いぼに効くホームレメディ

6月 18, 2016

一般的ないぼについて聞くほとんどのことは、実際には事実でない可能性が高いです。いぼは危険ではありませんし、。清潔不潔の問題でもありません。この記事で、いぼに効く簡単なホームレメディについてご覧ください。

いぼは手、肘、また膝の上に表れる傾向がある、非癌性のしこりです。切り傷やすり傷により、ヒトパピローマウイルス(HPV)が皮膚の最上層に侵入したときに大きくなります。未熟な免疫系のために、子供は大人よりもできやすい傾向がありますが、どの年齢でも発生する可能性があります。取り除くのは難しい場合が多いのですが、これからご紹介する以下のホームレメディでイボ退治することができます。

1.パウダー

粉末酵母とヒマシ油を混ぜてペーストを作り、夜にいぼに塗ります。包帯で覆うのが最善です。次の日の朝、包帯を外し、必要に応じてこれを繰り返しましょう。

2.ベーキングソーダ

baking-soda-8

重曹にいぼを浸しましょう。重曹を水に溶かし、いぼがある手や足を洗います。手や患部に重曹をつけたまま自然乾燥させます。いぼが消えるまで頻繁に繰り返しましょう。

3.食事

食事もいぼに影響を与えます。 ニンニク、サツマイモ、小麦パン、ヒマワリの種、米など、免疫系を強化する食べ物を食べましょう。

4.ニンニク

garlic-2

ニンニクには、多くの成分の中で、アリシンとジアリルジスルフィドという、健康に良い二つの重要な成分が含まれています。

いぼにニンニクやタマネギのみじん切りを当てましょう。または生のニンニクを食べます。イタリアの台所のような匂いをさせたくない場合は、ニンニクカプセルを3つ、一日三回飲むか、にんにくを食べた後、息をさっぱりさせるためにパセリを少しかんでみてください。

5.お湯

研究により、お湯がいぼを滑らかにしウイルスを殺すため、いぼを熱湯に浸すことが有用であることがわかりました。火傷するほどお湯が熱くないことを確認してください。

6.ビタミンC

oranges-2

ビタミンCをいぼに塗りましょう。ビタミンCのタブレットをつぶし、水を加えてどろっとしたペーストを作ります。いぼにそのペーストを塗ったあと、カバーしましょう。ビタミンCは弱酸性で、いぼを刺激して取り除きます

7.ビタミンE

ビタミンEでいぼを包みましょう。ビタミンEの錠剤かカプセルを割り、いぼにオイルを少しこすりつけて、粘着包帯で覆います。これを一日三回繰り返します。夜は包帯を外して空気に当て、朝にオイルを使ってやり直しましょう。

8.ヒマシ油

ヒマシ油に含まれる酸は、いぼを刺激します。オイルトリートメントは、手の甲の小さな平べったいいぼに適しています。一日二回コットンを使って、いぼにヒマシ油を塗りましょう。

9.ニンジン

carrots-4

ニンジンをカットして皮をむき、オリーブオイルを加えペーストを作ります。2〜3週間、一日二回30分間、いぼにペーストをこすりつけましょう。

10.レモン汁

レモン汁を少し絞っていぼにぬり、2〜3週間、一日一回30分間、さいの目に切ったタマネギを当ててカバーしましょう。

11.アロエベラ

アロエベラもいぼに効くレメディです。アロエベラを切って中の汁をコットンに含ませます。いぼにコットンを当て、包帯でカバーします。いぼが消えるまで毎日繰り返しましょう。

あなたへおすすめ