イボを手軽に取り除く9つの方法

4月 8, 2018
イボを取り除くことは可能なのでしょうか? 今回は高額な治療に頼ることなく、素早く効果的にイボを解消する方法を紹介したいと思います。

イボは肌にできる小さな塊です。この塊は血管束の膨張と皮膚の硬化によって形成され、肌の見た目を悪くするので、主な美容問題として知られています。

傷痕を残さずにこのイボを除去する治療法は多く存在します。その治療法の一部は非常に強力で簡単にイボを取り除くことも出来ますが、その治療法の多くは高額なので注意する必要があります。

しかし、高いお金を支払わずに自然の力を借りて解消することも出来るのです。さらに、高額の治療法と同じような効果を持ち、肌に傷痕も残しません。

これから紹介するリストはイボを効果的に取り除く自然療法なので参考にしてください。

1.にんにく

まず、一欠片のにんにくをペースト状になるまで潰してください。それをイボに塗ってバンテージなどでカバーしてください。この時、にんにくが漏れてこないようにしっかり貼るようにしましょう。

寝る前に塗って翌朝絆創膏を剥がして綺麗に洗ってください。この治療法をイボが乾燥して綺麗に無くなるまで繰り返しましょう。

2.アップルサイダービネガー

アップルサイダービネガー

これはイボを乾燥させるには理想的な液体です。必要なのは小さなバンテージにアップルサイダービネガーを3滴垂らしてイボのある部分に張るだけです。にんにくと同じように寝る前から翌朝まで張るようにしましょう。

これを5日間連続で行うようにしてください。出来れば毎朝バンテージを新しいものに取り替えましょう。

3.バナナの皮

バナナの皮

バナナの皮は捨てずにイボに擦るようにしましょう。一日を通して何回か繰り返す、または寝る前にバナナの皮を小さく切ってバンテージなどで患部に貼ってください。この方法だとおよそ2週間以内に結果が見られます。

4.接着テープ

接着テープをイボの上に貼り、6日間置いてください。その後イボを濡らしてまた同じようにテープを貼りましょう。イボが取れるまで1か月ほどかかるかもしれません。

5.たまねぎの汁

たまねぎの汁

たまねぎはイボの原因になるウィルスと闘ってくれる食材です。たまねぎを使った治療法を実践するには、まずたまねぎを切り、大量に塩を振って一日ボウルの中で寝かせてください。翌朝、たまねぎとその汁を分けて、寝る前にその汁を直接患部に塗ってください。効果が出るには12日間ほどかかるでしょう。

6.キャスターオイル(ひまし油)

キャスターオイルは4週間以内にイボを解消する力を持っています。キャスターオイルと少量のベーキングパウダーをペースト状になるまで混ぜてください。それをイボの上に塗ってテープでカバーをして対処してみましょう。

7.ビタミンC

ビタミンC

ビタミンCの錠剤サプリメントを水で溶かしてペーストを作ります。それを直接患部に塗って20分ほど待ちます。これをイボが取れるまで毎日続けてください。ビタミンCの酸性pHがイボをすぐに除去してくれるでしょう。

8.エッセンシャルツリーオイル

エッセンシャルツリーオイルは肌の問題を解消してくれる強力な薬用効果を持っています。このオイルは抗菌性や抗真菌性を持っているので、患部に数滴垂らして待つだけで効果が現れます。これを一日に3回繰り返してください。他の対処法に比べると効果が出るのが少し遅いかもしれませんが実践する価値のある効果を発揮してくれます。

9.アロエ

アロエ

アロエは肌を治癒してくれる代表的な食材です。抗菌成分を含んでいるので、エッセンシャルツリーオイルのように1日3回患部に塗ってください。数日で傷痕を残すことなくイボを除去してくれます。

あなたへおすすめ