腎膿瘍の治療について知っておくべきこと

06 4月, 2020
腎膿瘍は、膀胱で始まり、腎臓とその周辺に広がる尿路感染症によって起こります。今回の記事で詳しく学びましょう。

腎膿瘍は、一方または両方の腎臓の周囲に膿が溜まる状態を指します。通常は、急性の腎皮質膿瘍が破裂する結果です。残念ながら、腎膿瘍の診断は難しいため、死亡率が高くなっています。

腎膿瘍を発症する平均年齢は46歳で、症例の80%が女性に影響を及ぼしています。子供で発症することはまれですが、発症した場合は、深刻な症状を引き起こす可能性があります。これらには、敗血症、重度の腎障害、さらには腎不全が含まれます。

腎膿瘍の危険因子

腎膿瘍は、膀胱で始まり、腎臓とその周辺に広がる尿路感染症によって起こります。今回の記事で詳しく学びましょう!このままご覧ください。 発症した女性

専門家はいくつかの素因を特定しました。最も重要なものは次のとおりです。

  • 糖尿病
  • 腎臓結石
  • 尿路感染症
  • 膀胱尿管逆流
  • 外傷
  • 悪性腫瘍
  • 肝疾患

患者の40%には関連する危険因子がより複数あります。 10年以上前に糖尿病と診断された患者の場合は、より集中的なケアと腎摘出術を必要とします。

症状は、診断される前に平均11日間続く傾向がありますが、入院時に正しく診断される患者は35%にすぎません。これは、特定の臨床データがないためです。

原因

腎膿瘍は膀胱から始まる尿路感染症によって引き起こされます。その後、腎臓とその周囲に広がります。尿路、生殖器系手術、または血流感染も腎膿瘍を引き起こします。

最大の危険因子は腎結石で、尿の流れを遮断して感染症を引き起こす可能性があります。また、細菌は腎臓結石に付着する傾向があり、抗生物質では腎結石を解消できません。

腎膿瘍を発症している患者の20%~60%が腎臓結石を持っています。腎膿瘍の他の危険因子には、糖尿病、尿路異常、外傷、または静脈内への薬物使用があります。

続きを読む:なぜ痛い? 腎臓のあたりに不快感や痛みが生じる理由

症状と診断

腎膿瘍は、膀胱で始まり、腎臓とその周辺に広がる尿路感染症によって起こります。今回の記事で詳しく学びましょう!このままご覧ください。 背中の痛みを感じている男性

腎膿瘍の症状の中には、悪寒、発熱、発汗、脇腹や腹部の痛みなどがありますが、痛みが鼠径部や脚に広がることもあります。さらに、患者は腰痛に苦しむ可能性があります。

診断のための検査は次のとおりです。

  • 血液検査と血液培養
  • コンピュータ断層撮影(CTスキャン)
  • 尿培養検査

治療

最も広く受け入れられている治療法は、経皮的または切開手術による膿瘍のドレナージです。腎膿瘍の治療には、皮膚または外科手術を通してカテーテルを挿入して膿を排出する排膿ドレナージを行います。

抗生物質は、最初から静脈投与する必要があります。その後、感染が改善されれば、経口治療へと切り替えることができます。切開によるドレナージは、腎膿瘍を解消する可能性が最も高い治療方法です。

こちらもご参考に:腎結石とたたかう6つの自然療法

腎膿瘍への抗生物質

最初の治療法は、抗生物質の投与です。服用期間は、患者の健康状態によって異なりますが、尿検査で見つかった細菌も考慮に入れる必要があります。

通常、腎臓感染の兆候と症状は、治療を開始してから数日以内に消え始めますが、抗生物質の服用は、医師の指導に従い、1週間以上続ける必要がある場合があります。

医師は、感染がなくなったことを確認するための別の尿培養を推奨します。感染が続く場合は、別の抗生物質による治療を必要となります。

感染が重度の場合、入院が必要になる可能性があります。この場合は、静脈内抗生物質と輸液を含む治療が行われます。

回復期の不快感を軽減するために、次のような一連の対策を講じることができるでしょう。

  • 温湿布の塗布:温湿布を使って腹部、背中、または体の側面に熱を加えることで痛みを和らげます。
  • 鎮痛剤の服用:熱を下げるか不快感を軽減するためには、アセトアミノフェンやイブプロフェンなどの鎮痛剤を服用してください。
  • 水分補給:十分な水分を補給することで、尿路から細菌を排除することができます。感染がなくなるまでは、アルコールやコーヒーを飲むことは避けてください。

最後に、腎膿瘍は医師の診察を必要とする重篤な合併症です。何らかの症状に気づいた場合は、すぐに専門医の診断を受けて、深刻な状況を招かないようにすることをお勧めします。

  • SeattleCloud. (2011). Abseso renal y perinefrítico. In Urología Práctica.

  • Castañeda-Hernández, J. C., Lozano-Triana, C. J., Camacho-Moreno, G., & Landínez-Millán, G. (2017). Abscesos renales en pediatría: reporte de caso. Revista de La Facultad de Medicina. https://doi.org/10.15446/revfacmed.v65n4.59327

  • Goity F., C., Correa A., E., & Daniels S., P. (2012). Absceso renal en el embarazo TT  – Renal abscess in the pregnancy. Rev Chil Obstet Ginecol.