大腸内視鏡検査前の食事と準備

· 4月 18, 2019
この記事では、大腸内視鏡検査前の食事と準備についてお話します。

大腸内視鏡検査とは、一般的に「大腸」として知られる結腸内の様々な疾患の診断および治療を目的として行われる医療検査です。

この検査は大腸内視鏡と呼ばれる器具を使用して行われます。柔軟性のあるチューブ(約150cm)状で、直径は1cmあり超小型カメラが先端に付いています。肛門から挿入され、細心の注意を払いながら大腸内を進み、下記を行います。

  • 大腸内を観察し、疾患があるか判断する。
  • 治療の促進
  • 診断検査
  • 大腸ポリープの除去
  • 生検の採取
  • 腫瘍の除去

しかし大腸内視鏡検査を行うには、大腸内に便がない状態でなければなりません。少なくとも検査の3日前から食事と下剤の準備が必要です。

無刺激食事と大腸内視鏡検査

スープ

無刺激食事とは、下記に挙げるような消化器官関連の問題や大腸がん対策に用いられる食事方法です。

  • 下痢
  • 潰瘍
  • 胃炎
  • 嚥下障害
  • 顎、口、食道の手術

通常、大腸内視鏡検査前にこの種の食事法が取られる場合、検査前準備としては素晴らしいやり方です。体に負担をかけずに大腸内をきれいにできます。

こちらもお読みください:結腸をクレンズするデトックスサラダ5選

大腸内視鏡検査を成功させる準備のコツ

無刺激食事をすることになったら、下記に気をつけましょう。

  • 乳糖を摂取しない
  • カカオの摂取を完全に止める。
  • 青野菜や種のある果実を避ける。
  • 鉄分を含む薬を避ける。
  • 色が濃いまたは鮮やかな飲み物や、炭酸飲料を避ける。
  • 色が濃い食べ物や全粒粉の食べ物を食べない。
  • 木の実、ベリー系の果実、種を食べない。

大腸内視鏡検査用の3日食事モデル

1日目

パンケーキとりんご

食事を極端に変えて胃腸に影響を出さないように、中強度の無刺激食事から始めましょう。

  • 朝食。マッシュルームと卵白のオムレツ。飲み物に蜂蜜入りミントティーを。
  • 間食。洋梨ゼリー。
  • 昼食。チキンスープ。洋梨のアップルソースがけとレモネード。
  • 間食。色の薄いゼリー。
  • 夕食。色の薄いゼリー2人前。

こちらもお読みください:ゼリーで皮膚を若返らせる

2日目

2日目は、より腹持ちがよく、かつ排便を促し大腸を空にする食事です。

  • 朝食。脂肪分の少ないハム2切れと卵白。白いパンと、蜂蜜入りのライムブロッサムティー1杯。
  • 軽食。レモネードまたはフルーツジュース。
  • 昼食。鶏むね肉スープ。白米と塩。
  • 軽食。紅茶またはカモミールティー。
  • 夕食。ベイクドカリフラワー。

3日目

目玉焼きとパン

最終日3日目の食事では、大腸内視鏡検査のため腸内を完全に空にします。

  • 朝食。固焼き目玉焼きと白いパン。牛乳なしのオートミールを1杯分。
  • 間食。洋梨ゼリー。
  • 昼食。野菜パスタとレモネード。
  • 間食。つぶつぶなしのオレンジジュース。
  • 夕食。アスパラガスを添えた焼き魚。白いパンを1枚。

大腸内視鏡検査当日

検査当日は、下記の注意点にご留意ください。

  • 検査3〜4時間前は水分を取らないでください。唯一の例外は、医師が処方した薬を飲む際のお水だけです。
  • 事前の無刺激食事の内容と、持病、アレルギー、服用中の薬の副作用の可能性を医師に伝えましょう
  • 同様に、過去の手術歴を、特に義肢だったり心臓の弁に疾患がある場合は必ず医師に伝えてください。
  • 大腸内視鏡を使い大腸内を検査する、と説明が書かれた同意書を読んで署名します。
  • 検査後に自宅に連れて戻ってくれるような信頼のおける人と検査に向かいましょう。痛み止めと麻酔の効果は数時間続くとお忘れなく。

検査後

医師と相談する患者

大腸内視鏡検査後も、溜まったガスの除去と排便を助けるために淡白な食事を少なくとも3日は続けるように医師から指示があるはずです。無刺激食事を続けることで、消化器官を検査の影響から守ることができます。