自分が大切にされていないと感じたとき、次に進むためにすべきこと

· 9月 19, 2016
あなたを大切にしない人を引き止めるのは意味のあることなのでしょうか? 心の痛みと苦しみが深まるだけではないでしょうか? さあ、勇気をだして心の痛みや苦しみから抜け出し、次に進みましょう。

毎日の生活の中で、「この人は私にふさわしい人じゃない」と感じたことはありませんか? 相手を大切に思えなくなったり、逆に相手から自分への優しさや思いやりが感じられなくなった時「自分にふさわしくない相手」に気づくことが多いのです。

「何かを捨てて次に進む」ことは大切な決断ではあるものの、十分に気をつけないと、自分で苦しい茨の道を選んでしまうような、多くの犠牲を払う難しい判断であるとは皆さんご存知でしょう。

しかし、自分に合わない相手や、大切に思うことができない相手をいつまでもひきとめておこうとするのは、全く意味のないことです。

自分自身の価値に気づいてください。決して後ろを振り返らず、前に向かって進みましょう。

相手にとって自分が大切な存在ではないという状況をどのように乗り越えたらいいのか?

相手にとって大切な存在ではなくなったと感じた時、「パニック状態」となり、ストレスや不安があなたを打ちのめすかもしれません。

ここで大切なのは、冷静さを保ち、客観的視点から状況を判断することです。

次に進むためにすべきこと

今、多くの人が同じような状況を乗り越えようとしています。状況をしっかりと把握すれば、それほど大変な問題だと感じなくなります。大切に思えない相手であっても、自分のことを大切にしてくれない相手であっても、その人への感情や気持ちは残っているため、悲しく不幸だと感じてしまうのです。

相手を大切に思えなくなっても、大切にされなくても何の問題もない、と言えば嘘になります。相手がいる場合、自分だけの問題ではなく、相手を巻き込む二人の問題となることが多いからです。

しかし、現状や相手の気持ちを受け入れるのは、今あなたができる最も良い選択です。なぜなら、大切に思えない相手を引き止めるのは良い考えとは言えないからです。

このような状況はロマンチックな恋愛関係によく起こります。どちらかの魔法が解けてしまったり、心が傷つくような経験をさせられることが原因です。一人になる恐怖や、自分の人生で大きな位置を占める大切な人との別れは、想像を超える不安を生み出します。

こちらの記事もご参考に:彼が一緒にいるべき人でないというサイン

心が離れ、感情的に距離をおこうとしている時の兆候

誰かと付き合っている時、大切な相手との気持ちが離れてしまったら、もちろんすぐに気づくだろうと考えたことはありませんか? でもそれは、実は見当違いかもしれません。

心が離れてしまっても、その事実に気づかないこともあるのです。

大切な相手

そのため、これからご紹介する兆候に気づくかどうかが大切な鍵になります。

相手の心があなたから完全に離れてしまっているかどうかを見極める方法をご紹介します。

これらの兆候を知っておけば、少なくとも状況は理解できますし、不意打ちで驚かされることは避けられます

  • 相手があなたのことを優先しなくなります。あなたの人生の目標と、相手の目標が合わなくなったのかもしれません。
  • あなたが必要と感じる物事や興味を持っていることに対して、パートナーの関心がなくなります。そのせいで、孤独を感じたり自暴自棄になることが増えます。
  • 二人の関係を維持しようと頑張っているのはあなただけ。パートナーが受け身になります。
  • パートナーがあなたの意見や考えを受け入れなくなります。二人で何かを決定するのではなく、自分の利益だけを考えるようになります。
  • あなたへの批判や屈辱的な言葉を口にしはじめます。はっきりした理由わからないまま、相手があなたとの距離を置こうとするので、二人の関係が突然変化したように感じるでしょう。また、まるで戦争をしているかのような喧嘩をすることも増えるでしょう。

これらの兆候から目を背けようとしても、相手が「かつて大切に思っていた人」をこれ以上大切に思うことができなくなったのは事実です。人生を壊されてしまったように感じたり、相手が罪の意識を感じることもあります。

相手があなたを捨てたくない、また逆の場合は、あなたが相手に離れていって欲しくはないという気持ちを抱きます。つまり、お互い離れられない、非常にわかりにくく複雑で心の痛みを伴う状況になります。

こちらの記事もご参考に:同情や罪悪感または恐怖心から関係を続けるとき

自分を一番大切に考えて、別れを告げましょう

このような状況に置かれた時は、相当の苦痛を感じると思いますが、相手にしっかりと別れを告げることが大切です。自分の価値に気づき、絶対に相手に流されてはいけません。

次に進むためにすべきこと

また逆に、あなたが相手のことを大切に思えなくなった場合も、それはあなたのせいではありません。十分な勇気をだして、相手と自分の心はもう繋がっていないということを認めてください。罪の意識を感じる必要はありません。

持てる限りの勇気をだして、相手の元を去りましょう。人生で最大の決断となります。

あなたの人生で大切な何かを手放さなくてはいけないのは、これが初めてではないかもしれません。様々な人との出会いや別れがあるのが人生です。

相手を大切に思えなかったり、相手からの思いやりが感じられないのに、無理に関係を修復しようとしても傷つくだけです。これ以上自分を傷つける必要はありません。

壊れてしまった物を元に戻そうとするのは無駄なことです。

大切に思えない相手に別れを告げ、次に進んでください。さあ自信を取り戻して、新しい人生の旅を始めましょう。