自家製の収れん剤を作る方法

· 5月 14, 2016
脂性肌の人のための最高の収斂れん剤の一つは、ひまわり油です。 顔の皮脂を減らすと同時に、顔をリフレッシュします。

収れん剤は、肌を再生して活力を与え、毛穴や皮脂を減らし、疲れ顔をなくす力を持っています。美しくて輝くような顔になりたいなら、以下の自家製収れん剤を試してみましょう。美容品を買うより安く済みますし、健康的です。

自家製収れん剤の作り方

リンゴの収れん剤

必要な材料は、りんごジュース1/4カップ 、ウォッカ大さじ2杯(30ml)、ウィッチヘーゼル(マンサク)大さじ2杯です。ウォッカを使いたくなければ、ウィッチヘーゼルをさらに大さじ2杯追加します。よく混ぜ、綿棒で顔に塗ります。

セージ(サルビア)の収れん剤

seeji

セージの葉一握りを沸騰したお湯1カップ(240ml)で蒸らしましょう。蓋をして冷まし、漉してから綿棒を浸し、皮膚の上に小さな円を描くように塗ります。完全に肌に吸収されるまで、取らないでください。

レモンの収れん剤

レモンは、肌の問題を取り除き毛穴を閉じるという、多くの有益な特性を持っています。半個のレモン汁と少量の水を混ぜて綿棒で塗り、その後冷水で洗ってください。肌を消毒して保護するので、髭剃り後に使用する男性向けの優れたレシピです。 レモンを塗った皮膚は、日光にさらされると変色する傾向があるので、日中や、肌を太陽に当てる前に行うことはお勧めしません。夜間や外出の予定がない日にこのレメディを行うのがベターです。

キュウリの収れん剤

キュウリは化粧品や美容製品に最も使われる材料の一つで、肌に非常に有益です。冷蔵庫から取り出したばかりの、できるだけ冷たいキュウリを何枚かスライスし、30分ほど目の上や顔に当てましょう。ストレスの多い一日の終わりにリラックスするのに最適です。

ラズベリーの収れん剤

razuberii

ラズベリーティーには多くの利点があります。ティーバッグを買ってもいいし、ラズベリーの葉何枚かとその果実を煮て作ることもできます。蓋をして冷まし、漉して、その中に綿棒を浸します。完全に肌に吸収されるまで、軽く顔にこすりつけます。

桃の収れん剤

このおいしいフルーツは、肌の健康にも非常に良いです。新鮮な桃を何片かカットし、顔にこすりつけます。 約20分間置いた後、ぬるま湯で洗ってください。ほんのちょっとの時間で、肌の張りと柔らかさが実感できます。

ビネガーの収れん剤

材料は、りんご酢1/8カップ(30ml)、アスピリン1錠、お湯です。それをすべて混ぜ、綿棒を浸して、顔を濡らします。乾くまでそのままにしておいてください。

パパイヤの収れん剤

パパイヤのスライス一切れ、ローズウォーター大さじ1杯(15ml)、純粋なはちみつ大さじ1杯(25g)が必要です。桃の収れん剤と同じく、パパイヤもナチュラルな角質落としで、肌の再生を助けます。はちみつは素晴らしい殺菌・保湿剤で、ローズウォーターは皮膚の老化を遅らせます。

ピューレ状になるまでパパイヤを潰し、他の材料と混ぜます。冷蔵庫に保管して、十分に冷やしてください。朝と夜の一日二回、それを2本の指で塗り、5分間そのままにして、その後ぬるま湯で洗ってください。

フルーツの収れん剤

furuutsu

脂性肌のための収れん剤に必要な材料は、パイナップル1切れ、赤いリンゴ半分、緑色のブドウ5粒、カモミールティー大さじ4杯、ローズウォーター大さじ4杯です。 ブレンダーにフルーツを入れ(パイナップルのみ皮をむいてください)、ローズウォーターを加え、よく混ぜた後、カモミールティーを加えます。 その後、コットンを浸して、顔に小さな円を描くようにマッサージします。5分間おいてから、ぬるま湯で洗い流しましょう。

フルーツの収れん剤(別のレシピ)

材料はレモン4個、オレンジ2個、キュウリ1本、りんご2個、透明なアルコール大さじ4杯(64ml)、ローズウォーター大さじ4杯(60ml)です。 柑橘類のフルーツから果汁を抽出し、キュウリ、リンゴの皮をむきます。全てのフルーツをミキサーにかけ、アルコールとローズウォーターを加えます。均質で滑らかになったら、滅菌したガラス瓶に入れて冷蔵庫で2時間冷やします。よく振ってから肌に塗り、15分おいてから暖かい水で洗います。

ヒマワリ油の収れん剤

himawariyu

このレシピは脂性肌の人にお勧めです。水をコップ半分(125ml)、ホワイトビネガーをコップ半分、ヒマワリ油大さじ1杯(15ml)が必要です。水を沸騰させ、ひまわり油と酢を加えます。すべてがよく混ざるように振りましょう。これは、肌のディープクレンジングの後に使用するのに最適です。顔をリフレッシュし、皮脂を除去します。

ミントの収れん剤

すり鉢でミントの葉大さじ1杯をすります。それをボウルに入れ、カップ1杯(250ml)の熱湯を加え、10分待ってから漉しましょう。冷めたらコットンを使って顔に塗ります。

ノコギリソウの収れん剤

ボウルにノコギリソウ(yarrow)の花と葉を25g入れ、半リットルの沸騰したお湯を注ぎます。蓋をして数時間そのままにし、漉してから綿棒で顔に塗ります。 ノコギリソウの特性はミントと似ていて、顔に塗るのに最適です。

トマトの収れん剤

tomato

熟したトマト150gの皮をむき、グリセリン30gと一緒に、蓋付きの密閉ガラス瓶にいれます。マスクとして顔に使用しましょう。いくつか用意して冷蔵庫に保管しておき、美しくなるためのエステの日として友人を招待するのは、素敵なアイデアです。