵をほぐします。黄身と白身をしっかりと混ぜ合わせます。
  • 卵とプレーンヨーグルトを混ぜ合ます。
  • 足りない場合は、同じ割合で量を増やしてください。基本の量はヨーグルト1/2カップに対して卵1個です。
  • ビタミンEのカプセルを開きます。中身はゼラチン状の液体です。ビタミンEカプセルは薬局やスーパーで購入できます。
  • ヨーグルトと卵を混ぜた中にビタミンEを加えます。
  • すべてがきれいに混ざったら、冷蔵庫に入れて数分間冷やします。
  • 事前にヨーグルトを冷蔵庫に入れておけば、この冷やす時間を短縮できます。
  • 出来上がったスキンマスクを、たるみが気になる部分に塗り、しっかりと浸透するように揉みます。
  • その状態で10分間おいた後、冷たい水で洗い流します。
  • 1週間に2ー3回行ってください。。

1日に1度これを塗るのを週に2ー3回繰り返せば、徐々に腕のたるみが解消されます。

腕のたるみを引き締める自然療法

前述したスキンマスク以外にも、副作用や有害物質の心配なく自然に腕のたるみを引き締める方法があります。

ただし、アレルギー体質の方は、材料の中にアレルギーを発症する食品が含まれていないか確認してからお試しください。

リンゴで引き締める方法

リンゴには腕のたるみを撃退する効果があります

材料

  • リンゴジュース 100ml (グラス約1/2杯)
  • ハニーデューメロンジュース 100ml(グラス約1/2杯)

使用方法

  • ジュースを混ぜたら、たるみが気になる部分のマッサージにジュースを使ってください。
  • 1週間に最大で2回まで行うことができます。
  • 1年中できるお手軽マッサージです。

ハニーデューメロンマスク

夏はハニーデューメロンが手に入りやすい時期なので、このメロンマスクを作るのに最適です。

材料

  • ハニーデューメロン 小1個
  • レモン果汁 1個分

使用方法

  • ナイフなどを使って種を取り除いたハニーデューメロンをブレンダーに入れます。その後、レモン果汁と水を加えます。
  • 数分間ブレンダーにかけて混ぜ合わせます。
  • 出来上がったマスクの中にガーゼを浸し、このガーゼをたるみが気になる部分にのせて、15ー30分そのままにします。
  • 先にご紹介した方法よりも、短期間で引き締め効果が実感できる方法です。
あなたへおすすめ