胃炎を悪化させてしまうキケンな5つの習慣とは?

8月 14, 2019
喫煙、飲酒、そして不健康な食品の摂取など悪習慣は胃炎を悪化させる可能性があるため、日常生活から排除する努力をしましょう。

胃炎は、胃の内層の炎症または腫れを特徴とする痛みを伴う疾患ですが、感染症、薬物、ストレス、または自己免疫反応が原因で発症します。

しかし主な原因は、不健康な生活習慣やライフスタイルの乱れです。

一般的な胃炎の症状は軽度ですが、腹痛と胃潰瘍を発症する可能性もあるため、胃炎の治療は、根本的な原因の解明と改善を行いながら、胃に刺激を与える物質を排除することに焦点を当てます。

また市販の制酸剤の服用とライフスタイルの改善も欠かせません。多くの場合は、胃炎の症状は自然と消えますが、中には症状がいつまでも続くこともあります。

本記事では、胃炎を悪化させる可能性のある悪習慣をご紹介します。

 

胃炎を悪化させる5つの習慣

1.十分な水を飲まない

胃炎 悪化 習慣

一般的な飲料水のpH値は中性なので、十分な量の水を飲むのは、胃酸の分泌を抑えるのを助けます。

ただし、食前と食後に大量の水を飲みすぎると逆効果になるため、適量の水を1日を通じて摂取するようにしましょう。

こちらもご覧ください:1日に飲む水の量を増やしてもっと健康になる7つのコツ

2. ストレスの多い環境

ストレスに苦しむ男性

毎日のストレスや不安は胃の健康に悪影響を及ぼし、胃粘膜の炎症を引き起こす可能性があります。

さらに、細菌などではなく負の感情の蓄積によって起こるストレス誘発性の胃炎を発症することがあります。

つまり、過度のストレスと不安感は胃酸の過剰な分泌を引き起こし、胃の内壁に多くの負荷をもたらすからです。

ストレスの解消には、ヨガや瞑想などのリラクゼーションテクニックを実践することをお勧めします。

もちろん、毎日の生活の中で誰もがストレスを受けており、適度なストレスは問題ありません。

しかし、過度のストレスは心身の健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、ストレスを解消する方法を見つけることが大切です。

消化器系の問題とストレスや不安感には、深い関わりがあると言われています。

これは、ストレスや不安感にさらされると、血中のコルチゾール値が上昇し、免疫システムの反応が変化し、消化器系機能が制御されることがあるためです。

3.喫煙

喫煙習慣 胃炎 悪化 習慣

喫煙は、胃炎を悪化させる可能性のある生活習慣の一つで、胃炎に関連した様々な病気や症状を引き起こす主要な危険因子です。

喫煙は胃粘膜の自己治癒力を低下させ、胃潰瘍を引き起こす可能性があります。

4.飲酒

友人とのパーティー 胃炎 悪化 習慣

過度の飲酒も胃炎の一般的な原因の一つです。

アルコールは胃を刺激しますが、飲み過ぎると炎症を引き起こす可能性がある、特定の毒素を含んでいます。

胃がすでに炎症を起こしている場合は、アルコールを飲むと出血し、胃潰瘍などのより深刻な症状につながる可能性があります。

こちらもご参考に:胃炎の緩和効果が期待できる薬用茶5選

5.不健康な食品

不健康な食べ物 胃炎 悪化 習慣

胃炎の症状を緩和または予防するためには、不健康な食品やある特定の物質を避ける必要があります。

辛いものや不健康な脂質が含まれたもの、そして揚げたものや加工したものを食事から排除する食生活の改善は、胃炎による不快感や症状をコントロールするのに役立ちます。

生クリームをはじめとする脂肪分が多く含まれている乳製品は、胃液の分泌を活性化し、胃炎を悪化させます。

また、ガーリックパウダーやコショウなどの調味料や、コーヒーなどの酸性飲料などは胃に刺激を与えることがあります。

さらにトマトなどの酸性の野菜は、健康に良いとされていますが、胃炎を発症している場合は、医師や栄養士の指導のもとで食べないように指導されることがあります。

健康的でバランスの取れた食事と健康的なライフスタイルは、胃炎の不快な症状を発症するリスクを減らします。

胃炎を発症している場合は、今回ご紹介したアドバイスが役立つでしょう!