自分を愛してくれていない人を手放す最善の方法

4月 13, 2019
愛されていないと感じたら、場合によっては傷つく前にその関係に終止符を打って、その人を手放す方が良い時があります。

人生では、絶対の信頼を寄せていた人が自分が思っていたような人とは違ったということに気づく時があります。そして、その瞬間が自分にとって有害な友情や関係を一切合切終わらせようと決める瞬間です。愛してくれない人を手放す最善の方法をここでご紹介しようと決めたのはそうした理由からです。

どのような人間関係においても、健全な友情や恋愛関係とは自分にとってプラスであるべきです。当然、人間関係では困難にぶち当たることもあります。そうした不和が長期間続いたり、あまりに頻繁に起こりすぎるようであれば、自分を愛してくれないその人を手放した方が良いのかどうか、少し立ち止まって真剣に考えるべきでしょう。

そう言うのは簡単ですが実行するの難しいものです。なんだかんだで、手放そうとしているのは自分が長い間関係を持った人であり、たくさんの時間を共有してきた人です。ですが、あなたは強い人です。あなたにはありのままの自分を尊敬してくれ、欠点も全て愛してくれるような人を見つける力があります。

ですから、もし自分はもうこの人からは愛されてはいないと気づいたら、そうした人を手放す方法をこの記事を読んで学びましょう!

 

自分を愛してくれていない人を手放す最善の方法

以下に自分を愛してくれない人を手放す方法の例をご紹介しています。愛されなくなって誰かを手放す時を迎えるというのは誰にでも起こり得ることですから、こうした方法は頭に入れておきましょう。

1.別れた方が自分にとってプラスになる

友達付き合いをしている場合、友情が永遠に続くと思うのはごく自然なことです。ですが、恋人たちに別れが訪れるのと同じように、友情も自然と終わりを迎えることがあります。そして、それはどうしようもありません。

人生においては失う人もいるということを決して忘れてはいけません。

抱き合う2人

2.健全な人間関係にフォーカスする

有害な友情を終わらせようと決めたら、自分の人生に存在する他の人達に目を向ける努力をすることが必要がです。

そういう意味では、自分が築きたい健全な関係や自分を成長させてくれるような人にフォーカスすることが有益になることが多いです。そうした人達からは一生離れず、できる限り一緒に時間を過ごしましょう。

3.恨まない

悪友を受け入れるのは難しいことかもしれません。悪友となってしまったこの人は、本来なら自分の側にいてくれるはずがそうでなくなってしまったからです。心の中はきっと辛い気持ちかもしれませんが、それでもそうした気持ちを手放す必要があります。

自分の味方であるべきだったのにそうはあってくれなかったこの人を許し、自らを罪悪感という重荷から解放し、前へ進みましょう。

こちらもお読みください:罪悪感を乗り越える

4.謝罪を期待しない

もしある友人にひどく傷つけられて、その結果その人を自分の人生から切り離すことに決めたのなら、その友人が自分に対して謝罪をしてくるという奇跡的なことは期待してはいけません。

「私が悪かった/間違っていた」と懺悔してもらえるなんて願ってはいけません。もちろん、懺悔してもらえればいいですが、その謝罪の言葉が全くない場合には自分がただもっと辛い思いをしてしまうだけになってしまいます。

「自分を愛してくれない人を愛すること…それは折れた翼で空を飛ぼうとしているようなものなのです。」

5.流れに身を任せる

有害な人間関係に自分の身を置いてしまったら、それで自分を傷めつけてはいけません。そうした関係は潔くきっぱり断ち切って、前へ進みましょう。基本的に、自分ができることで一番自分のためになることは、自分という人間は今よりももっといい物・人を得るのにふさわしいのだと自分に言い聞かせることです。

言うは易く行うは難し」ですが、自分の気持ちを癒すにはこれが最初の大事な一歩になります。

喧嘩する恋人

6.落ち込むことがあったっていい

関係を終わらせることに対して悲しくなったっていいんです。実際、そうした感情を感じることは良いことですし、その経験から自分は何を学んだのかと振り返る時間を設けることも良いことです。どんなことが自分の気持ちを下げることになったのかに気づくことで、将来的にだまされやすい自分にならなくてすみます。

痛みという気持ちを尊重し、そうした感情に蓋をするのではなくて感じるようにすることは良い事です。また、こうした出来事を経験として受け入れ、自分の気持ちが癒えるまでたっぷり時間を使いましょう。

7.自分を労わる

自身について取り組む必要があることの中で一番大切なことは、自分自身を改めることです。自己愛と自尊の念を育むことに専念しましょう。自分は健全な人間関係を持つにふさわしい人間なのだということを思い出しましょう。手放すことは容易なことではありませんし、別れた後に自分の身体面や感情面での健康を労わり忘れてしまうのは珍しいことではありません。

毎日、自分を労わりましょう。たっぷり休んで、栄養のある食べ物を食べましょう。まずは自分の健康や欲求を満たす必要があります。

こちらもお読みください:自分への愛があなたをまもる

8.現実と向き合う

前へ進みたければ、物事をありのままに受け入れられるようでなければいけません。多くの人が不健全な人間関係に留まってしまうのは、その状況をなんらかの形で変えられるかもしれないと願っているからです。

ですが、他人は変えられません。特に相手に変わる気がなければ猶更そうであると心に留めておくことが大切です。人間関係がうまく行かなくなったら、その関係を終わらせて次へ進むという選択肢があなたにはあります。実際にあなたの手中にある選択肢です。

つまり、相手がパートナーであれ友人であれ、自分を愛してくれない人を手放すのにためらってはいけないということです。何よりも自分を大切にするべきなのです。