効果的な抗生物質であるリファンピシンと結核について

リファンピシンは、細菌細胞におけるRNA合成を阻害する作用のある効果的な抗生物質です。これは、DNA依存型の酵素であるRNAポリメラーゼの作用を阻害することで薬としての効果を発揮します。
効果的な抗生物質であるリファンピシンと結核について

最後の更新: 22 1月, 2020

リファンピシンは、半合成化合物であり、結核の治療に最初に選ばれる抗生物質です。

今回の記事で、効果的な抗生物質であるリファンピシンと結核の関係について学びましょう。

リファンピシンは、単独療法としては使用しないでください。言い換えると、結核を治療する際には、リファンピシンが唯一の薬物であってはいけません。

リファンピシンは、抗生物質耐性菌の増殖を促進するため、他の薬と一緒に投与する必要があります。

リファンピシンには、ナイセリア髄膜炎菌を保有しているけれどまだ症状を発症していない患者の治療や、B型インフルエンザ菌の予防的治療およびハンセン病の治療などに効果的です。

リファンピシンの歴史

効果的な抗生物質であるリファンピシンと結核について 細菌

リファンピシンは、1960年代に、初めて市場に登場しました。

科学者は、リファンピンの代謝産物であるリファンピンBを最初に発見した後、この抗生物質の効力を高めると同時に、胆汁による急速な排泄を減少させるために、分子に一連の構造的改変を加え、最終的にリファンピシンを合成することができました。

市場に登場して以来、リファンピシンは結核治療における第一選択肢として選ばれてきましたが、細菌はリファンピンに耐性を持つようになったことから、医師はイソニアジドやエタンブトールなどの他の薬剤を一緒にリファンピシンを投与することを余儀なくされました。

しかしリファンピンの発見は、間違いなく医療分野における革新的な一歩となりました。

結核とは何ですか?

結核は、結核菌という細菌による細菌感染で、ほとんどの場合が肺に影響を与えます。

結核に感染した人々がくしゃみや咳をすると、空気中に病気が広がり、周りはこの粒子を吸い込むだけで感染します。

現代では、結核は予防可能な病気であり、医師による治療でほとんどが治る病気とされています。

具体的な数字としては、2000年以降、現代医学の進歩と治療によって、4900万人以上の結核患者が完治しました。

結核の兆候と症状に関しては、細菌が増殖する場所によって異なります。

前述したように、一般的には肺に影響を及ぼして以下のような症状を引き起こします。

  • 激しい咳
  • 胸痛
  • 血や痰を伴う咳
  • 発熱と悪寒
  • 減量
  • 食欲減退

リファンピシンが作用する仕組み

効果的な抗生物質であるリファンピシンと結核について 抗生物質としての働き

リファンピシンは、細菌細胞のRNA合成を阻害する抗生物質としての働きがあります。

このためには、DNA依存型酵素であるRNAポリメラーゼの作用を阻害します。

リファンピシンは、ヒトなどの真核細胞のポリメラーゼに結合しないため、ヒトRNAの合成には影響しません。

一方、リファンピシンは投与量に応じて静菌薬または殺菌薬として働きます。

低用量では、静菌性があるため、細菌細胞の増殖を防ぎます

高用量では、殺菌効果があるため、細菌を殺す働きがあります。

適切な用量

用量は、患者ごとに異なります。

HIVに感染していない成人患者の推奨用量については、1日あたり最大600 mgの用量を、経口および静脈内投与されます。

患者がHIVに感染している場合、用量は経口および静脈内の両方で10 mg / kgになります。

子供については、HIV陰性場合は、1日あたり10〜20 mg / kgに減りますが、最大用量は600 mgで、常に他の抗結核剤と併用されます。子供がHIVに感染している場合も用量は同じです。

患者は、別の抗結核薬とともに、2ヶ月間1日1回薬を服用します。

その後、イソニアジドとリファンピンを同じ用量で1日1回または、4ヶ月間週に2〜3回服用しなければなりません。

結論

リファンピシンは、結核治療に使用される抗生物質で、常に他の薬剤と組み合わせて使用​​されます。

この組み合わせは、細菌が薬剤自体に耐性ができたことが原因で必要になりました。

この薬に関して質問があるときは、気軽に医師や薬剤師に相談してください。

医師からの指示に従って薬を服用してください。

間違った服用方法は、深刻な健康問題を引き起こす原因となります。

こちらの記事もおすすめです。
ビタミンB12について知っておくべきすべてのこと
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
ビタミンB12について知っておくべきすべてのこと

ビタミンB12は、体内の重要な機能を助けるのに役立つ、私たちの体に不可欠な栄養素です。例えば、私たちの体が食べ物をグルコースに変換するのにはビタミンB12が必要です。本記事では、ビタミンB12について知っておくべきすべてのこと、そしてビタミンB12を含む食品をご紹介します。



  • Godel, A., & Marchou, B. (2007). Rifampicina. EMC – Tratado de Medicina. https://doi.org/10.1016/s1636-5410(07)70644-x
  • Souza, M. V. N. (2005). Rifampicina,um importante fármaco no combate à tuberculose. Revista Brasileira de Farmácia.
  • Sosa, M., Széliga, M. E., Fernández, A., & Bregni, C. (2005). Rifampicina y biodisponibilidad en productos combinados. Ars Pharmaceutica.