腎嚢胞の症状について

· 12月 6, 2015
腎嚢胞(じんのうほう)自体は深刻な問題とはなりませんが、放っておくと大きな問題に繋がり兼ねないのでしっかりとコントロールする必要があります。

みなさん1度は腎嚢胞(じんのうほう)について聞いたことがあると思います。実際この病気にかかる人は多く、さほど深刻なものではありません。ですが、この病気の症状や原因に関して知っておくことが重要です。

単純性腎嚢胞とはどういうものか

 

腎嚢胞

腎臓の機能はどういうものかは皆さんご存知の通り、私たちの血液をフィルターにかけて浄化し、体内の塩分や尿内の排出物を排除する役割を持っています。

この臓器はとても大切なものですから、関係している問題や病気について知識を持っていることはとても重要なことです。

 

さて本題に入りますが、実際には腎嚢胞とはどういうものなのでしょうか? 腎嚢胞とは空気や液体がいっぱい入っている袋状のものです。通常は豆のような小さなふくらみですが、リンゴのように大きくなる場合もあります。通常、中は血液ではなく水状の液体が含まれており、少しずつ大きくなる場合があります。

こちらもご覧ください 腎臓結石を取り除く10の方法

 

どういう人が単純性腎嚢胞にかかりやすいのか

医者

 

腎嚢胞はがんとは違い、日常生活に支障をきたすということはありません。単純性腎臓嚢胞は年齢を重ねるごとにかかりやすいものです。50歳を過ぎてから腎嚢胞が出来るのはごく普通のことです。50歳未満でも出来る人はいますが、55歳から60歳を過ぎるとその可能性は更に高くなります。ですが、ほとんどの場合は無害です。

 

腎嚢胞の原因

腎臓

 

ネフロン(血液をフィルターにかける働きがある部位)年々大きくなっていき、中に液体を溜めていくため、歳を重ねるごとに発症しやすくなるのは自然なことです。実際のところ研究者の中でも未だにはっきりとした原因はわかっていません。また、この腎嚢胞は遺伝性のものではありません。

もし腎嚢胞を発症したら重症?

触診

 

一般的には重症ではありません。年齢に関係していて、よく起こりうる問題です。ですから“単純性腎嚢胞”とも呼ばれています。また悪性腫瘍に発展することはなく、ほとんどが無害のものです。しかししっかりとコントロールしていかなくてはいけません。この嚢胞の内壁が厚かったり、不規則なものの場合には、がんに関係する病気であることがあります。しかし70%が体に無害のものであることが多いです。

 

腎嚢胞の症状

腰の痛み

単純性腎嚢胞は症状がありません。大体の人は自分が腎嚢胞を持っているかどうか、いくつ腎嚢胞があるのかさえもわからないことがあります。X線やCTスキャンで見つけることが出来ます。しかし、これらの腎嚢胞が破裂してしまったりすると、問題は深刻ですから病院に行く必要があります。症状は以下のようなものです。

腹部、あばら、、胃、背中の痛み

・発熱

・トイレに行く回数が増える、尿に血が混じる

・高血圧

こちらもご覧ください 背中の痛みに効果的なシンプルエクササイズ

 

単純性腎嚢胞の治療法

検査

一般的に重症性が無いことから、治療法は特にありません。しかし、嚢胞の圧が高くなると腎臓の機能が正常に機能しなくなります。そうなると外科手術をする必要があります。その手術とはどんなものなのでしょうか。嚢胞の場所や大きさによって異なりますが2つの種類があります。

・吸引もしくは硬化療法

注射器で嚢胞内の液体を排除します。

・外科手術

一般的に腹部にあけた小さな穴から細い器具を入れていく腹腔鏡手術が施されます。

嚢胞を排膿していき最後には切除もしくは焼きます。とても早く終わるので数日間の入院で済みます。

腎嚢胞は予防できるの?

重曹

前述のとおり、一般的には年齢を重ねればよく起こる問題です。しかし、腎臓を良い状態に保つ努力をすることは、先の人生を豊かにすることに繋がります。そのためには以下のようなことを心がけましょう。

・飲酒喫煙を控える

・1日に2リットル水を飲む

・塩分、精製小麦、糖分、炭酸飲料を控える

・果物と野菜を多く摂り、赤身の肉類を控える

・果汁100%のフルーツジュースを飲む

・1か月に10日間は夕食の後に重曹入りの水を飲む